七つの棺: 密室殺人が多すぎる (創元推理文庫 M お 1-1)

著者 :
  • 東京創元社
3.14
  • (6)
  • (22)
  • (64)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 298
感想 : 40
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (438ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488409012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 全部密室。基本パロディ。素人横綱の体育館での死、屋敷の書斎に白骨死体2つ、核シェルターと呪いの死、作家の消失、2年後に現れるバラバラ死体、本陣殺人事件の本歌取りと名乗りでる複数の犯人、衆人環視の密室、ロープウェイから消えた犯人。
    作者の処女作なので、粗も確かに多いですが、楽しめる作品。ディクスン.カーを読んだ男たちは、二転三転するどんでん返しの傑作だと感じました。

  • 密室たくさん。
    偶然に頼りすぎてる気もするけどまあおもしろかった。

  • どの話も警部に簡単に見破られる密室かと思いきや、もう一ネタあってさすが折原先生と思いました。短編集なのでサクサク読めます。

  • デビュー作である『五つの棺』に二編を加えた改訂増補版。
    主役を務める黒星警部の脱力感を誘う迷推理や、古典的作品のパロディ要素など、作者の遊び心が前面に出た作品だと思います。
    黒星警部が活躍(?)する作品は他にもあるとのことですが、そこではどのような迷推理が披露されるのでしょう。
    気になるので他の作品も読んでみたくなりました。

  • 叙述で同じような話を書き続けてる折原先生でもこれは読んでもいい。逆に言うとこれと「101号室の女」と後1冊でいい。後はファンになったら追い続けてね。

  • 昔「5つの棺」を読んだが1つも覚えてなかった。

  • 軽いタッチでサクサク読める短編集。密室ものミステリーのパロディ。ミステリー好きの間抜けな警部と、出来の良い若い刑事のコンビも、面白いけど、中途半端さもあり。トリックや真相も、ご都合主義で、納得しにくい。あまり期待せずにミステリー風小説と思えば楽しいのかも。

  • 何だろう。期待が大きいせいかなんだか納得できない。おもしろかったのは事実。例えるなら、美味しいと評判のケーキを食べたら、食感が軽すぎて物足りない感じかしら。舌は満足したけど、胃袋が満足してない。
    天外とディクスンは好き。他はまあまあ。

  • 短編集はあまり読まないけど、どれも面白かった。特に『ディクスン・カーを読んだ男たち』が面白かった。カーが読みたくなったので『皇帝のかぎ煙草入れ』を購入。

  • さくっと読めるコメディタッチの短編集。「ディクスン・カーを読んだ男たち」がいろんな意味で面白い。そして「懐かしい密室」は作中作のインパクトに負けた(笑)

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。編集者を経て1988年に『五つの棺』でデビュー。1995年『沈黙の教室』で日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞。叙述トリックを駆使した本格ミステリーには定評がある。『倒錯のロンド』『倒錯の死角』『倒錯の帰結』など「倒錯」シリーズのほか『叔母殺人事件』『叔父殺人事件』『模倣密室』『被告A』『黙の部屋』『冤罪者』『侵入者 自称小説家』『赤い森』『タイムカプセル』『クラスルーム』『グランドマンション』など著書多数。

「2021年 『倒錯のロンド 完成版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

折原一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×