女王国の城 上 (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社
3.75
  • (74)
  • (156)
  • (120)
  • (18)
  • (4)
本棚登録 : 1427
感想 : 99
  • Amazon.co.jp ・本 (435ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488414054

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これは……まだ何にもわからんっ!

    ちょっと遠出するかもしれん。そう言って姿を消したEMC部長の江神さん。部長を追って、アリスたち四人のメンバーは〈女王〉が統べる宗教団体〈人類協会〉の聖地、神倉へ。

    江神部長は何故神倉へ向かったのか。
    部長と再会を果たしたものの彼の答えは納得いくものではなく……また神倉では十一年前に迷宮入り事件が起きていた。さらには人類協会の総本部〈城〉において殺人事件が起きてしまう。
    外界との接触を阻まれ囚われの身となったメンバーたちは事件の真相究明に乗り出した。

    〈女王〉は姿を見せず、人類協会のメンバーは何かをひた隠しにしている。それだけでなく、神倉で知り合った人物たちも怪しい匂いがぷんぷんするのだ。とにかく皆の行動が引っ掛かり、誰もが容疑者に見えてくる。そんな状態で上巻が終わってしまうのだから、本当にもう何にもわからん!と叫ぶしかない。下巻への期待度はマックスに。

    あとは、そうだな。
    アリスがとても淋しがってる。
    マリアの江神部長と再会したときの喜びよう。
    モチさんの失恋……!
    モチさん信長さんの就活は大丈夫か。
    江神部長の未来は。
    とまあ、全く事件に関係のない諸々が気になった。
    何より、江神部長の『足許に落としていた視線をゆっくり上げた。首を振って、顔に掛かる長髪を払う。』こんな何気ない仕草に相変わらず、きゅんとさせられるわたしなのである。

  • 個人的に久しぶりの有栖川さん作品。いつものメンバーの軽快な(時には極端な推理が面白く、でもそこにもヒントがあるのかな?)掛け合いもあり、楽しめました。人称の違いや過去の事件など含めて、どれだけの伏線があったのか、推理しつつ早速下巻へ。

  • 学生アリスシリーズ4冊目。
    1冊目よりも2冊目、2冊目よりも3冊目、そして3冊目よりも4冊目が面白い!…のではないかと期待している。
    まだ上巻を読み終えたところだけれど、魅力的な謎が提示されて、下巻への引きも完璧。
    下巻を読むのが楽しみ。

    江神さんが神倉を訪れた理由は?
    11年前の密室殺人事件の真相は?
    宇宙人ペリパリは登場するのか?
    人類協会は何を隠しているのか?

    まぁ、宇宙人ペリパリは登場しないだろうと思うけれども、登場したらしたで面白いかもなぁ…とも思う。
    シリーズ2冊目の『孤島パズル』のモアイも良かったけど、UFOと謎の宇宙人というのもなかなかの小道具。
    おどろおどろしさがなくて良い。
    というよりかなり面白い。

    信仰の話を聞くとそれが新しい話であるほど、「どこまで本気で言っているんだろう?」と考えてしまいがちだ。
    いきなり「宇宙人ペリパリが再訪するのを待っている」なんて言われたら、笑っていいのか悪いのか真剣に悩んでしまうだろう。
    そして最終的には笑ってしまうだろう。まずいなぁ…。
    それを想像するとアリス達が置かれている状況の困難さが分かる。
    それでも火山よりはマシかな?
    無事に生還してほしい。
    もちろん江神さんと一緒に。

  • 「学生アリス」シリーズの4作目。
    「双頭の悪魔」からおよそ15年ぶりに発表された物語である。

    完全なる密室の中での殺人は不可能である。
    某ドラマではないけれど「破れない密室はない」を地でいく展開になっている。
    心理的な作用によって密室は作られていく・・・。
    物語は広範囲に枝葉がのび、江神の過去や本筋以外の雑学にまで及んでいる。
    けれど、読みにくさはまったくない。
    この物語に関しては多くを語りたくはない。
    まずは読んで楽しんでほしい。
    スピード感もあり、閉ざされた世界で起きた事件は本格ミステリーとしても読みごたえのある物語だった。

  • 推理研から姿を消した江神部長。その足跡をたどった先は女王が統べる宗教団体の聖地・神倉だった。本部の城の中で江神と再会できたものの、城の中で発生した殺人事件に巻き込まれる。謎という霧の中で城に閉じ込められた彼らの命運やいかに。

    奇しくも木更村へマリアを助けに行った前作と同じ図式で物語は開幕する。事件は発生したものの、まだまだ謎だらけ五里霧中!宗教団体の城という怪しさ極まるクローズドサークル。過去に神倉で発生した密室殺人と消えた男の謎。姿を見せない代表。足を踏み入れられない聖洞。謎が渋滞してる(笑) 今回は宗教やUFOなどオカルト要素も盛りだくさんで、そちらに興味がある読者にはそこも楽しめそう。

    そもそも江神がなぜ神倉へ来たのかという部分もわからない。前作のマリアは動機の面ではハッキリしていただけに、ここがキーポイントになるのかな?江神が親からかけられた呪いのこともどう解決していくのか気になるね。宗教団体の本拠地ということで、単なるクローズドサークルじゃないルールも追加されていて、真相究明は困難になりそう。上巻はめちゃくちゃ気になるところで終わっているので、読み始める方は下巻も買っておくとベスト!

  • うわー。
    むちゃくちゃ面白い。
    島での密室とは違い、宗教都市の密室というのが良い。
    偏見だけど、宗教都市の方がちょっと変わった人がいても受け入れやすいせいだろうなぁ。
    下巻も楽しみ。

  • 江神さんが、宗教都市神倉に消えた。正確には「ちょっと遠くにいってくるかもしれん」と残して消える。彼のアパートで見つけた事実をつなげて神倉へとレンタカーを走らせるアリス、マリア、そして二人の先輩。先輩二人は就活を休んでの参戦だった。宇宙人に救いを求める宗教に江神さんがはまったわけではないかと心配していた彼らは、紆余曲折の末江神さんと再会を果たすが、人類協会の総本部“城”の中で殺人事件が起こる。すぐに警察を呼ぶように説得するミステリ研の面々だったが、協会の人間たちは城を封鎖して自分たちの手で犯人を探し出すと言い出す。軟禁状態に陥ったアリスたちは犯人を突き止めることができるのか、、、

  • 江神さんのことが少しは分かるのだろうか?

  • な、長いし進展はそんなに感じられない~。
    すごく読むのに時間がかかってしまった。
    でもEMCみんなの掛け合いがとても好きで、最初のアリスが運転するときの
    凸凹コンビの掛け合いにグッと来てしまったわ。
    今度は宇宙人がテーマなのね、壮大だわ。

    下巻を読みたくて少し流し読みをしてしまった箇所もあるけど、
    そのままの勢いで続く。

  • 記録

全99件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年大阪生まれ。同志社大学法学部卒業。89年「月光ゲーム」でデビュー。「マレー鉄道の謎」で日本推理作家協会賞を受賞。「本格ミステリ作家クラブ」初代会長。著書に「暗い宿」「ジュリエットの悲鳴」「朱色の研究」「絶叫城殺人事件」など多数。

「2021年 『こうして誰もいなくなった』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有栖川有栖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有栖川 有栖
有栖川有栖
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×