コミカル・ミステリー・ツアー (3) サイコの挨拶  創元推理文庫

  • 東京創元社 (1998年6月19日発売)
3.46
  • (3)
  • (5)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488410032

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 3巻ではホームズ物はわずか9編と一コマ漫画が7編という寂しさ。(しかもメアリが1回も出て来ない!)

    聖典全60編のパロディは2巻で完結しまったので仕方ないと言えば仕方ないのだけど…………だからといってこの3巻が面白くない訳ではない。(でも,いしいホームズファンの自分としては物足りなさを感じてしまう)

    ホームズ物では55,126Pの一コマ漫画と 探偵としての技術(変装)を生活の為に活用しなければならない程の極貧さが悲哀と笑いを誘う「探偵失踪事件」,ワトソンに続きハドソン夫人まで薬物に手を出してしまった「最後の汚点」,『こまった時のホームズ頼み』が全く別の意味で使われる「犯人の設計書」が、
    それ以外だと お馴染み広岡達三先生シリーズ,「ブルードレスの大女」,「玩具修理屋」,「フリークスたち」がお気に入り。

    残る4巻でホームズ物はどうなっているのか凄く気になるが既に絶版だし中古店でも中々見つからないし、手に入れる事が出来るかどうか?
    古本の神様が降りて来るのを待つばかりである。(中古店で掘り出し物を見つけた時、自分は『古本の神様が降りて来た』と言っているので)

  • 4巻巻末
    おなじみ名探偵シャーロック・ホームズをテッテイ的にコケにしたいしいひさいちが、鮎川哲也から京極夏彦まで、ピーター・ウィムジイ卿からフロスト警部まで、古今東西のミステリを縦横無尽の切り口で料理する。ミステリ・マンガのケッテイ版!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1951年、岡山県玉野市生まれ。関西大学に入学し漫画同好会に入会。在学中より求人誌『日刊アルバイト情報』で「Oh!バイトくん」を連載し、大学卒業後、四コマまんが集『バイトくん』(プレイガイドジャーナル社)を出版。1985年に文藝春秋漫画賞、2003年に手塚治虫文化賞、2006年に菊池寛賞を受賞。現在、朝日新聞朝刊の「ののちゃん」を連載中。著作に「がんばれ!!タブチくん!!」「おじゃまんが山田くん」「地底人」「コミカル・ミステリー・ツアー」「現代思想の遭難者たち」「女には向かない職業」「となりの山田くん」「ホン!」「フン!」「ヘン!」「まぁ映画な、岡山じゃ県!2―シネママル珍風土記」「現代思想の遭難者たち」「ののちゃん①~⑪」など多数。

「2018年 『ののちゃん ⑪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしいひさいちの作品

コミカル・ミステリー・ツアー (3) サイコの挨拶  創元推理文庫に関連する談話室の質問

ツイートする