空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

著者 :
  • 東京創元社
3.69
  • (394)
  • (476)
  • (699)
  • (74)
  • (18)
本棚登録 : 3649
レビュー : 491
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488413019

作品紹介・あらすじ

女子大生と円紫師匠の名コンビここに始まる。爽快な論理展開の妙と心暖まる物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「おれもばかだが、おまえもばかだね。
     そうやって浮世のつらさを笑い飛ばす。それが落語なんです」
    これは大好きな落語家、立川談春さんの高座で聴いた言葉。

    幼い頃たまに家族で連れ立っていく親戚の家が、まあ退屈で。
    それで、年の離れたいとこの姉ちゃんの部屋にもぐり込んで、隠れて『少女フレンド』を読むのが唯一の楽しみ。
    いまとなっては時代を感じさせる、白地にオレンジのトランプのスート柄の壁紙。そしてたくさんのぬいぐるみやファンシーグッズの数々。くまさんやうさぎちゃんに埋もれながら『はいからさんが通る』や『生徒諸君!』を読み耽る幸せ。
    まあ、表面上は「しょうがなく読んでやってる」ポーズを取っていたけど。

    北村薫さんの連作短編ミステリ『空飛ぶ馬』を読み始めた時、そんな懐かしさや若干のこそばゆさが蘇ってきた。

    主人公の女子大生「私」(あっ、この印象的な女の子の表紙イラストは高野文子さんなんだ!)と探偵役の噺家春桜亭円紫師匠との洒落たやり取りと謎解きが面白い、いわゆる「日常の謎」系ミステリ。

    しかし「日常の謎」系、などと簡単に言ってしまったが、北村薫さんの『空飛ぶ馬』こそ日本におけるこのジャンルのエポックメイキングな存在なのだろう。
    「日常の謎」というと、人が死なないミステリ=ライトで軽いミステリを想像してしまいがちだが、殺人事件がないからといって明るく楽しいばかりでもない。いや、むしろ人が生きているからこその仄暗さというものもある。

    『織部の霊』で薄ら感じた蔵の雰囲気。
    『砂糖合戦』で象徴的に引用されるマクベス。
    のどかで能天気な日常にときおり影が差す。

    『胡桃の中の鳥』では、あっと言わされた。
    それにしても円紫師匠、いや北村薫先生のやさしさ。
    つらい浮世を噛みしめながらも、それをまるごと包み込むような温かさ。
    キラキラしたお仕着せのハッピーエンドではない、不安な夜道を照らす蕎麦屋の提灯のような丸く柔らかいともしび。

    そしてそんな蕎麦屋にやられたのが『赤頭巾』。秀逸。

    学食でカレーライスを食べていたら、ふっと左の下の歯が浮くような感じになった。
    こんな「まくら」から、歯医者の待合での世間話へ。
    蕎麦屋の明るい提灯に誘われ、ふらふらと屋台へと吸い込まれる。
    コミカルな『時そば』を注文して「いま何刻だい?」なんて言おうと思ったら、店の親爺がつるりと顔をなでて「おまえさんが見たのはこれかい?」とのっぺらぼうの顔をだす。
    背筋がひんやりする転調。
    人物造形が素晴らしく、ビジュアルイメージも鮮烈で切れ味鋭い「落ち」は見事。

    表題作『空飛ぶ馬』はラストに相応しい。美しい締めくくり。

    短編どれもが粒ぞろいの逸品だが、通して読んでいっそうふくらむ豊かな作品世界。
    架空の存在であるはずの円紫師匠の襲名の縁起や芸談がとても興味深く、話(噺)をもっと聴きたくなる。
    それから今作を含め五作ある、シリーズでの「私」の成長をもっと見守りたくなる(表紙イラストの変化も気になるところ)。

    いちばんの謎はやっぱり人間。
    織部嫌いも砂糖の大量摂取もあれが無くなるのも赤頭巾の出現も。
    そして空飛ぶ馬も。
    えっ、そんな理由でわざわざ? いや、そんな理由だからこそ。

    「おれもばかだが、おまえもばかだね。
    だから浮世は面白いし、人間ってぇのは愛おしいもんだね」

    • 円軌道の外さん

      お疲れ様です!
      いつも沢山のお気に入りポチやコメント感謝感激です(^O^)

      他の人にも書いてるけど
      原因不明の発熱が
      ずっと...

      お疲れ様です!
      いつも沢山のお気に入りポチやコメント感謝感激です(^O^)

      他の人にも書いてるけど
      原因不明の発熱が
      ずっと続いてて
      ちょっと体調崩してました(汗)

      お返事遅くなってすいません!


      てかてか、80年代の香り漂う
      いとこのお姉さんの部屋の描写に
      あまちゃんの春子の部屋を
      瞬時に思い出しましたよ(笑)

      しかも男の部屋でなく
      お姉ちゃんの部屋ってところに
      なんとも言えないリアリティがあるし(笑)

      小学生の低学年くらいまでの頃って
      性の違いを意識しつつも
      まだ女の子と変な下心なしで遊べた
      今から思えば貴重な時期でしたよね(笑)

      自分は施設で育ったので
      普通にいろんな歳の女の子と話したり
      ままごとやおはじきで遊んだり、
      kwosaさんと同じく
      少女漫画も分け隔てることなく
      普通に読んでたし、

      今の自分の雑多な趣味嗜好の方向性も
      その頃の環境が影響していることは
      間違いないと思います。


      しかしkwosaさんの
      その気にさせるレビューは
      いつ読んでも素晴らしい。

      粋で人情味に溢れた落語が聴きたくなったし、
      無性に屋台の蕎麦が食べたくなってきましたよ(笑)(>_<)
      (この小説は前々から気になってたのでリストに書いてたんやけど、この機会に探してみようかな)


      2013/06/26
    • kwosaさん
      まろんさん!

      >実際の私は、たぶん、「私」から文学的素養を9割引き、
      浮世離れ度を5割増し、ミーハー度を3倍くらいにした感じですが

      あは...
      まろんさん!

      >実際の私は、たぶん、「私」から文学的素養を9割引き、
      浮世離れ度を5割増し、ミーハー度を3倍くらいにした感じですが

      あはは。
      それはそれで充分魅力的でございます。

      週末は岐阜ですか。
      お気をつけて。天候に恵まれますように。
      2013/06/28
    • kwosaさん
      円軌道の外さん!

      体調を崩されているなかコメントをありがとうございます。
      あまりご無理なさいませんように。

      『あまちゃん』の春子さんの部...
      円軌道の外さん!

      体調を崩されているなかコメントをありがとうございます。
      あまりご無理なさいませんように。

      『あまちゃん』の春子さんの部屋もリアリティありますよね。
      まあ『あまちゃん』はリアリティの塊みたいなところはありますが(笑)

      『空飛ぶ馬』は、まろんさんに教えて頂きました。いいですよ。
      このシリーズはこれからも追いかけていこうと思っています。

      なんか最近、自分のなかでじわじわと少女漫画ブームが来ているのですが、実はあんまり読んだことないんですよね。
      でも円軌道の外さんとお話ししていると、俄然読みたくなってきました。

      そして僕も無性に蕎麦が食べたい!
      とりあえず『マルちゃん 正麺 醤油味』で我慢します。
      では、いざ台所へ!
      2013/06/28
  • 恥ずかしながら北村薫さんを読むのは本作が初めて。
    ミステリーと言えば、殺人事件が起きて、謎に挑む刑事ないしは探偵が出てきて…というお話を想像しますが、全然そんなことはありません。
    日常生活の中で起こり得る(起こらないけど)不思議な出来事を描き、その謎を解いていく「日常ミステリー」なんです。
    主人公は女子大生、探偵役は春桜亭円紫さんです。
    女子大生は変に女女していなくて、そこが逆にとてもリアル(北村薫は当初は覆面作家で、本物の女子大生が書いているのだと勘違いした人が続出したそう。さもありなん)。
    それに何と言っても円紫さんです。
    個人的に落語が大好きですから、この設定は堪りません。
    本筋とは関係ないですが、円紫さんの高座や落語に関して薀蓄を傾ける場面が、私としては読みどころでした。
    たとえば、「鼠穴」という演目があります(私は談志のしか聴いたことがありません)。
    田舎から兄を頼って出て来た弟が、たった3文の銭を渡されて、そこから身を立てていく噺。
    3文を6文にし、6文を12文にして…と財産を増やしていくわけですが、円紫さんは「その間にだって食べるものは食べるだろう。別に金があるなら、三文から始める必要もない」と疑問を挟みます。
    いや、言われてみれば、なるほど、その通りです。
    落語ファンには、いろいろ気付かされることが多いのではないでしょうか。
    もちろん、謎が提示されて、それを快刀乱麻で解決し、大団円に至るというミステリーの醍醐味は十分に味わえます。
    パターンは概ね同じでも、1話ごとに趣が異なるのも魅力。
    たとえば、「赤頭巾」はシリアスで読後感も重いですが、表題作「空飛ぶ馬」は気持ちが晴れやかになる快作です。
    個人的には、「砂糖合戦」が気に入りました。
    冒頭にカッコ書きで「起こらないけど」などと書きましたが、これは十分に起こり得る日常ミステリー。
    卑小な人間の些細な悪意について書いていて、「あるある」といちいち得心しながら読みました。
    いろんな愉しみ方が出来る、実にお得なミステリーと言えましょう。

  • ほとんど純文学を読んでいるかのような心地だった。

    主人公の19歳の文学少女(敢えてそう呼ぼう)の、大人になりきる少し手前の繊細な感性が、淀みない文章で丁寧に表現されてゆく。
    日常のふとした出来事で、彼女の中にこれまで読んできた物語の一節が思い起こされ、重ねられていく。主人公が趣味で見に行く落語の物語も、日常の諸処でいろいろなことを教えてくれる。
    最も感動的だったのは、主人公が友達と夏の蔵王に旅行した際、深緑の山を見ながらまだ見ぬ錦秋の頃を想像し、かつて読んだ本の中にその風景を見いだし、疑似体験をする場面。
    物語は知らない風景だって見せてくれるのだ。
    読書はこうも人生を豊かにするのだ。
    主人公と同じくらいの時にこの本に出会いたかった。そうすれば若い頃もっと読書したのに!

    …で、矛盾するようだけど、私は純文学にちょっと苦手意識があって、この本も読むたびに居住まいを正さなければならない気分になって、引き込まれるように読むのとは違った関わり方をした本だった。
    でも、一度読んで終わりにするのは勿体無い。再読することで気づかなかった発見がある本だと思う。

    落語家の円紫さんが、類い稀なる洞察力で、日常に起こる謎な出来事を、状況を聞いただけで解決しちゃうライトミステリです、本来は。

  • 北村薫のデビュー作であり、主人公である「私」と噺家春桜亭円紫の活躍を描く「円紫さんと私シリーズ」の第1作。5編の短編からなり、いずれも「日常の謎」と呼ばれる「私」が遭遇するささやかな謎を探偵役の円紫師匠が解き明かすスタイルである。作品はどれも良いが、個人的には『砂糖合戦』『赤頭巾』そして表題作『空飛ぶ馬』が素晴らしい。また構成も良く、特に『赤頭巾』から『空飛ぶ馬』の流れは何度読んでも良い。多く人にお勧めしたい作品だが、誰にも教えず自分だけの物にしておきたいそんな作品でもある。

  •  『空飛ぶ馬』は1989年に発表された北村薫のデビュー作である。続く「夜の蝉」「秋の花」「六の宮の姫君」「朝霧」との五部作は『私と円紫さんシリーズ』と呼ばれ、氏の人気シリーズとなっている。このシリーズをきっかけに、北村氏は『日常の謎を解き明かす本格ミステリー作家』と形容され、『私と円紫さんシリーズ』が新ジャンルのミステリーとしてファンに広く受け入れられたことは事実であるが、一方でこのキャッチフレーズが独り歩きし氏の作家としての本質を見え難くしてしまっていることを残念に思うファンも多いはずだ。昨年の念願の直木賞受賞は幅広い作家としての力量がトータルで評価されたからに他ならない。
     私は、北村作品が支持される理由には、まず読者が文学と接している喜びを実感できることが根底にあると考えている。母校で国語教師として教鞭をとった氏ならではの文学的基盤に、作品の文芸的要素、例えばこの『私と円紫さんシリーズ』であれば、ミステリーの要素や女子大生の《私》の成長小説の要素が乗ることによって二重三重の相乗効果がもたらされている。特に、各編の最後の一文の余韻に作家としての凄みを感じる。
     北村薫が本作『空飛ぶ馬』で覆面作家としてデビューしたエピソードは有名である。女子大生の《私》による私小説の形式をとっていたため、作家の素性自体がミステリーとなり、続編『夜の蝉』で実は中年男性が書いていたことに驚き失望したファンが少なくなかったというオチまでついている。
     《私》は日本文学を専攻する19才の女子大生として登場する。『空飛ぶ馬』では、大学2年時が描かれ、物語のスタートは5月(「織部の霊」)、6月に近世日本文学の加茂芳彦教授の紹介で大学OBにあたる噺家の春桜亭円紫師匠と出会い12月25日に二十歳の幸せな誕生日を迎える(表題作「空飛ぶ馬」)。
     一話完結の短編ミステリー集であると同時に、シリーズを通しての《私》の変化も楽しむことができるのが本作の魅力である。例えば、若さゆえの潔癖さから「現実に街ですれ違うカップルが美しく見えない」(「赤頭巾」より)と語った《私》から「カップルを見てこんな気持ちになったのは初めてだった」(「空飛ぶ馬」より)という言葉が聞かれるようになる。また、「水泳を終えた少年のような顔をしばらく見詰めていた私は、そっと口をとがらせてみた。そして、そんなことをする自分が哀しくなった」と未成熟な自分へのコンプレックスが描かれるシーンがある(「胡桃の中の鳥」より)が、「自分の体がいとしくならない女はいないのではないか」(「空飛ぶ馬」より)というように女性観が緩やかに変化してゆく。『空飛ぶ馬』に描かれる約8ヶ月間だけでも、これほど克明に《私》の成長が描かれる。シリーズを通してこのピュアな《私》がどのような成長を遂げるのか、友人あるいは親の視点で見守ることができる。その成長の節目節目を切り取ったかのような高野文子氏の表紙イラストもまた楽しい。

    本シリーズを通読して落語の世界に興味をそそられない人はいないだろう。少なくとも私は北村作品を読むまで飛行機での移動時に機内放送の寄席を聞く発想など全く持ち合わせていなかった。また、埼玉県立春日部高校から早稲田大学へ進学した作者自身をそのとおりの設定で女子大生に投影した点も一興である。私の大好きな宮本輝の『錦繍』も蔵王のシーンに《私》の愛読書として登場する。錦繍は1982年の作品であり、宮本氏と2歳違いの北村薫のデビューがその7年後というのも、北村氏が大器晩成型の作家であることを物語っている。

  • 面白かったです。同僚からお借りした、久しぶりの北村薫さん。
    日常の謎を解くのですが、探偵役が噺家というところで、これからもシリーズを読んでいきたいなと思いました。「昭和元禄落語心中」のドラマを観ているので、落語に興味津々です。
    主人公の女子大生も噺家の円紫さんも良いキャラです。主人公と友だちの話し方が時代がかっていて好きです。
    描かれる事件は、心に痛いものもあったのですが、ラストの表題作でほっこりとなりました。
    表紙が高野文子さんなのも良いです。

    しかし北村さん、男性ですがこれだけ女子の生態を書けるってすごいです。
    そして、読んでいるときにTwitterで流れてきた「地上の星の『創元のペガサス』ってこれだよな」という呟きが忘れられないのでメモ。

  • 日常ミステリーというジャンルらしい。
    特に気に入ったのは『胡桃の中の鳥』と『赤頭巾』。それぞれ旅先の爽快感、絵本の色彩感のディテール描写が明瞭なイメージで伝わってくるのが、物語としての魅力を担保してる。
    且つそれぞれの謎はどこかどんよりとしちゃうもの。日常の中の人間の秘匿な部分というか、心がぞわっとしちゃう。そのギャップ好き。
    19歳キラキラの『私』がどんな成長を遂げるのか、シリーズ気になっちゃうものリストに入る良作品。

  • 日常ミステリーだけど、主人公が文学・文芸好きということもあって、いろいろな文学の引用がされていたり、謎解き役が咄家さんなので、落語のお話が要所要所で登場し、そちらの方にも興味がわきました。大学生の主人公のまだ少女らしさが残る感じだとか、円紫師匠の知的な優しい雰囲気が好ましく、シリーズを読み進めたいなと思いました。円紫師匠の落語を聞いてみたいです。

  • 北村薫のデビュー作。「人が死なないミステリ」の代表格とも言える(思い込みに基づく断定)作品です。

    どろどろとしたサスペンスとは無縁の、暖かな作品群…ってあれ、この本ってこんなに黒かったんでしたっけ?(汗)
    久々に再読してみて、ちょっとだけビックリしました。多分、加納朋子とイメージ混同してます(苦笑)。円紫さんの軽妙さに惑わされた面もあるかもしれませんね。

    改めて今更思うのは、ああこのシリーズって「私」の成長記録なんだなあと。「赤頭巾」を読んだ時に、「山眠る」(「朝霧」所収)をしみじみと思い出しました。

    「父の心が本当にそれを~」のくだりでゾクッとしました。北村さんって、時々何食わぬ顔で物凄い球を放ってきますよね…。

  • 読み始め…16.5.20
    読み終わり…16.5.23

    女子大生の私と、落語家円紫師匠の名コンビが人の死なない日常ミステリの謎を解き明かす「円紫さんと私」シリーズの第一作目「空飛ぶ馬」

    私は古本屋さん廻りが大好きな読書家で落語好き。なかでも円紫さんのファンという私は、ひょんなことから円紫さんと対面する機会に恵まれ以後知り合いとなり、私の出来わした日常のどこにでもありがちななにげない謎が、円紫さんの冴えた頭脳でみごとに解き明かされていくというほのぼのミステリ。。

    主人公の女子大生、私の趣味としている古書と落語がとにかくたくさん登場します。ことに落語は私の趣味でありながら、もう一人の主人公である円紫さんのお仕事でもありますからそりゃぁもう...。。

    落語には今までそれほど興味はありませんでした。ですけどこれもまたひとつの出会い。幸いにも登場するのが古典落語なら伝統的なもの。さすれば検索検索っとググってみれば、容易く動画でお噺を聴くことができました。

    「織部の霊」
    円紫さんはマジシャン??まるで手品の種明かしを見せられているようなみごとな謎解き。
    古典落語《夢の酒》円紫さんの解説があったおかげかとてもわかりやすくて、はじめてちゃんと聴いた落語にすんなりと大笑い♪

    「砂糖合戦」
    人間ウオッチングが招いた謎でした。こんな悪戯ありそでなさそな、なさそでありそう?
    古典落語《強情灸》こちらも単純でわかりやすくて笑えまました♪

    「胡桃の中の鳥」
    この謎だけはあまりにもすんなり解いてしまった円紫さんにえ~~っ!と疑念の一声。円紫さんはやっぱりマジシャンじゃないのかしら....
    古典落語《五人廻し》ひとつ前に読んだ本が遊郭のことだったから興味津々。専門用語にもほうほうとうなずけて、やっぱり読むということは読めば読んだだけの価値があるものだなぁとつくづくしつつ大笑い♪

    「赤頭巾」「空飛ぶ馬」
    こちらはブラックユーモアからのほのぼのおとぎ話。
    古典落語《一眼国》ミイラ取りがミイラになっちゃった~というお噺でした。(文中解説あり)

全491件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1949年埼玉県生まれ。高校教師を務めるかたわら、89年『空飛ぶ馬』で作家デビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞、15年には第19回日本ミステリー文学大賞を受賞した。エッセイや評論、編集の分野でも活躍している。近著に『八月の六日間』『太宰治の辞書』『中野のお父さん』など。

「2019年 『覆面作家の夢の家 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)のその他の作品

北村薫の作品

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)に関連する談話室の質問

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする