裁くのは誰か? (創元推理文庫)

  • 東京創元社
3.13
  • (2)
  • (13)
  • (30)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 117
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488256029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2+

  •  噂に聞いていた衝撃的な結末は期待を裏切らなかった。この結末がズルいかズルくないかは人によると思う。私にとってはギリギリ成り立っていてズルくないかなと思った。

  • “賛否両論の驚愕のラスト”というけれど、“否”だ。これはあんまりだと思う。森博嗣は絶賛してたが。

  • 評価が二分されるという話だが、さすがにこれはナシ。裏表紙には技巧派ミステリの極北とあるが、これはアンフェアの極致としか言いようがないと思う。
    せめてONとOFFの書き分けがあればいいが、後づけで「ここはONでした」と言われても、納得できるはずもない。伏線はたしかにあるが、その伏線を理解するには、まずその部分がONかOFFかがわかる必要があるので、さすがに厳しすぎる。

  • クレアは怯えていた。合衆国大統領として任期終盤を迎えた夫ニコラス。だが、ここへきて支持率は急落、党内には深刻な亀裂が生じている。不吉な予感を告げる秘書の言葉にも、高まる不安を抑えることができない……。やがて大統領の身辺を襲った連続殺人。異色コンビが驚天動地の大トリックを仕掛ける、掟破りの傑作長編登場!

  • 『彼らは私からすべてを奪ったが、魂までやるつもりはない。』

    某エッセイのおかげで一躍有名になった本。なるほど、このオチかと。予備知識が少しあったのが残念だったのだが、それでも十分驚けるくらい、もうひとつ落とし穴が用意されていた。大統領の心理描写も非常に巧みで読みやすい。

  • そんなオチ?!!唖然というか…びっくりでした。
    他の大どんでん返しを期待していたので★は3つ。
    読んでるうちにあまりに引き込まれるので勝手に期待値を大きくしてしまいました。

    ラストが好みに合わなかったのが残念ですが、お話は本当に面白かった!
    周りにも薦めてます♪

  • おきてやぶりの結末ということで空前絶後。ならぶのは映画「アイデンティティ」のみ。

  • 「読者に仕掛ける衝撃のクライマックス!」この帯文句は間違ってはいませんでした・・・
    しばし呆然。。。

     1993年

全12件中 1 - 10件を表示

ビルプロンジーニの作品

裁くのは誰か? (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×