名探偵に薔薇を (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社
3.81
  • (149)
  • (223)
  • (179)
  • (32)
  • (6)
本棚登録 : 1417
レビュー : 220
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488423018

作品紹介・あらすじ

創作童話『メルヘン小人地獄』をなぞるように発生した事件を名探偵が推理。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015.1.25(土)読了。
    ミステリー小説を探して、すごく評価されているようなものを読んで、それなら読んでみようと購入。期待が大き過ぎたのか…はたまた私が読み崩せなかったのか…ヒットしませんでした。2部は面白いかな?と思ったけど、二転三転し過ぎです。最後も取って付けたような気さえします。残念だー。残念です。

  • 読破するとタイトルの意味が分かる、といったことが帯に書いてありましたがすいません、読み取れなかったのか、理解できませんでした。
    そもそも、なぜ一昔前の言葉遣いとか言い回しが必要なのでしょうか? 舞台、現代ですよね? 昭和初期とかじゃないですよね? なんで??
    もう、読んでる最中から疑問符ばっかりが頭の中を飛び交ってて仕方がなかったw
    三橋と瀬川(名探偵?)の関係性が、どっかで見たこと(読んだこと)があるような気がして仕方なかったし。確か「空の境界」や「DDD」とかの奈須きのこ作品で、似たような関係性の男女があったような・・・
    つか、自他共に認める天才=名探偵で自称もしていてそれを業のように負っている、そのわりには自分が絡んだ途端に思考が回らなくなるとはこれいかに?(つまり、肝心要の2部での ていたらく っぷり) それで『名探偵です』って名乗ってていいのか?とか、ツッコミどころがありすぎw

    解説文を読んで、ようやく2部構成の意味が分かりましたが(なぜそうしたのか、そうなったのか、という点だけは)、付け足されたお話だという1部の方が、正直まだマシだったような気がしました。肝心の、それも先に書かれたという2部の方が、どうにも馴染めなかったのでw
    結果としては、同作者さんの別の作品や新作を読んでみたいという気は少しも起こりません。残念。

  • 名探偵役の瀬川みゆきの性格・言動や、使い方によっては完全犯罪が可能な毒物「小人地獄」の設定が非現実的過ぎるのですが、そこに違和感を覚えることなく、意外なほどすらすらと読み進められます。

    その原動力となっていたのは間違いなく帯の煽り文句。「第一部で読むのを止めないで……」「衝撃を与える脅威の二部構成」と書いてあれば、第二部に驚くべき展開を期待しちゃうわけで。

    ただねぇ「第二部に“何か”ある」と思って読んでいたら、それに対して構えて読んでしまうので、よほど驚異的な何かがなければビックリできないっすよね。

    案の定、真相が分かったときもそれほどの驚きはなく、期待感のわりにアッサリとした読了感。さらには、帯に「タイトルはこれ以外ありえない!」とデカデカと書かれていますが、何か読み落としてるのか、私の脳スペックがチープなせいか、サッパリ意味が分からなくてモヤモヤしてます。

    過剰に煽る帯がなければ印象違ってたのかなぁ。けれどそれがなければ真相に興味津々で読み進められなかったかもしれないし…… と、いろんなことでモヤモヤさせられて困った本でした。

  • 帯の謳い文句で損をしている作品のひとつ。

    第二部で驚天動地の展開が待っている…くらいの煽りっぷりだったと思うが、読了してみるとそんなことは特にない。

    別に作品の質が悪いとか面白くないというわけではなく、もちろんミステリとしての体裁は整っていて、個人的にはこの結末好きである。
    しかし、帯の煽り文句で読み始めからハードルが高かったこともあり、正直拍子抜けしてしまったことも事実である。帯の文句など、たしかに大抵誇張著しいのでそのまま受け取ってよかったことなどそうそうなかったから、そもそもの構え方に問題があったのだといわれればおっしゃるとおりなのではあるが…。(どのくらい高いハードルだったかといえば、二度読み必須なのではとわくわくするくらいの高さであった。)

    この結末だったら、「名探偵に薔薇を」でなくて別の花でもよかった気がする。

  • 一部の話が好みだった。
    致死量の20倍以上の量を摂取すると苦味を感じてすぐに吐き出せば死なないってあったけど、口の中に残りそうなものだしそんなに致死性が高いのにそんなにうまくいくもんなんだろうか。

  • お勧め度:☆7個(満点10個)。とりあえず、積ん読本になっていた小説でした。でも、設定といい、構成といい、良くできているなあと思います。解説にもあったように、第2部の方が先にできていたんですね。
    内容的には、第1部が前振りで2部が本編とういう形は面白いと思った。それに、1部の毒々しさに対して2部での名探偵「瀬川」の苦悩の対比が面白い。真実を追究すれば必ず、不幸が生じる探偵ミステリーにとって、これほど真に問題意識を持たせる小説はないと思う。ラストの二転三転は面白かったが、彼女の苦悩の方が勝っていた気がした。

  • 誰かが書いていましたが、理想の毒薬の最も下手な使い方という点が面白かった。第2部は本当に切ない

  • いやぁ、見事にしてやられた。もうこの言葉に尽きる。
    まさか第一部が第二部の布石だったとは思わなかった。
    第二部のための第一部だったと言っても過言ではない。
    自分が読んだ中で、今年一番のミステリー小説だった。
    チラッとなかなかのミステリー小説だというのは見たが、予想以上に本格ミステリーだった。

    第一部は、鶴田が際立ち過ぎてなんとなくではあったが、真犯人が鶴田であると分かった。
    でも、第二部ではその第一部での瀬川の活躍という先入観があったからこそ、瀬川の推理こそが真実たり得るのだと思っていた。
    そればかりに真相を全く見抜けず、瀬川同様、どんどん明らかになる事実に三橋の掌の上で転がされてしまった。
    瀬川の推理こそが物語の真実だと思っていたから、まさか単純に鈴花ちゃんが殺人を犯したとは…。
    それに動機も殺害に至るまでの経緯も明らかになればどうということでもなく、よくある悲劇的なものだった。
    まあでも、女性である瀬川に惚れていたってところはちょっとだけ特殊なことになるか。
    異性であれば本当によくある動機だった。
    恋しい人に会いたい、という。
    経緯も、単純に容量を把握してなくて誤った量を使っただけで悲劇が起こってしまった。
    構成力が見事過ぎた。

    瀬川の過去も悲劇的だよなぁ。
    まさか実の妹が名探偵になるきっかけの事件の渦中の人物だったなんて。
    てっきり友達とか入れ込み過ぎた事件の人かと。
    もっと瀬川の話が読みたい。
    過去のでもいいし、今後のでもいいし。

    これシリーズ化してくれないかなぁ。
    とにかくなんでもいいから続編なるものが読みたくて堪らない!続編求む!
    最後の瀬川が切なすぎて、救いを与えてほしい!

  • 第一部よりも、第二部の方がスピード感があり、さらに人間的なドラマがあるが故に、名探偵と称される瀬川も惑わされている。ラストでは自分の存在意義をもとめて名探偵であろうとする彼女の「助けて」という悲鳴にも近い声がありありと聞こえる、気がする。
    私は単純なので、ミステリを読むとき挑戦はできない(そもそも謎解きの楽しみは求めていない)のだけれど、先入観だけは捨てて読もうと決めている。が、今回も無理だった。結局、人は見たいものしか見れない、そこを突くのが、ミステリ作家の腕でもあるのか。
    タイトルは謎。作中に登場する少女を百合に例え、それにかけて何か花をもってくるのであれば、名探偵にこの世界が少しでも優しくあれ、という意味を込めてせめて棘のない花を選んで欲しかった。たとえば「名探偵にたんぽぽを」とか。(うーん。タイトルとしてはいまいちだ)
    誰かすっきりする答えを教えてください。
    それにしても、帯はよろしくないかと。解説の最後もまた然り。

  • 小人地獄という特異な猛毒を巡って起こる事件。
    1部は2部への伏線と主要登場人物の説明といった感じで、1部のおかげで2部は物語にすっと入っていけた。
    どんでん返しに次ぐどんでん返しで、後半はスピード感があって面白かった。続編 を出して欲しい作品。

全220件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【城平京(しろだいら・きょう)】
奈良県出身。代表作に漫画原作『絶園のテンペスト』『スパイラル~推理の絆~』、小説『虚構推理 鋼人七瀬』『名探偵に薔薇を』など。2016年に待望の最新作『雨の日も神様と相撲を』を発表。

「2018年 『虚構推理(8)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)のその他の作品

名探偵に薔薇を Kindle版 名探偵に薔薇を 城平京

城平京の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
ZOO
乙一
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする