孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

著者 :
  • 東京創元社
4.05
  • (291)
  • (174)
  • (246)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 1478
レビュー : 224
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488401016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半と後半でずいぶん雰囲気が変わる。前半は推理小説で後半は猟奇小説だ。挿絵が凄いわ。

  • 読み終わった後は、純粋で切ない恋愛小説を読んだ気分になりました。 その理由は読んでみればなんとなくわかると思います。

    内容は、推理ものというよりは冒険ものと言った方が近いように感じます。
    私は読んでいておどろおどろしいとは感じませんでしたが、人によっては苦手な描写があるかもしれません。

    万人に勧めることは出来ないし、映像化もまず不可能な作品です。 けれど、魅力的な登場人物に心奪われたらもうこの作品を好きになっているでしょう。

  • 初読了の江戸川乱歩長編。前半は2種類の密室殺人、後半は冒険活劇。猟奇的な真相と切ないラストシーンが印象に残る。

  • 映画のXファイル、子どものとき好きだったなー。未知との遭遇に、二人のアクション、謎解き、そんな要素が子供心をくすぐった。この孤島の鬼を読んだとき、真っ先にこの映画を思い出した。片輪者(今で言う身体障害者?)を中軸に置くことで、読んでいるこちらの背徳心を煽る。ただ、この背徳心は好奇心と表裏一体で、江戸川乱歩はきっとそのことを誰よりもよく知っていたのだろう。六堂の辻(海底トンネル?)でのてんやわんやはインディージョーンズさながら。映画を見ているような躍動感と臨場感もこの本の醍醐味だ。

  • 大正末期の大冒険活劇。SK商会で働く箕浦金之助は、会社で知り合った木崎初代と恋に落ちる。
    初代の出生はわからなかったが、育ての親に大阪で拾われた際に、系図帳を大切に持っていたという。
    金之助は初代と結婚するつもりだったが、昔金之助に同性の恋心を抱いていた医学研究者の諸戸道雄が初代に結婚を迫るようになる。
    道雄の求婚は執拗だったが、金之助と初代の心は決まっていた。
    そんなある日、金之助とデートをした後、初代は自宅で無残にも殺されてしまう。
    道雄を疑った金之助は、友人で探偵仕事を請け負っている深山木幸吉に事件の解決を依頼するが、深山木もまた、殺されてしまう。
    ここまでがほんの序盤。なんというか、現代ではこういう設定では絶対に書けない。

  • 小学生の頃夢中になって読んだ江戸川乱歩の作品。40年ぶりに読み直してみた。

    今も当時と変わらず、手に汗握る内容に、ハラハラドキドキ。

    名作は時を超えて読み継がれる。

    14/03/01-14

  • 乱歩の代表作という事なので読んでみた。が、期待してたほどではなかった。詳細→http://takeshi3017.chu.jp/file4/naiyou16601.html

  • 奇形、人身売買、同性愛・・・という禁忌にそそられる好奇心を突いた作品。
    好奇心の赴くまま読み進め、そのまま読了。

  • 気になっていた作品で、ようやく読了。乱歩の、有名な一気読み小説。

    結果は、◎です。
    たしかに、展開が気になって一気読みしてしまうが、何せ昔のミステリーホラーなので、ありえなさ感は満開。
    宝探しゲームと殺人事件とオカルトチックなホラー要素がミックスされていて、(幼い頃、乱歩は読んだことがあるけど)あらためて、独特な雰囲気を醸し出していた。
    結局、犯人は丈五郎で、諸戸の父親ではなかったところは、あれれ?感と無理矢理感があったけど、気持ち悪いと思いつつも、インディージョーンズ的なサバイバルゲームの結末が気になり、話の展開は早くて面白かった。
    くる病という病気(骨格異常)が不具者の一種として本当にあったのが、ヘェ〜だった。

  • 中学生の頃に読んだことがあるが再読。
    実に乱歩らしい怪奇というか怪異な世界観に引き込まれる。

    でもこれ、今で言うBL本と言えなくもないよな。

全224件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)のその他の作品

孤島の鬼 Kindle版 孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩の作品

ツイートする