赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社
4.01
  • (280)
  • (359)
  • (207)
  • (24)
  • (5)
本棚登録 : 2641
レビュー : 285
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488472023

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっと、読み終わりました~っ。

    戦後の昭和から平成の今までを生き抜いた、女三代の生き様を書いた小説です。

    あとがきにもあったけど、有吉佐和子さんの『紀ノ川』みたいな感じをミステリー調に仕上げた本だな~。
    でもミステリーというよりは、ドラマを読んでる感じ。

    社会背景を踏まえながら、その時代に生き抜いた女の有様とその女に絡んだ男の生き様をとてもよく表現してると思う。
    物語は一見すると淡々と語られてるように感じるんだけど、要所要所でスパイスが効いてて私は楽しめた。

    私の時代は毛鞠を一緒なんだけど、読んでると万葉の時代がとても面白かったし、この本は彼女を中心に書かれてる気がするな~。
    一番つまらなかったのは、瞳子の時代。

    ミステリーさは、ほんとに最後の方にしか出てこないんだけど、でもこれはやっぱりこの長い前置きを読んでからじゃないと分からないんだな~。
    仮に「万葉が殺した」という死体の正体が早々分かっちゃっても、当人の心理描写や万葉との関係は、最後読むまで分からない。
    なんか、最後は胸があつくなった。
    最後、やられたな~~~。

  • 昔の話でなんだか現実だか幻想だかわからないような不思議な話が読みたい、とつぶやいたら友達が貸してくれた。
    たしかにそれっぽい。
    読みごたえもあって、時々出てくる文章にはっとさせられる。

    あらすじ
    ”辺境の人”に置き忘れられた幼子。この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれ輿入れし、赤朽葉家の”千里眼奥様”と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。――千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもないわたし。旧家に生きる三代の女たち、そして彼女たちを取り巻く一族の姿を鮮やかに書き上げた稀代の雄編。

  • 題名から推測されるように、おどろおどろしい脚色でありながら、尚且つどこかコミカルな雰囲気もある長編小説です。伝説とあるように時代背景は1950年代、場所は山陰地方の辺境と称される一帯が話の発端になります。語り手は、この地で財をなした旧家、赤朽葉の系統者であるわたし、赤朽葉瞳子、彼女はその祖母、赤朽葉万葉の生きた時代、その母、赤朽葉毛毬の生きた時代、そして今の自分のことと、過去から未来に向けて三代に亘る一族の尋常ではない軌跡をたどります。
    祖母の万葉の超能力ともいうべき、「千里眼」、10歳の少女がその時視えた未来がこのお話をひもとく鍵になっています。
    祖母や母、その兄弟友人など登場する人物も多く、さらに時代の移り変わりと共にその時代の出来事などの記述も多いので、散漫になる部分も否めませんが、祖母、母も亡くなり、残ったわたしが、祖母の「遺言」ともいうべき言葉の謎を探る辺りになると、急に視界が開けた感じになります。

  • 戦後から現代までの日本を軽快に描いています。
    人が時代を動かしているのではなく、
    時代に人が翻弄されているように感じました。
    「ようこそ、ビューティフルワールドへ」という台詞は胸にくるものが…。
    旧家に生きた祖母、母、わたしと続く三世代の物語です。
    面白おかしくもあり、赤朽葉家の人々のつながりや生き様に、
    じんときたりします。
    近代から現代にかけての歴史的背景を織り込みつつも、
    伝説とか神話が似合うファンタジーで、とても読み応えがあり、
    濃密な時間を過ごせました。
    時代の大きなうねりと主人公の生きざまが自然に
    リンクしている迫力あるエンターテインメント小説です。

  • 桜庭一樹さんの本は何冊か読んだけどその中でダントツで好きな本。
    スピンオフの製鉄天使も読んでみたい。

  • 万葉、毛毬、瞳子。旧家赤朽葉家に生きた三代の女たちの物語。

    桜庭一樹さんの描く世界は本当に美しい。
    文章ひとつを取ってもため息が出るくらいだ。
    特に万葉の世界はどこか空想的で、体が宙を舞う感覚におそわれた。
    それに比べ、毛毬と瞳子の世界が妙に現実じみていて、どこか違和感を感じた。
    その違和感のせいか、ラストはありきたりな話のように思いながらも、今までにない切なさを感じるという、複雑な気持ちになった。

    空想が当然で現実がおかしい。
    この話はそんな物語なのかもしれない。

  • 惜しいなー。最後、三代目のはなしは、残念ながら、蛇足っぽい気がしてならない。そこんとこよろしく、で終わってよかったんじゃないのかな。

    泪、孤独、鞄に毛鞠を産み育てた万葉の一代記、戦後日本の社会と世相を、平成世代の孫の口を借りて語るというのはうまいと思う。万葉を嫁にとったおんな恵比寿様をはじめ、魅力的なキャラクターがたくさん登場する。

    それが第三部になると、途端にスケールがちいさくなり、全てが色褪せてしまう。「自分はこの家に(或いは担うべき役回りに)ふさわしくないと悩む独白がくりかえしでてくるのだが、あまりにもドンピシャなため、そのとーりだよ、早くひっこめば?と思ってしまうのは否めない。

    伝説は伝説のままでよかった。スケールのでかい話だっただけに、終章のご都合主義的まとめ方がとても残念。

  • 山陰地方鳥取県の旧家赤朽葉家を舞台にした女三代記。
    ここがすごく面白いという物ではなく、全体小説として
    とても楽しめた。
    時間を置いて再読したい。

  • 祖母、母、孫娘の3代記。祖母はサンカの末裔で千里眼。母はレディースあがりの少女マンガ家。ジョジョのようで面白い。

  • 2017年、36冊目は桜庭一樹。ハードカバー出た段階で気になってた一冊。

    製鉄業で財を成した旧家、赤朽葉家。そこにまつわる、女史三代の物語。

    『ヤられたわ』が最初の一言。メチャクチャ面白いじゃん。

    全体を貫くミステリー要素は正直、どぅでもイイ。千里眼を持つ祖母。伝説のレディースを率いていた、売れっ子漫画家の母。今は何者でもない私。紡がれる戦後~の歴史。しかも、それが、地方都市~のモノ。

    様々な要素が渾然一体化した一冊。第三部が馴染みきれなかったが、充分、★★★★☆の価値あり。

    心のささくれに順応するか❔否か❔で評価変わりそぅだけど……。

著者プロフィール

桜庭 一樹(さくらば かずき)
1971年、島根県生まれの小説家。
1999年「夜空に、満点の星」で第1回ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー。
『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)、『私の男』で直木賞を受賞。他の代表作に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
ゲームのノベライズやライトノベル作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを手がけるなど幅広く活躍している。

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)のその他の作品

桜庭一樹の作品

ツイートする