六の宮の姫君 (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社
3.60
  • (205)
  • (235)
  • (474)
  • (42)
  • (11)
本棚登録 : 2133
レビュー : 239
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488413040

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ4作目。<私>も大学4年で卒論を進めつつ、出版社への就職も決まり、物語はまあ順調な進行。

    卒論は芥川龍之介、長老作家の疑問から何故、芥川が「六の宮の姫君」を書したのかと文献検討が進む。大正から昭和初期の文学に興味のない読者にはしんどい作品かもしれないが、ミステリーとは違った面白さがあった。芥川と菊池寛の資質の違い。譲らない処もありつつ、判り合う二人の友情。菊池は作品は判りやす過ぎるように云われるが、本人は仮面を被り通したような、複雑な人間だったようだ。

    著者が楽しんで書いているように感じる。菊池の秘書、佐藤碧子が主人公のモデルかなと思ったが、どうだろ。
    今回の旅行は裏磐梯への正ちゃんとの二人旅。気の置けない女友達との会話がほっとする。

    チケットを貰ったインパル指揮の都響のベルリオーズのレクイエム。こんなに具体的なのにホールの名は伏される。当時、赤坂から行くのはサントリーホールだろうに。NHKのような禁断コードでもあるのだろうか。
    シリーズ通して父親についての情報も隠されているように感じる。本棚から見て、只者じゃないだろうと思うのだが。

  • 円紫さんと私シリーズの4作目
    前回に引き続き長編
    の形をとった論文のようなもの

    芥川の「六の宮の姫君」なぜ書かれたのか?という謎について延々と当時の文壇の話しが繰り広げられる
    芥川の人間関係とかその方々に関する話しとか、特に菊池寛についても多く語られる
    けど、知識も興味もない人間にとっては読むのが辛い

    主要な登場人物の人間関係も大きな変化がないので、この巻は飛ばして読んでもかまわないのではなかろうか?

    論文が読みたいんじゃない、物語を読みたいんだ~

  • 学生時代の友人を思い出しながら、読んでいた。文学に造詣が深くて、自信家でありながら控えめでもあるその友人は、主人公とほぼ同一人物のように感じられた。しかし、この話の主人公は、友人と比較して、なんてラッキーなのだろう。親しい落語家はいるわ、教授から出版社のバイトを斡旋されるわ、しかもそこでは正社員に誘われ就職してしまう。主人公は控えめなはずなのに、コネがどんどん向こうから転がりこんでくる(笑)われわれとは時代が違うせいか。大学が違うせいか。友人を含めわれわれ文学部生が、いかに余裕がなくこの卒業間近の時期を過ごしていたか、私は忘れられない。これだけコネがうまくつながれば、これくらいの研究を呑気にする暇あったよね。少なくとも、例の友人は。と苦々しく思うだけだ。

  • 日本文学の世界に誘われる。

    タイトル通り、芥川龍之介が書いた『六の宮の姫君』がコアとなる話。芥川龍之介が呟いた、「『六の宮の姫君』は玉突き、いやキャッチボールだ」から〈私〉の探偵が始まる。

    難しくて分からない所多々あるが、それが気にならないくらい面白く、読み進められる。で?で?ってなる。
    苦手意識があって、読まなかった明治〜大正の日本小説だが、その殻をバリッと破いてくれた。

  • 10年ぶりくらいの再読。このシリーズの中で一番面白くなかった作品。今読むと密かなビブリオブームもあって、これはその先駆けか、早過ぎたか。でも10年前に比べて面白く読めた。芥川がメインかと思いきや、「私」或いは「作者」の着眼はどんどん菊池寛に移っている。芥川を語るに菊池寛は外せないという思いがすごく伝わった。
    おかげで菊池寛に興味を持ってしまった。

  • 円紫さん4作目でこれも長編。前作とは打って変わって書誌ミステリー・・・いや~~~そこまで考えて小説読まない私にはきつかった(^_^;) 
    ここまで研究する女子大生っているんか? =(イコール)作者を想像してしまうのでよけいについていけない。

  • 芥川について考えたかったので、面白い視点だとご紹介いただいて購入。
    描写の仕方や文体があまり私の好みではなかった。
    センスを良くしようとして書かれた文体、というような印象を受けてしまう。
    謎への迫り方など、参考になる部分もあった。

  • 菊池が芥川の葬式で弔辞を号泣しながら読んだこと。友との分かれ道、それを目の前のことのように感じる。なにもこのふたりが特別なことではないのだと思う。

  • 芥川龍之介。菊池寛。卒論。アルバイト。

  • 自分には難しすぎました。年齢制限のR指定みたいに文学知識のナントカ指定みたいな表示が有ればええのになぁと思います。この作品は文学好き指定やからB指定です。殆ど理解出来なかったので下世話な事を考えてしまった。それは何かと言うと、正ちゃんって《私》の事が好きかも!って事です。自分の事を「ボク」っていうからじゃなくて何と無く。前作でバイクの時も何と無く怪しかったし。既に次作を読み始めてるので違う事は分かったんですが何と無く。 理解出来る様になれば、いつか再読してみよう。

全239件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1949年埼玉県生まれ。高校教師を務めるかたわら、89年『空飛ぶ馬』で作家デビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞、15年には第19回日本ミステリー文学大賞を受賞した。エッセイや評論、編集の分野でも活躍している。近著に『八月の六日間』『太宰治の辞書』『中野のお父さん』など。

「2019年 『覆面作家の夢の家 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

六の宮の姫君 (創元推理文庫)のその他の作品

北村薫の作品

ツイートする