アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社
3.88
  • (4722)
  • (5805)
  • (5149)
  • (535)
  • (137)
本棚登録 : 49917
感想 : 3870
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488464011

作品紹介・あらすじ

引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は-たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!注目の気鋭が放つ清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 先日読んだフーガはユーガの中で、伊坂幸太郎さんの作品が苦手だと書いてしまったのだが、伊坂幸太郎さんの何が苦手なのかを突き止めたく購入した第四段!!


    ずいぶん時間が経ってしまいました(^◇^;)
    こちらもまことさんにご紹介頂き、即ポチっていた。

    、、、のだが、伊坂幸太郎先生、やっぱり苦手意識があってそのまま積読状態に。
    意を決して読み始めた!


    最初訳わからないまま物語が始まっていくのだが、本当わかんないよねー。
    何なんだろ?変な人ばかりだし。
    人間っぽくない登場人物多いし(^^;;

    この変な感じが伊坂幸太郎先生を読みにくいと思う一因なのだろうか??

    でもやっぱり伊坂幸太郎先生は哲学的だなぁと思う。何ヶ所も哲学的だなぁと感じた。


    オーデュボンより、こちらの方が好みでしたo(^▽^)o



    物語は2つの軸から語られる。
    2年前と現在。

    ここから先はネタバレ有りですm(_ _)m
    気をつけなはれや!(^-^)









    二年前軸は、琴美とブータン人ドルジ、そして琴美の元カレ、河崎の物語。
    ペットショップに勤める琴美は、ひょんなことから動物虐待の犯人と接点が出来てしまう。
    そこから彼らに狙われることに、、、、

    河崎は見栄えの良いイケメン男。
    琴美はほんの少し、河崎と付き合っていたのだが、現在はブータン人のドルジと暮らしている。

    ドルジは河崎から日本語を勉強する。
    琴美は動物虐待の犯人から狙われる。
    河崎は重たい病気に感染する。



    現在軸は河崎と椎名。
    同じアパートに暮らす二人。
    椎名が引越してきた日、いきなり河崎から広辞苑を盗む為に、書店を襲うことになった。

    何で!?
    何で広辞苑ごときで書店襲う!?

    ペットショップの麗子さんのおかげで、二つの物語は重なっていく。





    これも所謂叙述トリックと言えば叙述トリックかな?

    現在の河崎と、二年前の河崎さ別人だったのだ。

    • どんぐりさん
      苦手でも手に取る探究心が素晴らしいです!!
      苦手でも手に取る探究心が素晴らしいです!!
      2024/07/13
    • bmakiさん
      一休さん

      一休さんはたっぷり稼いでくださいm(_ _)m
      可愛い息子が素敵な読書感想文書いてくれるので、それを励みに、、、m(_ _...
      一休さん

      一休さんはたっぷり稼いでくださいm(_ _)m
      可愛い息子が素敵な読書感想文書いてくれるので、それを励みに、、、m(_ _)m


      伊坂先生お休みは許してもらえるんですね╰(*´︶`*)╯
      2024/07/14
    • bmakiさん
      どんぐりさん

      探究心というより、多分嫌いではないからかもしれません。
      ひょっとしたら好きなのか!?(笑)
      どんぐりさん

      探究心というより、多分嫌いではないからかもしれません。
      ひょっとしたら好きなのか!?(笑)
      2024/07/14
  • 20年前の伊坂幸太郎さんの作品。
    今読んでも決して古めかしさ等全くなく、俗に言われるこの「伊坂ワールド」が今の時代の流行の中心にあるのでは?と感じさせられるほどだった。

    「アヒルと鴨」と隠喩している人物像のバランス関係がお見事。
    この物語、この独特で個性的な登場人物達をまとまりのある作品にしている作者の力量もやはり凄いと感じた。

    そしてなんといっても感情や会話からの明るく爽快なポップさが最高。
    駄洒落に似たような軽快なセンスの良い言葉達が飛び出して踊り狂っている様。毎回思うが凄くお洒落でカジュアルに感じる。

    ストーリーも独特の展開、広辞苑一冊の強盗という意味不明な始まり方。
    そこからの展開、色濃い登場人物が躍動しながらの結末、素晴らしかった。
    読まされるとはこういう事かと感じさせられた。


  • 現在と過去(2年前)を行ったり来たり!って進み方。
    いきなり、辞書(広辞苑)を強盗!
    んっ?何やねん?いきなり?訳わかめ?
    ってのが色々…
    後半、段々と伏線回収。
    あっ!そういうことか!
    と騙されてる…
    まぁ、真実は明らかになるけど、なんか悲しいね…
    ブータンで、信じられてるようになって欲しいと切に願う!
    これ、動物虐待もあるから辛い…うちも犬飼ってるから、こんなの許せん!

    「楽しく生きるには二つのことだけ守ればいいんだから。車のクラクションを鳴らさないことと、細かいことを気にしないこと。それだけ」

  • 引き込まれる展開…うーん読ませる!
    やはり、さすが伊坂幸太郎さんですね。

    登場する人物それぞれの悲哀が淡々と描かれているのに、その背景がなぜかすごく気にかかる。
    物語全体としては哀しい結末とも言えるのだけど
    でも妙に納得させられてしまう。

  • またまた伊坂幸太郎さんの素敵な作品に出会えて嬉しい。
    センスあるセリフが盛りだくさんで伊坂節をたっぷり味わえるので、個人的に好きな作品の上位に浮上!

    物語は、大学進学で東京から東北にきた主人公:椎名目線の〔現在〕とペットショップで働く:琴美目線の〔2年前〕に分けて描かれている。
    〔現在〕では、椎名がアパートの隣人:河崎のペースに乗せられて関わっていく2人のやり取りが面白く、〔2年前〕では琴美がとある事件に巻き込まれてしまい、ヒヤヒヤしながら読み進めた。

    素敵な言葉も物語全体も読み進めていくと見事に伏線回収されて出所がわかり、切ないけれどじわじわと心に響く。

    〔2年前〕の物語では、主人公:琴美の同居人としてブータン人のドルジが登場する。ブータンといえば「幸福度が高い国」のイメージしか知らなかったけれど、考え方や穏やかさは読んでいてほっこりした。
    「すべての生き物は死んだら生まれ変わる」という考え方はステキだけれど、急に親しかった人と会えなくなって1人になったらやっぱり悲しい。

    自分の身に起きた経験を通して前向きに変化できる場合もあれば、どうしていいか分からず立ち止まってしまうこともある。過去に耳を傾けて心の中にはいつまでも思い出を残しながらも前に踏み出すきっかけができるのは良いことだ。

  • ミステリー書評
    読書レベル 初級〜中級
    ボリューム 363頁
    ストーリー ★★★★
    読みやすさ ★★★
    トリック  ★★★
    伏線・展開 ★★★★★
    知識・教養 ★★★
    読後の余韻 ★★★★
    一言感想:ミステリ好きの方、騙されたい方にオススメの作品です。

    面白い!けど、全体的に暗めな話なので好き嫌いは分かれそう。「現在」と「2年前」のパートが交互に構成されたミステリ。最後の方で明かされる真実は、最初から散りばめられた伏線によって途中で気付ける可能性が大なので、ミステリの力試しに読んでみる価値も十分あります。

  • 色んな紹介コンテンツで目にし、逆ソクラテス読んで伊坂作品をもっと読みたいと思い、今回手にしました。

    タイトルの意味不明さもどんな話かと興味を掻き立てられた理由かと思います。

    現在と2年前が交互に語られ、著者のウィットに富んだ文章が面白いと思わずにはいられませんでした。

    読み終わるとタイトルも納得。

    私にとって良い本とは、、、内容もさることながら早く先をを知りたいといかに思わせてくれるかってことだなと改めて感じた一冊です。

    つまり、伊坂作品好きですね。

    椎名のお母さんの「バイバイキーン」が虚をついて出てきたパワーワードでした笑

  • 人間は死んでも生まれ変わるだけだから、悲しくはない。
    でも、大切な人たちに置いていかれたら、ひとりぼっちになってしまったら、やっぱり悲しいよ。
    必ずいつか来る人を待つよりも、会いにいけるのがいつになるか分からず取り残される方が寂しいんだと思う。
    二年前から立ち止まったままの彼の時間軸に風穴を開けたのは、彼らの物語に何の関係もなかった椎名。動き出した時間は、他人から見たら決して良い方向へ転がりだしたのではなかったけれど、でもひとりぼっちの彼にはやっと訪れた救いになったんだと思う。

  • 「葉桜の季節に君を想うということ」
    を読み、叙述トリックって面白い!
    ってなって次に読んだ作品。

    葉桜のせいで?叙述トリックのハードルが
    高まった事実があり、衝撃が少なく感じて
    しまったのは否めないかなぁ。

  • ザ伊坂作品と言える作品のひとつと思います。評価高い作品と知りながら、かなり放置してしまっていたことを反省します。登場する人物達の掛け合い、会話のやりとりが本当に好きです。あー、きっとこの先良くない事が起きてしまうんだろうな、という不安的要素と、恐らく何か仕掛けが用意(伏線となる会話や行動)されているはずだという期待感、読んでいてそんな両方の心境が交錯する中で、2年前と現在の話しが交互に進んでいくわけですが、、、案の定、なるほどー、そうだったのか!と思わされる展開に。。。
    切なくもあり、ハートフルさもあり、何より伊坂作品ならではの伏線と回収あり、繰り返しになりますが登場人物達の会話の掛け合いが本当に面白い。
    動物の虐待がちょっと腹立たし過ぎるけど、またひとつ好きな伊坂作品が増えました。読んで良かったです。原作読んだので、やっと映画も見れます。

全3870件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で、「新潮ミステリー倶楽部賞」を受賞し、デビューする。04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で、「吉川英治文学新人賞」、短編『死神の精度』で、「日本推理作家協会賞」短編部門を受賞。08年『ゴールデンスランバー』で、「本屋大賞」「山本周五郎賞」のW受賞を果たす。その他著書に、『グラスホッパー』『マリアビートル』『AX アックス』『重力ピエロ』『フーガはユーガ』『クジラアタマの王様』『逆ソクラテス』『ペッパーズ・ゴースト』『777 トリプルセブン』等がある。

伊坂幸太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂幸太郎
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×