幽霊塔 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

著者 :
  • 東京創元社
3.67
  • (11)
  • (6)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 119
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (439ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488401184

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 当時としてはまだ無かったはずの技術をトリックに組み込む想像力の凄さ。
    文庫本にしては珍しい挿絵つきという点でこの文を選んで買って良かった。
    内容もだいたいは知っていたのだけど、何度読んでも乱歩の小説は遜色がなく、時を選ばない。
    また何年かしたら読みたくなるだろうな。

  • 寝る前に読み始めたら頁を捲る手が止まらなくて困った困った。

  • 何回読んでもいい。

  • 江戸時代、渡海屋と言う富豪が作り地下で死んだ屋敷。渡海屋の財宝伝説。その屋敷を買い取った長田鉄の殺害事件。犯人の腕の肉を食いちぎたた鉄。鉄の養女・和田ぎん子にかかった容疑。獄中で死んだぎん子。その屋敷を新たに買い取った児玉丈太郎。児玉の甥・北川光雄が屋敷で出会った野末秋子。秋子がお参りする和田鉄の墓。偽の電報で呼び出された児玉と養女で光雄の許嫁・三浦栄子。秋子に嫉妬し正体を暴こうとし家を飛び出た栄子。親しくなった児玉と秋子。秋子を栄子の変わりに養女にし同伴者・肥田夏子と屋敷に引き取る児玉。秋子を強請っている黒川弁護士。あるパーティに現れた栄子。長田鉄の養子・長造を伴っての登場。秋子の正体を暴こうとしたが失敗。夜中に盗まれた秋子の手帳。岩淵甚三という人物に送られた手帳。犯人は肥田と思われたが。何者かに毒を塗った短剣で刺された光雄。池のなかから発見された首を切られた栄子らしき遺体。森村刑事の捜査。秋子にかかる容疑。夜中に秋子を脅す肥田夏子と謎の男。男をつけて汽車にのる光雄。事故で転覆した汽車から男を救いだし家に送り届けた光雄。男の正体は岩淵甚三。岩淵の家にやって来た医学博士・股野との密談。傀儡の少年と閉じ込めれた光雄の脱出。帰宅して知らされた丈太郎に盛られた毒。濃くなる秋子に対する疑惑。芦屋暁斉を訪ねて秋子の秘密を知る光雄。秋子の無実の証拠を握る黒川弁護士からの要求で秋子を諦めることに決める光雄。時計塔で発見した秋子。時計塔の冒険の後に発見した財宝。隠し扉から屋敷に戻ると部屋の中に3つの遺体。長田長造、夏子の猿、栄子。栄子は運よく助かり事件の顛末を語る。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1894‐1965。明治27年10月21日三重県に生まれる。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任。昭和40年7月28日死去

「2018年 『人間豹』 で使われていた紹介文から引用しています。」

幽霊塔 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)のその他の作品

幽霊塔 Kindle版 幽霊塔 江戸川乱歩

江戸川乱歩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

幽霊塔 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする