退職刑事〈4〉 (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社
3.22
  • (2)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 62
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488434052

作品紹介・あらすじ

古本屋で入手した本がどうも気になる、と推理作家の椿さん。それは友人の宗像氏にサインして渡した自著で、中に「やはり殺すことにしよう」等々、物騒な書き込みがある。宗像氏は二年前に自殺、彼の妻も亡くなって久しい。自分の本を読みながら友人が妻殺しを計画したんじゃないかと椿さんは鬼胎を抱くわけだ。退職刑事の父と現職刑事の私、そして推理作家が額を鳩めた結果…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2003年3月14日、初、並、帯無
    2016年5月3日、伊勢BF

  • 5巻へ

  • 『連想試験』犯人から出された「風呂敷」「キングコング」の連想問題(笑)難しい(--;)
    『夢うらない』犯人がみた夢から事件の真相を(笑)
    『殺人予告』謎の殺人予告を受け取り殺害された被害者(笑)これも難しい(--;)
    『あらなんともな』椿さんの友人の遺品である小説を完成させる。椿さんへの挑戦状だね。
    『転居先不明』転居先不明のハガキを持って殺害された被害者。更にその被害者の息子も転居先不明のハガキを持って殺害される(笑)なかなか面白かった(笑)
    『改造拳銃』過去の事件の真相が。チョット意外な展開真犯人が面白かった。
    『著者サイン本』
    『線香花火』

  • ちょっとお約束からはずれました?現職さんと退職さんの私生活が気になります。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1929年東京都生まれ。10代より様々な筆名で小説を発表。〈EQMM〉初代編集長。2001年、『推理作家の出来るまで』で第54回日本推理作家協会賞、02年、第6回日本ミステリー文学大賞受賞。03年没。

「2015年 『不思議の国のアリス ミステリー館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

退職刑事〈4〉 (創元推理文庫)のその他の作品

都筑道夫の作品

ツイートする