ほうかご探偵隊 (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社
3.64
  • (5)
  • (25)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 192
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488421090

作品紹介・あらすじ

ある朝いつものように登校すると、僕の机の上には分解されたたて笛が。しかも、一部品だけ持ち去られている。――いま五年三組で連続して起きている消失事件。不可解なことに“なくなっても誰も困らないもの”ばかりが狙われているのだ。四番目の被害者(?)となった僕は、真相を探るべく龍之介くんと二人で調査を始める。小学校を舞台に、謎解きの愉しさに満ちた正統派本格推理。解説=川出正樹

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小学5年生の4人が追いかける謎。教室に貼り出された絵が一枚だけ無くなる、ニワトリがいなくなる、バカでかいハリボテの貯金箱、縦笛の長い部分だけ無くなる。この4つの謎だけでワクワクする。小学生の調査、推理。頭を悩ませつつどこか楽しんでいる様子がいい。謎が解かれればそんなことか、なんで気づかなかったんだというようなもので大きなトリックが使われていないのも嬉しい。目を輝かせながら子供の好奇心が謎を追い真相を見つける。ミステリーの面白さが詰まった楽しい一冊。

  • 倉知淳さんを初めて読んだけど、文章もわかりやすく謎解きも明快で読後も爽快感!何より子どもたちの描写が生き生きしていて、スゴくいい。青い鳥文庫やフォア文庫みたいな、懐かしいジュブナイル的雰囲気が凄く良かったなー!もっと読みたくなった。

  • 小学五年生がここまでの謎解きができるとは思えないけどぐいぐい引き込まれてしまって面白かった。龍之介くんのおじさんとは猫丸先輩かもしれないね。

  • 関連性のない4つの「不用品」が紛失する謎に迫ったジョブナイルミステリ。どことなく児童文学めいた味わいがありながら骨子はガチガチの本格ミステリであり、特にニワトリ消失事件は小学校ならではの密室と言っても過言ではない。子どもの視点というのを存分に活かしており、子どもならではの突拍子もない動機や浅知恵が謎に上手くミックスされて、ほどよく解きにくい謎になっているのは魅力的である。また結末が陰惨ではなく、あくまで子どものちょっとした遊びの範囲内で収まるあたり、作者の人柄が窺い知れる。この日常を逸脱しない程度の非日常の謎という塩梅は絶妙である。あくまで空想的な物事に憧れる少年たちの日常として描いたのがこの作品のリアリティラインなのだろう。

    全体的に子供が読んでも分かりやすい内容になっており、文章も平易ではあるものの、大人が読むにはやや物足りなさを感じたのも事実である。特に本格特有のムダのない写実的な文章と小学生の語彙力が相まって馬鹿丁寧な作文を読んでいる印象だった。探偵活動に乗り出す小学生集団も無個性で、書き割りとまではいかなくともキャラクター性はかなり薄い。喋り方もそうだが、大人が小学生が読むことを想定して書いた小学生という感じが強くて、どうにも味気なく感じてしまった。その代わり、特異なキャラクターではないため鼻につくこともなく、作中の謎に集中できる。終盤、解いたと思った謎がレッドヘリングに過ぎなくて、背筋をゾッとさせつつも、二転三転しながら最終的にすべての謎が解かれて綺麗に風呂敷が畳まれる様はやはり本格ミステリの醍醐味であろう。できれば低学年〜高学年の小学生のうちに読みたい作品であり、子どもに安心して勧められる本格ミステリ、入門書としてはこれ以上の作品はそうはないだろう。

  • 安定の倉知さん。小学生のナゾ解きくらいにしか思ってなかったが、やはり、まさかの大どんでん返しがあった。学校での不可思議な出来事…放課後…何かが起こりそうな予感。考えただけでワクワクする。それを、見事に解明していくさまが、大人顔負けである。

  • いわゆる「ジュブナイル」という奴だが、作者が
    「大人が読むに耐えるよう書いた」と言う通り、
    なかなか楽しく読めました(^ ^

    とある田舎の小学校で起きた「不可解な連続事件」を
    小学生の主人公達が解き明かしていく話ですが...
    謎解きが二重三重にひねくってあって、
    最後はどんでん返しの連続(^ ^

    まぁ、元々の事件がそれほど大事でもないし、
    「スケール感」は無いが、謎解き要素は楽しめる。
    空回りしてばかりの委員長とか、徘徊する保健の先生とか
    登場人物もなかなかに魅力的(^ ^

    ...私がなぜこれを買ったのか、がよく分かりませんが(^ ^;
    楽しゅうございました(^ ^

  • なかなか良くできたミステリーだった。ニワトリ小屋の鍵が物語の鍵なのはすぐにわかるけど、あのオチは読めなかった。ちゃんと伏線は張られてるのに。

  • 2017/11/21 ジュンク堂神戸住吉店にて購入。

  • ある朝いつものように登校すると、僕の机の上には分解されたたて笛が。しかも、一部品だけ持ち去られている。―いま五年三組で連続して起きている消失事件。不可解なことに“なくなっても誰も困らないもの”ばかりが狙われているのだ。四番目の被害者(?)となった僕は、真相を探るべく龍之介くんと二人で調査を始める。小学校を舞台に、謎解きの愉しさに満ちた正統派本格推理。

  • 子供向け。
    謎解きなどもまあまあで、読後感はよい。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年静岡県生まれ。日本大学藝術学部演劇学科卒業。1994年、『日曜の夜は出たくない』で倉知淳として小説家デビュー。1997年、『星降り山荘の殺人』で第50回日本推理作家協会賞(長編部門)候補。2001年、『壷中の天国』で第1回本格ミステリ大賞(小説部門)受賞。2002年、「桜の森の七分咲きの下」で第55回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。

「2013年 『シュークリーム・パニック ―Wクリーム―』 で使われていた紹介文から引用しています。」

倉知淳の作品

ほうかご探偵隊 (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする