太宰治の辞書 (創元推理文庫)

著者 : 北村薫
  • 東京創元社 (2017年10月12日発売)
3.83
  • (19)
  • (25)
  • (21)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :313
  • レビュー :33
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488413071

作品紹介

みさき書房の編集者として新潮社を訪ねた《私》は新潮文庫の復刻を手に取り、巻末の刊行案内に「ピエルロチ」の名を見つけた。たちまち連想が連想を呼ぶ。卒論のテーマだった芥川と菊池寛、芥川の「舞踏会」を評する江藤淳と三島由紀夫……本から本へ、《私》の探求はとどまるところを知らない。太宰が愛用した辞書は何だったのかと遠方にも足を延ばす。そのゆくたてに耳を傾けてくれる噺家。そう、やはり「円紫さんのおかげで、本の旅が続けられる」のだ……。《円紫さんと私》シリーズ最新刊、文庫化。

太宰治の辞書 (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 好事家やある対象にのめり込むほどの愛情と欲求を持つ人というのは、それを突き詰めていればいるほど、変人である。常人にはなかなかその境地に至れない。だが、その愛情の濃さと喜びをうかがい知ることは出来る。この本はそんな一冊だ。本と文学、そしてそれを創った人々への愛情と執着の喜びをこのシリーズは感じさせてくれる。
    シリーズであるからには同じ登場人物が出てくることに不思議はない。その人物が歳をとって成長、成熟していくこともあるだろう。しかし、主人公『私』を描いてシリーズが創られるのなら、それを引き継ぐ存在の事がいつか描かれるのではないか。そんな期待、もしくは願望を持たずにいられない。

  • 17年前に完結したシリーズのまさかの追補。書店の棚で見かけた時には目を疑い、間違いではないとわかった時に小躍りしてしまった。
    ただし、今回の主役は《私》ではなく本であり作家(芥川龍之介、太宰治)。そこは少しがっかりしてしまった。学生時代の親友、正ちゃんの出てくる第二章は二人の会話のピンポンが楽しくかつてのシリーズを思い出してなごむ。でも他の章は(前作『六の宮の姫君』で出ていた方向性ではあったけれど)本の謎、作家の試行錯誤を追いかける謎、複数の作品を結びつける謎を追いかけるミステリーになっている。
    ちょっとモヤモヤしていたけれど、米澤穂信の解説を読んで納得。前作の円紫師匠との会話を引用して、成長小説としての私と円紫シリーズは終わっているのだ、という。これにはお見事、と拍手。本のミステリーの見事な実践。
    ちなみに、解説は米澤穂信がミステリーというジャンルに進もうと思ったきっかけか北村薫の本シリーズを読んで「ミステリーは懐の広い豊かな可能性のあるジャンルだ」と思ったからと記してあって、胸が熱くなります。

  • 10代の半ばから読み始めたこの「円紫さんと私」シリーズには途中で幻滅した。文学をまとうように暮らす多感な「私」の生活に現れる謎を解き明かす物語から、文学そのものに関する謎を、生活の断片をまといながら解き明かす物語に様変わりしたからだ。
    久々の高野文子の表紙にひかれて思って手に取ったものの、『太宰治の辞書』も表題通りその手の物語で、私はあくびを噛み殺しながら読んだ。70年前に亡くなった作家の一編における矛盾がどうであろうが、興味は引かれない。
    ただ中にひとつだけ、謎が謎として意味を持つ掌編がおさめられている。これだけを読むのでよかったと思った。

  • 文庫化につき再読。
    まさかの円紫さんと私シリーズ続編!!
    働くお母さんになったわたしも相変わらず、
    謎を見つければとことん本の旅へとのめり込む。
    ちょっと論文読んでる気分になる。(笑)
    エッセイも面白かった!

  • 円紫さんとわたしシリーズ。
    あっという間に時が過ぎた感じ。
    まあ、そこは良いとして、今回は完全に北村薫の真骨頂である文学の謎が主体でありました。
    もう、分からない人はおいてきぼりな感じで突き進み、最後まで突っ走ると言うこれは趣味の1冊だなあと思った次第。
    残念ながら10分の1も理解できたかどうかは謎で、
    この辺の知識ないんだよなあと思いしさられました。
    まずは国語便覧辺りからですかね(w

  • 単行本が2015年に出ていたことにまったく気づいていなかった。でも文庫化にあたり、エッセイがふたつ加わっており、文庫版で手にすることができてよかった。

    私、が中学生の息子の母になっている。こういうのを読むと懐かしい知人に再会した気分だ。
    仕事で小田原に行った帰りに二宮の正ちゃんとご飯を食べて、(そして正ちゃんには高校生の子どもがいる!)話題にのぼった太宰治の『女学生』を借りる、のではなく、もらう、シーン…うまい!しみるわ。

  • この本の解説で米澤穂信さんが小説家になる前に、何を書くべきなのか迷っていた時に北村さんの書いた、「六の宮の姫君」を読み、示唆を得てミステリー作家への道を歩み出したと述べています。
    私も随分前にこの小説のシリーズを読み、もう完結していたと思っていたので、米澤さんのひとこと「また読めると思わなかった」に同感します。
    北村さんの書くミステリーは、些細な日常に潜む謎解きに焦点が当たるので劇的なストーリーはありません。少しづつ深海に潜っていくような感触のある物語に魅せられているコアなファンは多いと思います。
    今回、主人公の「私」は、いつの間にか中学生の母親になり、出版社の編集者という設定。懐かしい親友の正ちゃんも健在です。謎解きの師匠にあたる落語家の円紫さんは、大真打になっていますが、以前と同じように彼女にヒントをくれます。
    タイトルにあるとおりの「太宰治の辞書」を起点に、古本を巡る旅は自分も行ったかのようにワクワクして楽しめました。その他にも三島由紀夫の発言、芥川龍之介の小説にまつわる謎解きとその作品の隠れた真意に迫ります。文章の出どころを明らかにする経緯は、博覧強記の北村さんだからこその、展開でした。
    ちょっと驚きは、実際のテレビ番組で又吉直樹さんが太宰治の作品の感想を述べている部分があり、現実とリンクしているのも面白かったです。

  • バリ旅行のお供に。懐かしい大好きなシリーズの続き!と思い購入したのですが、どうにもこうにも様々な引用について行けず、面白さが一々掴めず、珍しく読み終わる事なくギブ。残念。。。現代作家読みでその辺詳しくないから私がいけないのかもしれません、ので評価なし。

  • 『円紫さんと私』シリーズは15年以上ぶり
    《私》は、大学生から中学生の息子がいる編集者になった
    好きなシリーズだったので、単行本が出た時に読もうかと思ったけど
    シリーズ本全てを文庫本で保存しているので、文庫になるのを待っていた
    しかし、《私》の知識についていけず、???の部分多し
    考えてみたら、芥川龍之介は「蜘蛛の糸」位しか読んでいないし
    三島由紀夫は1冊も読んだことがないんだから、話についていけない
    ちゃんとそういう本も読まないとなぁと反省
    太宰治は好きだったので、ほとんど読んでいたので少し救われた

  • 北村薫の太宰治の辞書を読みました。

    空飛ぶ馬をはじめとする「円紫さんと私」シリーズの最新作でした。
    以前のシリーズでは「私」は女子大生でしたが、今作では連れ合いもいるし、かわいい子供もいる仕事盛りの女性になりました。

    太宰治の女生徒という短編を題材に、その中でロココ調を辞書で引くという記載があることから、この辞書とはどの辞書なのだろうかという疑問を縦糸に、ピエール・ロチや三島由紀夫、そして「生まれてすみません」の話題を横糸に物語は語られていきます。

    「私」の20年後の姿が描かれていても女子大生の頃の面影もちゃんと残っているのがうれしい。
    同級生の正ちゃんも登場して正ちゃんらしい語りをしてくれるのもうれしい。

    後書きで米澤穂信が書いているように「まさか、また読めるとは思わなかった」という驚きとうれしさでいっぱいで読んだのでした。

全33件中 1 - 10件を表示

北村薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
米澤 穂信
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

太宰治の辞書 (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする