道具屋殺人事件 (神田紅梅亭寄席物帳) (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社
3.70
  • (9)
  • (31)
  • (23)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 194
感想 : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488410124

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ミステリー部分はシンプルであっさりしています。
    落語にあんまり興味ないですが楽しめました。

  • 小学生の頃から落語は大好きだった。
    将来の夢は、サッカー日本代表チームに入って国立競技場でプレイすることか、噺家になることだった。
    どんな子供だ、それは。

    それが「落語」というものだとは知らないままに、偕成社のジュブナイル版の落語の本を図書館から借りてきては繰り返し、繰り返し読んでいた。
    あんまり僕が熱心なので祖母が実際に寄席に連れて行ってくれた。
    腹を抱えて大笑いした。

    祖父は金馬師匠や志ん生師匠の落語のカセットテープを買ってくれた。
    擦り切れるほどに何回も聴いた。

    そんな僕だからこそ、楽しめたのだという気はする。
    落語に対して知識も関心もなく、ただ愛川晶のファンだから、ミステリ好きだからという理由で本書を手に取った人でも僕と同じように楽しめるかは疑問だ。
    本書はそれほどマニアックな内容になっている。

    たとえば、脳血栓で倒れて病院に担ぎ込まれた馬春が手術後に「巨人軍の宴会はこりごりだ」と言うエピソードがあるが、これなど志ん生師匠がジャイアンツの優勝祝賀会で倒れたという現実のエピソードを知らなければ、面白くも何ともないだろうと思う。
    だから、この本の評価は難しい。
    僕は面白いと思うんだけど……。

    「道具屋殺人事件」
    実際に殺人事件が起こり、凶器として仕込み杖ならぬ仕込み扇子が高座で発見される。
    抜けちゃいけない(というか抜けるはずのない)木刀がすっと抜けてしまうあたりが面白さなのだけど……うーん、ミステリとしてはどうなのだろうか。
    動機そのものは何もヒントがないのでわからなかったけれど、犯人は一発でわかった。
    登場人物が限られている短編だから選択肢はそう多くはないし。
    この短編集はミステリとしての面白さ云々よりも、噺家たちの生態描写にその魅力があると思う。
    だから無理に殺人事件なんか起こさなくてもよかったんじゃないかなあ。
    というのはさすがに乱暴かな。

    「らくだのサゲ」
    「らくだ」という古典の名作を福の助がサゲを変えて演じなければならないという難題に挑戦する。
    そして楽屋の外では、ホスト上がりの噺家・福神漬が元恋人を殺害したのではないかという嫌疑をかけられる。
    このふたつの難問を同時に解決してみせるという見事な趣向。
    なるほど、「冨久」と「らくだ」の合体ねえ。
    よく考えたものだ。
    落語というのはその藝の性質上、キャラクターが被るということはよくある。
    たとえば、お人好しでちょっとアタマのネジが外れかかってて、でも真面目で気のいい若者、なんていうキャラクターを出したければ、わざわざそれを説明しなくても「与太郎が」の一言で済んでしまう。
    僕はある落語のエッセイ本で、「真田小僧」や「雛鍔」の金坊は「居残り左平次」の主役である左平次の幼き日の姿であるという推理を読んだことがある。
    真偽の程はともかく、空想としては楽しい。
    そういう楽しみ方ができるのが落語のいいところだ。

    「勘定板の亀吉」
    これは本当にもう、お見事!と言うしかない作品だ。
    「肥瓶」と「壺算」を見事にスイッチさせた小喜楽師匠にも、それを解き明かしてみせた福の助もたいしたものである。
    落語というのは現代においては本当に難しい藝になってきたと思う。
    たとえば、前述の「居残り左平次」のサゲなんか、そのまま演っても絶対に通じない。
    僕は本で字面を見ているから意味がわかるけれど、予備知識無しに初めて聴いたなら、まずたいていの人が首を傾げるだろうと思う。
    だから、意味の通じるところでぶった切ったり、オチを自分なりに改変する噺家も多いし、新作ばかり演る人も増えてくる。
    亀吉が言うように噺家は笑わせてナンボの商売だから、笑いももらえないのに真っ直ぐに古典を演じようというのは間違っているのかもしれない。
    だけど、僕はそれはちょっと淋しいよなと思う。
    落語は演じ手によっていくらでも形を変える大変に自由度の高い藝である。
    「たちきれ線香」のように、サゲのたった一文字入れかえるだけで内容がガラッと変わる噺もあるくらいだ。
    だからこそ、それをいじるのは生半可な気持ちでやって欲しくないという思いが僕にはある。
    多くの噺家の方たちが半端な気持ちでそれをやっているわけじゃないことは承知しているが、時折、疑問に思わざるを得ないような高座を見せられることもある。
    噺の本質をいじらないで、現代でも通じるような改変をする。
    それは難問だとは思うけれど、噺家の皆さんには頑張ってほしい。

  • お初の作家さん。いわゆる安楽椅子探偵モノ。登場人物は落語家さんで、メインは落語のお話。落語は門外漢のわたしにはちょっと難しいお話でした。まず落語家さんのお名前が架空の人物なのか実際いるのかがわからない。そして落語がわからないからストーリーなのか謎解きなのかがわからない。落語の専門用語もわからないので何度も戻ったりして。答えのヒントも落語関係でわからない。とにかく落語を好きな方にはハマる作品なんだろうなとつくづく感じました。

  • 2つ目の噺家と結婚した、落語が何人でやるのかも、
    知らなかった女性が巻き込まれる事件を、
    脳溢血で療養中の師匠が解き明かしていく。

    落語を絡めて、なかなか面白く読めるお話でした。

    ただ、事件そのものはいまひとつです。

    落語知っている人の方が何倍も楽しめるのでは
    ないでしょうか?

  • これはいいねぇ。
    寄席に行ってみたくなる。
    とりあえず続編は絶対読んでみる。

  •  二つ目の落語家,寿笑亭福の助が主人公の,日常の謎系ミステリ。短編というより中編クラスの作品3作からなる。
     どの作品も,一つの謎を解決するだけでなく,二つの謎が出てきて,それらの謎を連鎖させるように解決を導く構成となっている。落語をテーマとしているだけあって,噺全体の構成が非常によくできている。ミステリというより,よくできた噺を味わうべき作品。好みの作風でなないが,出来はよいと思う。★3で。

    ○ 道具屋殺人事件
     福の助が,寿笑亭一門の勉強会で,先輩の福大夫の罠により,難解な落語である「黄金餅」を演じなければならなくなるという事件と,道具屋という落語の中で座布団から殺人事件の凶器が見つかり,仕込み扇子を用意していた小喜楽師匠が容疑者となる。
     殺人事件の真相は,小喜楽師匠の娘が犯人で,小喜楽師匠は用意した仕込み扇子は落語の小道具だった。その小道具からヒントを受け,福の助は,黄金餅の落語を成功させるという話

    ○ らくだのサゲ
     福大夫の罠で「らくだ」という落語の新しいサゲ(オチ)を考えなければならないという話と,福神漬という弟弟子の過去の彼女の借金・失踪問題がテーマ。
     「らくだ」のサゲについては,「らくだ」を「富久」という落語の後日談にするという手法で伏線をはりつつ,さらに「藁人形」という落語の後日談とした上で「黄金餅」につなげるという構成で,平凡なオチを十分なオチにした。失踪事件の方は失踪ではなく,整形で,今の彼女と以前の彼女が同じ人物だったというオチ。

    ○ 勘定板の亀吉
     福の助と同じく馬春師匠の弟子だった亀吉が,「得な話」(講演が楽なわりによく受ける噺)ばかりやっているという問題と亮子の同僚の先生が釣銭詐欺の事件の容疑者となってしまったので,容疑を晴らすために,小喜楽師匠が壺算を演じた日を知りたいという事件がテーマ
     小喜楽師匠は,重い客を笑わせるために「家見舞(こい瓶)」を演じたが,カレーを食べる人がいたので,途中から即興で「壺算」を演じたというもの。亮子の同僚は,浮気のアリバイ作りをしていたというオチ

  • 落語ミステリ。
    噺家の奥さんが語り部。探偵役は噺家である旦那の師匠。師匠は脳梗塞の後遺症で上手く喋ることが出来なくなり引退しているが、頭のキレは鈍っておらず相談事にカタコトでヒントを与えてくれる。
    ドラマ「タイガー&ドラゴン」ほど軽快ではないが、落語と絡めて楽しませてもらえる。ミステリ部分は普通。短編のため、犯人の意外性は薄い。

  • 落語を題材にした小説は、過去に4冊くらい読んだけど それぞれに(当たり前だけど)違いがあって面白い。
    今のところ、一番好きなのは「しゃべれどもしゃべれども(佐藤多佳子さん)」
    だけど、これもかなりよかった。
    シリーズ続編も是非読みたい!

  • 主人公は落語家の妻で、落語家の世界の話。
    日常や落語の謎を、落語家が解くというミステリー。
    落語を知ってる人だと文句なく楽しめるが、全く知らないと言葉や世界観がわからずに、何度も前のページに戻ったりして進まない。
    名前から覚えられないので、混乱してしまった。
    同じ落語家シリーズなら、北村薫の方が読みやすいかな。

  • 楽しく読みました。登場人物が魅力的だということが楽しく読める最大の理由ですよね。
    福の助夫婦のそれぞれの成長が作品の成長と密接に関連しているので、これは2作目、3作目と手に取りたくなります。
    この1冊の中でも(3編入ってますが)あとに進むほど、良くなっている感じです。(具体的にどこがどうとは言えませんが)
    文庫のカバーに「円紫さん」シリーズの案内がありますが、円紫師匠、どうなさってますか?もとより作風が違うので、比較などできませんが、懐かしく思い出しました。
    今後、福の助さんが円紫師匠に比肩する真打になることを大いに期待しています。

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

愛川晶

一九五七年福島市生まれ。九四年『化身』で第五回鮎川哲也賞を受賞。トリッキーな本格ミステリーを基調としながら、サイコサスペンス、ユーモアミステリー、人情ミステリーと幅広く活躍。主な作品に『六月六日生まれの天使』『十一月に死んだ悪魔』『ヘルたん』『再雇用されたら一カ月で地獄に堕とされました』、落語ミステリーに「神田紅梅亭寄席物帳」シリーズ、「神楽坂倶楽部」シリーズ、「昭和稲荷町らくご探偵」シリーズがある。

「2020年 『芝浜の天女 高座のホームズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

愛川晶の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

道具屋殺人事件 (神田紅梅亭寄席物帳) (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×