六の宮の姫君 (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社
3.60
  • (205)
  • (236)
  • (475)
  • (42)
  • (11)
本棚登録 : 2134
レビュー : 239
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488413040

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現況;
    「六の宮の姫君」については、以前に山岸涼子さんの漫画で読んだことがありまして。最近平安朝の漢文をよく読んでいることもあり、こちらも読ませていただきました。

    気づき;
    ☆慶滋保胤
    については、漢文の世界ではとても冷静な賢い人のような印象だった。しかし、今回改めて今昔物語 巻第十九 第三話 「内記慶滋の保胤、出家せること」を読んでみますと、結構感情的でほろほろしていて、ああこんな面もあったのかと思いました。説話文学のことゆえ、どこまで本当かはわからないですが。

    ☆芥川龍之介と菊池寛
    私は菊池寛についてほとんど読んだことがないですが、自分の考えは、どちらかというと菊池寛氏に近いなと思いました。襖もよく左右が反対になってますし(笑)。

    そうだからといって、「往生絵巻」の主人公の口に白蓮華が咲くのはけしからんとも思いません。そういう考え方の人もいるのかなという目で見ると思います。

    芥川龍之介は、佐藤春夫に自分の葬式に弔辞を述べてほしいと言ったそうですが。本当に弔辞をのべてほしかったのは菊池寛ではないのかと思いました。
    彼の「六の宮の姫君」で、唐突に慶滋保胤がでてくるのは、自分が死ぬ前に、菊池寛(=慶滋保胤)に、理解はしてもらえなくても、ちょっとだけでも憐れんでもらいたい、という願望ではなかっただろうか、と私は考えます。

    芥川氏の辛くしんどい人生を、何十年も後からではありますが、心から悼みたいです。
    また、彼が羨ましく憧れていた菊池寛氏にも、心の中には壮絶な孤独があったことにも胸を打たれます。

    北村薫作の小説部分は、それなりに仕込みがあったりするんでしょうけど、まあこの両巨頭のリアルな人生の前では、かすみのようにしか見えません。
    本編主人公も我々も、六の宮の姫君のようにうかうかと人生を過ごさないように、気をひきしめてがんばっていこうということかと思います。

  • 「太宰~」から遡る旅を続けている。前回紐解いた時に印象に残ったまさしく旅にでる(正ちゃんとドライブ)のみならず、芥川、菊池らを巡る過去への推理の旅も初読より十年以上もの年を経た今、理解を深めることができる。とはいえ、拙い私(コレは登場人物ではなく、コノ自分のこと)にとってはややこしく、レベルの違い過ぎる頭脳の自分の限界をまざまざと見せられるということに他ならないのだ。トホホである。

  •  ケメルマン『9マイルは遠すぎる』のキーワードに相当するのが、「あれは玉突きだね。……いや、というよりはキャッチボールだ」
     しかし、芥川発言をヒロインに伝える田崎信は架空の小説家なのだ。このキーワードに確固たる典拠があるのだろうか。寡聞にして知らない。
     驚いたのが、
    ヒロイン「『真珠夫人』は読みました」
    その上司「今時、千人に聞いても読んでないわよ。あなたって面白い子ね」
    (中略)「テレビの原作にぴったりの本だと思いました」
     このやり取り。
     フジテレビによるドラマ化が2002年。「六の宮〜」の初出は1992年。本好きのテレビマンがここを読んだのか?

  • ちょっと時間はかかりましたが、読み終わりました。
    今回は主人公の「私」が卒論に挑みながらたどる芥川龍之介と菊池寛の話。
    色々な逸話、興味のある短編などが随所に出てくる。
    気になって青空文庫で探しながら読みました。
    これだけのめり込めたら楽しいだろうなと、うらやましくなります。

  • 主人公の姿勢に、学びとはかくあるべきだよなあ、と痛感。小説家…芸術家の業、哀しさ、孤独をひしひしと感じる一冊。
    自分が無知だってこともひしひしと感じる一冊。もっとたくさん色々な本を読んだ後に、また読み直したい。

  • 佐藤夕子氏の解説によれば
    この「六の宮の姫君」は作者が
    早稲田大学第一文学部時代に
    ものした幻の卒業論文のタイトル
    という側面も事実としてあるそうだ。

    この作品は普通のミステリー愛好者
    にはお勧めしにくいが、大学で国文を
    専攻しようと考えている人や、さして
    考えもせずに国文学科に入ってしまい、
    卒業論文なるものを書くということが
    どういうことかも皆目見当すらつかない
    という気の毒な人になら、お薦めできる。

    ただし、シリーズ一作目から虚心に、
    ただ作品の謎解きの論理展開を楽しみ、
    その手法に少し慣れ、かつ面白いと
    思えた人にだけ。

    国文学の研究とはこのようなものだ。

    人に与えられた問いかけではなく
    文献を読み漁り、資料や史料にあたり、
    観察に次ぐ観察を積み重ねる中で、ふと
    浮き上がってくる謎。

    それまで無闇に行ってきた「読む」と
    いう作業に、少なくとも順路と出口が
    あるかもしれない闇を手探りで進みつ
    戻りつするだけの知的興奮とほのかな
    期待が伴うようになる。

    それを楽しいと思わない限り
    国文学研究などという選択は
    過ちだと思った方がいい。

    どれほどの確信と自負を持って
    このレビューを書いているか?

    この作品が私の国文学科在学当時に
    出版されていたら…私はもっと
    謎解きを精緻に行いつつ、それを
    心ゆくまで楽しめたろうに…。

    そんな仮定法過去で悔恨を口にする
    ほどに。

    国文学研究の道筋がそのまま
    ミステリーの王道をゆく。
    稀有な名著だと私は思う。

    小説家にしか書き得ない研究指南書。
    私はこの作品に没入して
    半日を過ごした。

  • 最近出た『太宰治の辞書』が、シリーズの続編だと知り、少し再読のペースをアップ。
    やっぱりこのシリーズの中で、これが1番好きだ。

  • 日本文学の世界に誘われる。

    タイトル通り、芥川龍之介が書いた『六の宮の姫君』がコアとなる話。芥川龍之介が呟いた、「『六の宮の姫君』は玉突き、いやキャッチボールだ」から〈私〉の探偵が始まる。

    難しくて分からない所多々あるが、それが気にならないくらい面白く、読み進められる。で?で?ってなる。
    苦手意識があって、読まなかった明治〜大正の日本小説だが、その殻をバリッと破いてくれた。

  • 十数年振りに読み返したが、以前以上におもしろい。芥川の「六の宮の姫君」を、菊池寛、佐藤春夫らとの交流をたどりながら裸にして行く。文章の繊細さも合間って、心地よい読書ができるであろう。芥川を読みたくなる。

  • 北村薫の円紫さんと私シリーズの四作目に当たるこの作品。

    ミステリーとしては、異色の書誌学ミステリー。
    その内容は出版社でバイトをしている主人公が生きた芥川龍之介にあった異なる大作家から芥川が自身の作品「六の宮の姫君」について放った「あれは玉突きだね。・・・いや、というよりはキャッチボールだ」という一言の理由を探る。

    北村薫自身の早稲田大学在学時の卒業論文をもとにして作られたこの作品。小説というよりはほとんど論文ですが、芥川と彼の周りの人々の関わりを掘り下げながら進むこの作品を読んでいれば当時の文豪たちに思いを馳せずにはいられません。文豪たちが自身の意見をぶつけ合い、高め合ったこんな時代があったのです。



    主人公が余りにも優秀な文学少女なので辟易する人もいますが、文学部に在籍している学生などは一度は読むべき作品だと思います。

著者プロフィール

1949年埼玉県生まれ。高校教師を務めるかたわら、89年『空飛ぶ馬』で作家デビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞、15年には第19回日本ミステリー文学大賞を受賞した。エッセイや評論、編集の分野でも活躍している。近著に『八月の六日間』『太宰治の辞書』『中野のお父さん』など。

「2019年 『覆面作家の夢の家 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

六の宮の姫君 (創元推理文庫)のその他の作品

北村薫の作品

ツイートする