櫛の文字 (銭形平次ミステリ傑作選) (創元推理文庫)

著者 :
制作 : 末國 善己 
  • 東京創元社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (515ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488407216

作品紹介・あらすじ

神田明神下に住む、凄腕の岡っ引・銭形平次。投げ銭と卓越した推理力を武器にして、子分のガラッ八と共に、江戸で起こる様々な事件に立ち向かっていく! 見せ物小屋にて、水槽で泳ぐ美女ふたりのうちひとりが殺された謎を解く「人魚の死」。暗号が彫られた櫛をきっかけに殺人が起こる「櫛の文字」。世間を騒がす怪盗の意外な正体を暴く「鼬小僧の正体」。383編にも及ぶ捕物帖のスーパーヒーローの活躍譚から、ミステリに特化した傑作17編を収録した決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2019/06/16読了

  • この時代小説からミステリーを取り出すシリーズ、面白いです。欠点は値段。文庫なのに高い。でも、面白い。
    平次と八の会話が軽妙、トリックもあり、人情もある。

  • 眠狂四郎に木枯し紋次郎、そして今回は銭形平次……と、創元推理文庫からぽつぽつと時代小説の傑作集が出ているのだが、これがどれも面白い。余り時代小説は読まないのだが、『ミステリとして云々』のような枕詞は無くても、充分に読んでいて楽しめた。銭形平次、子供の頃、夕方から再放送やってたなぁ……。

全3件中 1 - 3件を表示

櫛の文字 (銭形平次ミステリ傑作選) (創元推理文庫)のその他の作品

野村胡堂の作品

ツイートする