六の宮の姫君 (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社
3.60
  • (205)
  • (235)
  • (474)
  • (42)
  • (11)
本棚登録 : 2133
レビュー : 239
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488413040

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 円紫さんと私シリーズの4作目
    前回に引き続き長編
    の形をとった論文のようなもの

    芥川の「六の宮の姫君」なぜ書かれたのか?という謎について延々と当時の文壇の話しが繰り広げられる
    芥川の人間関係とかその方々に関する話しとか、特に菊池寛についても多く語られる
    けど、知識も興味もない人間にとっては読むのが辛い

    主要な登場人物の人間関係も大きな変化がないので、この巻は飛ばして読んでもかまわないのではなかろうか?

    論文が読みたいんじゃない、物語を読みたいんだ~

  • 学生時代の友人を思い出しながら、読んでいた。文学に造詣が深くて、自信家でありながら控えめでもあるその友人は、主人公とほぼ同一人物のように感じられた。しかし、この話の主人公は、友人と比較して、なんてラッキーなのだろう。親しい落語家はいるわ、教授から出版社のバイトを斡旋されるわ、しかもそこでは正社員に誘われ就職してしまう。主人公は控えめなはずなのに、コネがどんどん向こうから転がりこんでくる(笑)われわれとは時代が違うせいか。大学が違うせいか。友人を含めわれわれ文学部生が、いかに余裕がなくこの卒業間近の時期を過ごしていたか、私は忘れられない。これだけコネがうまくつながれば、これくらいの研究を呑気にする暇あったよね。少なくとも、例の友人は。と苦々しく思うだけだ。

  • うーん、やはり北村薫の長編は好みではないようです。
    http://feelingbooks.blog56.fc2.com/blog-entry-897.html

  • 私の卒論とかけて作ってあるのは判るが、いかんせん純文学に疎いので、文学ミステリーにされると全くついていけず、面白味が伝わって来なかった。
    これでシリーズ4作目になるのだが、未だに主人公の「私」が好きになれないなぁ・・・。

  • 芥川も菊池寛も読んだ事無かったので。

著者プロフィール

1949年埼玉県生まれ。高校教師を務めるかたわら、89年『空飛ぶ馬』で作家デビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞、15年には第19回日本ミステリー文学大賞を受賞した。エッセイや評論、編集の分野でも活躍している。近著に『八月の六日間』『太宰治の辞書』『中野のお父さん』など。

「2019年 『覆面作家の夢の家 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

六の宮の姫君 (創元推理文庫)のその他の作品

北村薫の作品

ツイートする