結ぶ (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社
3.94
  • (28)
  • (30)
  • (20)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 472
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488441036

作品紹介・あらすじ

彼岸此岸もわからぬ場で「縫う―縫われる」行為を考察する独白が、異様な最後の一行で結ばれる表題作ほか、単行本未収録作4篇を加えた18編の幻想小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幻想小説短編集。文庫版では未収録作品も増えて、豪華な印象です。シュールでグロテスクで、そして何よりも美しい作品ばかり。どこをとってもうっとりさせられてどっぷりと浸れます。
    お気に入りは「心臓売り」。ここに出てくる「○○売り」って、奇妙でどこかしらノスタルジックにも思えます。しかも心臓って! だけどそれがすっと入ってきて、自然に情景の浮かぶのが不思議であり凄いところかも。
    「花の眉間尺」は、ユーモラスな物語。いちいちツッコミが入るので軽いテンポでぐいぐい読めるし、可笑しな話なのだけれど。最後まで読むと……こんなに怖い話だったのか!
    新規収録分では「メキシコのメロンパン」が好き。これもユーモラスに思えたけれど、かなりブラックでした。

  • 「そこは縫わないでと頼んだのに、縫われてしまった。」
    何?その出だしの文章は!!!いきなり先制パンチを食らった気分。これは読みたくなる導入部分だわ。
    18篇もの短編集で、1作目が表題作なのだが、この最初の1行で完全に持っていかれた感がある。
    そして読み終わってみれば、美しい流れるような文章なのに結構グロいことが書かれてたんじゃないですかー!という驚愕。
    1篇1篇はごくごく短いが、いい意味で疲れる1冊だと思われる。情景を想像しながら読むのに結構頭を遣った気がする。(笑)
    ミステリなの?ホラーなの?でも全編通じて非常に耽美。
    私は夢を見ていた?まだ夢の中にいる?…そんな感想でした。

  • 18篇(!)の短編(SSと言うべきかな?)が収められた短編集です。書かれたのは1998年ですが、なかなか文庫化されなかったそうで、今回、同時期に書かれた未刊行短編4話を加えての文庫化となったそうです。

    全体の感想としては、あとがきにもあるように皆川博子らしい幻想小説集(最も高く評価されているらしい)ですが、幻想的な世界観は共通しているものの、背景も語り手も一切不明な話から語り部が精神的に混乱している話、この世界とは別の世界(未来?)の話など様々な種類の話が収められていて面白いです。
    ゾクゾクというかゾゾーっというかホラーとはまた別の怖さがあり、次はどんな話なんだろうとドキドキしながら読みました。

    ・結ぶ
    読み始めてすぐ「え?えっ?」と思ってしまいました(笑)何がどうなっているのかさっぱり!
    背景も経緯も語り手の素性も状況もほぼ説明がないのに、アルマジロの説明は辞書から引用してあるという・・。
    球体にしたいのなら語り手が言うように背中を丸める方がいいのにな~でも背中は何もないから乳房がある方がいいと思ったのかしら。
    全然望みませんが、どちらかというと縫われる方がいいです。(どっちが痛くないのでしょうか・・・)

    ・湖底
    ロマンチックなお話でした。『断ち割られた黒い器ーわたしは頭蓋を連想したーから溶け流れた宝石が溢れでている』(P33からの引用)という絵を見てみたいです。

    ・水色の煙
    このお話好きです。ただ魔術師の話が「寓意がずいぶん露骨な物語」ということですが、露骨な寓意がわたしにはわかりませんでした・・・。

    ・城館
    このお話も好きです。わたしの中では水色の煙と同じ区分です。
    何度から出てきたおねえさんは一体誰なんでしょうか・・・。

    ・水族写真館
    読んでいて姑獲鳥の夏を思い出しました。
    放火、好きですよね(笑)

    ・レイミア
    ひよこ・・。
    地面に落ちたひよこの毛のふわふわした感じから栗が詰まったぶつぶつした皮膚の手触り、折れた足、動かない目もひからびて青みがかったカサカサの皮膚も想像できてとても気持ち悪いです。
    血なまぐさい描写よりよっぽど不快感があります。
    詩的な雰囲気なのにレーサーだけが妙に浮いている・・。

    ・空の果て
    袋の中に入ってたいたのは魂だったのですかね。
    袋がなくなってしまったら帰ってくるところはあるんでしょうか。

    ・川
    映画とか戦争とか義眼とか作家とか象徴的なモチーフが多く出てくるのにタイトルが川で良いのか?と思ってしまいました。
    これは水族写真館と同じようにループするのですね。
    果たしてどこまでが映画の話なのか。

    ・U Bu Me
    ホラーじゃないですかああ(苦手)
    放火と妊娠は幻想小説のマストアイテム・・と思えてきた。

    ・心臓売り
    いちばん好きな話かもしれません。
    この世界のようでいて、資源の乏しい未来のようであって、ぜんぜん違う世界なのかもしれない。
    LとDって何の略だろう。

    ・薔薇密室
    フンフンと読んでいたのですが、最後でぞっとしました。
    本当は恋人はパリから戻ってきていっしょに住んでいたのではないのか?そのまま歳をとって彼女は現実と自身の妄想の区別がつかなくなったのではないか?挙句の果てに妄想の方を現実だと思い込み、恋人を殺してしまったのではないか?
    怖いです。

    ・メキシコのメロンパン
    幽霊とお茶してるって設定が奇天烈なのに、その場の話の内容が滑稽すぎる。

  • 「思いっきり濃密なの読みたい」と思った時のために半年寝かせてたこれ、とうとう読んじゃった。あぁ、うっとりした。素敵だった。美しく残酷で狂おしくて悲しい幻想小説集。特に好みだったのは<結ぶ><レイミア><花の眉間尺><UBuMe><心臓売り>。溺れるように引きずり込まれるように、皆川さんの幻想世界に叩き落された。苦しくて幸せ。

  • 『結ぶ』、文庫化、万歳!しばらく積んでおくつもりが、どうにも我慢できず読んじゃいました。内にこもればこもるほど広大な空間がひらけると知ったものが、どうして、浅薄な外界に出ていくの−幻視と幻聴。幻を大事に抱えて、あるいは幻に引きずられてゆらゆらと水底に堕ちていくようなお話。堪能しました。

  • どれも読み応えがあってなんとも贅沢な短編集でした。とにかく最初の「結ぶ」のインパクトは絶大。こういうのは何かの暗喩だとかいちいち考えずに、奇妙さもまるごといったん受け入れてしまうほうが個人的には面白い。

    同じ時間をループしているかのような「水族写真館」や、映画と現実がひとつながりになってやはりループする「川」は騙し絵のようで、老舗旅館の女同士のどろどろかと思いきや時空間を越えてくる「空の果て」は、SF的なニュアンスもあったり、捜神記に題材をとった「花の眉間尺」はグロテスクでエロティック、「薔薇密室」(※同名の長編とは無関係)は恋愛の狂気、かと思えば「蜘蛛時計」あたりは外国のホラーのようだったり・・・と次々色んなタイプの幻想が飛び出してくるので、全く飽きません。

    基本的にはハズレなしですが、お気に入りはやはり「結ぶ」と、死者目線の「水色の煙」、背景を想像させる「城館」、そして金魚や氷と同じように当たり前にやってくる「心臓売り」。作家の確かな文章力と独創的な想像力が合わさると、小説の可能性というのは無限だなあと思わされます。

    ※収録作品
    「結ぶ」「湖底」「水色の煙」「水の琴」「城館」「水族写真館」「レイミア」「花の眉間尺」「空の果て」「川」「蜘蛛時計」「火蟻」「U Bu Me」「心臓売り」「薔薇密室」「薔薇の骨」「メキシコのメロンパン」「天使の倉庫(アマンジヤコ)」

  • 面白かったです。
    昏く鬱々とした湿度の高い短篇が18篇。
    どれも素敵な空気でした。
    始めの「結ぶ」から心を掴まれ、特に「水色の煙」「花の眉間尺」「心臓売り」「薔薇密室」「薔薇の骨」が好きでした。
    「骨は長い時間経つと水になる」は「薔薇の骨」からだったのか。
    そして「湖底」は、皆川さんと綾辻行人さんが初めて会う、というときのエピソードに似てるなと思いました。綾辻行人さんの「時計館の殺人」の解説で皆川さんが書かれてたエピソードなので、それに着想を得られたのかな、と。そのエピソードも面白かったです。その後別の日にお会いできて、アリスのお茶会をされたそうです。この言葉の選び方かわいい。
    皆川さんはミステリーもよいですが、幻想小説も堪らなく好きだなと改めて思いました。

  • 面白いけど響かずむねん

  • 圧巻の一言。皆川作品は短くなればなるほど凄味と切れ味が増す。
    新たに四篇加わり、その妙味を噛み締める。

    儚さと残酷、潜む意地悪が瑞々しい……
    触れたら指に刺さって毒が回りそう。

  • 彼岸此岸もわからぬ場で「縫う―縫われる」行為を考察する独白が、異様な最後の一行で結ばれる表題作ほか、単行本未収録作4篇を加えた18編の幻想小説。(表紙裏)

    結ぶ
    湖底
    水色の煙
    城館
    水族写真館
    レイミア
    花の眉間尺
    空の果て

    蜘蛛時計
    火蟻
    U Bu Me
    心臓売り
    薔薇密室
    薔薇の骨
    メキシコのメロンパン
    天使の倉庫

    連続して読んでいると、さすがにネタ被りが増えてきた(特に結)。
    それでも読むのが止まらないのは、言葉遣いや雰囲気なのかなぁと思います。
    川、空の果てが特に好み。

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

皆川博子(みながわ ひろこ)
1930年旧朝鮮京城生まれ。73年に「アルカディアの夏」で小説現代新人賞を受賞し、その後は、ミステリ、幻想小説、歴史小説、時代小説を主に創作を続ける。『壁・旅芝居殺人事件』で第38回日本推理作家協会賞(長編部門)を、『恋紅』で第95回直木賞を、『開かせていただき光栄です‐DILATED TO MEET YOU‐』で第12回本格ミステリ大賞に輝き、15年には文化功労者に選出されるなど、第一線で活躍し続けている。著作に『倒立する塔の殺人』『クロコダイル路地』『U』など多数。2019年8月7日、『彗星図書館』を刊行。

結ぶ (創元推理文庫)のその他の作品

結ぶ 単行本 結ぶ 皆川博子

皆川博子の作品

結ぶ (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする