朝霧 (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社
3.60
  • (132)
  • (207)
  • (358)
  • (24)
  • (5)
本棚登録 : 1628
レビュー : 167
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488413057

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 社会人になった「私」の話。
    三篇ともさくさく読めて面白い。
    私や円紫さん、正ちゃん、江美ちゃんはもちろんのこと
    天城さん、赤堀さんなどの人たちも魅力的
    続編が楽しみな一冊。

  • 読んだのはハードカバーのほう。

  • やっぱり円紫さんシリーズは面白い。
    ここ2冊は文学色が濃いけれど、私は好きな話。
    もっと続いてほしかった。

  • 再読。旅先(松島・仙台)にて。
    松島→芭蕉→俳句のつながりや、近々友人の結婚式があることなど、色々関連もあって。苦いお話が多いので、社会人になってから読み直して、良さが改めて分かった気がした。

  • 春桜亭円紫もの。「私」の小中学校の知り合いの父親である校長の最後の俳句に込められた謎を解読する「山眠る」。女か虎かが引き合いに出され、独自のリドルストーリーの結末を当てる「走り来るもの」。そして、表題作の「朝霧」。正直、最初の作品空飛ぶ馬から比べると、ミステリ色は薄くなってる。ただ、それは「私」が成長したからなんだというのに気づいた。朝霧にて、円紫さんから自分で考えてみてください、と言われるシーンを見て、昔からこんなことはなかったな、と思った。そこで、「私」もついに社会人になり大人になった。だからこそ、「私」自身に回答を導かせようとしたんだな、という結論にたどり着いた。此処から先新作が出ないのを見ると、これが「私」の成長結果なんだなあ。面白い面白くないでいうと、やはり文学的な面が出てくる事から、わからない私にとってはちょっと難しかったかな。

  • このシリーズは、最初の頃の方が好みでした。でも、今回のおじいさんの話は結構好きです。

  • シリーズが進む度、『私』が成長する度切なさが増す。遭遇する出来事と、成長し変わっていく私とその周囲。私と正ちゃんの関係が少し変わって、現実なら普通のことが物語として改めて見つめなおす形をとると儚くて寂しい。でも二人の繋がりはきっと続くのだろうとも想像できる。……この先は出ないのかな

  • 円紫さんと私シリーズの第5作目。
    「山眠る」「走り来るもの」「朝霧」

    前巻の「六の宮の姫君」が卒論を扱った作品だったので、ある意味仕方ないかとは思っていたのですが。「山眠る」も、それを引きずっていますね。
    引用や薀蓄が多くて、興味のない人には、あまり楽しめない話ではないかと思います。
    実際、「六の宮の姫君」も、私の当時のバイト先(書店)の店長は、「知識をひけらかしているみたいで鼻につく」と言ってましたし。…私は、芥川竜之介が好きなので面白かったですけど。
    ただ、俳句にはほとんど興味がないので、「山眠る」のほうは、そういう問答のような部分は流し読みしてしまいました。
    今回の謎は、「わたし」の潔癖さを浮き彫りにした形ですね。しかも、それを自覚していて、うまく対応できない自分に、余裕がない、などと思ったりする。
    そう思えるようになっただけ、「わたし」も成長したのかもしれませんね。
    「走り来るもの」は、裏切りの話ですが、次作の「朝霧」の伏線のような話でもあります。
    色恋沙汰にはとんと縁のない「わたし」ではありましたが、ようやく興味を持てる人が現れたかな、というところです。
    相手も本好きというところが、さすがではありますが。まあ、そうじゃないとそもそも興味を持たないでしょうし。
    この先、どう関わっていくのかが楽しみです。

    …そういえば、シリーズ最初の頃、私は「わたし」が円紫さんのことを好きになるのかな、と思っていました。いや、だって、こういう役柄だとパターンじゃないですか?
    そうしたら、どの話でかは忘れましたが、円紫さんが家庭もちということが判明しまして。あ、じゃあ絶対にそれはないなと。
    ちょっと残念に思ったものです。

  • 大学生だった"私"も、いよいよ社会人となりました。そのせいか、これまでの物語と比べると、時の流れが速くなっている気がします。

  • とうとう大学を卒業し編集者になった「私」が、仕事や日常生活の中で出会う様々な謎。社会人になった故の環境の変化が影響し、円紫師匠の出番は少なめ。でも要所要所でヒントをくれる冴えた推理力は相変わらず。

    どんどん謎が文学的になっていくこのシリーズ。その分「日常の謎」カテゴリからは離れていってしまうのが少し残念でもある。
    でもこのシリーズの地の文を読んでいると、「私」の日常生活の捉え方が情感あふれてて憧れる。こんな風に豊かに日常を切り取ることができたら、実りある人生を送れるよなぁ。

全167件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

1949年埼玉県生まれ。高校教師を務めるかたわら、89年『空飛ぶ馬』で作家デビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞、15年には第19回日本ミステリー文学大賞を受賞した。エッセイや評論、編集の分野でも活躍している。近著に『八月の六日間』『太宰治の辞書』『中野のお父さん』など。

「2019年 『覆面作家の夢の家 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

朝霧 (創元推理文庫)のその他の作品

北村薫の作品

ツイートする