落下する緑―永見緋太郎の事件簿 (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社
3.56
  • (8)
  • (25)
  • (30)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 210
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488475017

作品紹介・あらすじ

唐島英治クインテットのメンバー、永見緋太郎は天才肌のテナーサックス奏者。音楽以外の物事にはあまり興味を持たない永見だが、ひとたび事件や謎に遭遇すると、楽器を奏でるように軽やかに解決してみせる。逆さまに展示された絵画の謎、師から弟子へ連綿と受け継がれたクラリネットの秘密など、永見が披露する名推理の数々。鮎川哲也も絶賛した表題作にはじまる、日常の謎連作集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天才肌のテナーサックス奏者・永見緋太郎が探偵役となって、日常の謎を解決する、七色の連作短編集。

    自身もジャズ愛好家でサックス奏者でもある著者が、人並み外れた耳と感性でサクッと謎を解くストーリーを書くのは、相当楽しかっただろうな〜と伝わってくる。

    永見の推理は、時に理屈ではなく彼が感じたことに基づいているので、そういう意味での面白さはない。
    けれど、とにかくジャズ愛と遊び心でいっぱいで、読後はにやり。

    各編の最後に、愛盤の紹介付きで、さらにオマケに解説が山下洋輔。
    大サービスです!

  • 今まで手が出しづらかったjazz。そんな過去を吹き飛ばして、読了後すぐに近所のレコード屋へjazzを求めて走った。知識ゼロに等しいので迷わず店員に声をかける。「スウィングしてるヤツ下さい!」 すると出てきたのが何故かジャグバンド。まぁこれはこれでアリだけどさ。兎にも角にもスウィングしたい人にはこの本オススメだ。

  • 面白かった

  • 五十代の自分では常識人と思っているジャズトランペット吹きの辛島。率いるバンドにいる若手の天才テナーサックス奏者永見。辛島の語りで、ジャズにまつわるさまざまな事件の謎が、常識にとらわれない永見の発想で次々と解かれていくストーリー。巨匠と不詳の弟子の抽象画をめぐる謎。傲慢な評論家をとっちめる一編。姿を消したかつての人気トランペッターの軌跡。ジャズフルートから尺八の世界に飛び込んだ男の葛藤。亡くなった人気時代小説家の遺稿をめぐる謎。などなど。そうきたか、、、というのもありつつ、ストーリーにジャズをうまくからめてぐいぐいと引き込まれる。/「自分とスタイルが同じで、なおかつ自分よりも数段すごい場合はどうするか。そのときは、引退するしかない。自分の存在意義がなくなるからである。それでも現役を続けたいなら、新しいスタイルを編み出さなければならない。それがプロのクリエイティブなミュージシャンだ、と私は思っている。」/「ほかのメンバーのスウィング度を百とすると、彼は三千ぐらいスウィングしていたのだ。」/巻末の山下洋輔の解説もグルーヴィーというか、**はほとんどが**するんだよ、とか、あれがあれするテーマで、とかネタバラししないような配慮はご愛嬌としても、読んでて体がうねってくるというか。個人的には、テナーを堪能した!という気にさせてくれるデクスター・ゴードン「Swiss Nights, Vol.1」、モダンジャズトランペットの雄クリフォード・ブラウンの「The beggining and the end」、田中夏樹「コココケ」、トロンボーンの大原裕ひきいるSIGHTSの「El Sur」、など、解説をみただけで聴きたくなるアルバムが目白押し。

  • 2011/09/29 読了
    高校時代のブックリストから記録

  • jazz(英字が似合う気が)プレイヤーが探偵役の推理短編集。
    かなりjazzの蘊蓄が身に付きます。
    解説もしっかりしてるので、聴きながらって
    楽しみも出来ますよ。

  •  ジャズってかっこいい、と思ってしまいます。

  • ジャズをテーマ・・・というほどでもないな。ジャズの奏者が登場人物というだけで話の核にジャズってほどでもないように思う。
    一編一編が短くサクッと読めるのは悪くないですが、裏を返すとどの話もすぐに終わっちゃって消化不良感が否めない。それでいて謎が面白いかというとそれほどでもないような。。。デビュー作だからかな?ちょっと粗削りにすぎる印象。

  • 田中啓文さんの落語シリーズも好きだけど、このテナーサックス奏者永見の推理小説も楽しかった。推理小説としておもしろいだけでなく、ジャズマンのこと楽器のことも楽しく学ぶことができた。「大きなお世話」的参考レコードで紹介しているアルバムは早速聴いてみようと思う。
    最後の「砕けちる褐色」の謎は聞いてびっくり!

  • 唐島英治クインテットのメンバー、永見緋太郎は天才肌のテナーサックス奏者。音楽以外の物事にはあまり興味を持たない永見だが、ひとたび事件や謎に遭遇すると、楽器を奏でるように軽やかに解決してみせる。逆さまに展示された絵画の謎、師から弟子へ連綿と受け継がれたクラリネットの秘密など、永見が披露する名推理の数々。鮎川哲也も絶賛した表題作にはじまる、日常の謎連作集。


    面白かった。

    ジャズに関しては、全くの門外漢だが、
    それでも問題なく読み進められた。

    著者のジャズに関する愛情がいっぱいなことが
    ひしひしと感じられるが、押し付けがましくなく、
    主人公の永見の常識ハズレな言動も、その類まれなる才能、
    それをひけらかすことない性格とあいまって嫌味がなくて良い。

    コージーミステリー然とした内容もよく、
    本作に納められた短編のそれぞれの題名が「色」で統一され、
    よくできた構成だと思う。

    ただ、それぞれの短編最後に収められた、
    ストーリーに関連したジャズミュージックの「著者オススメアルバム」に関しては、申し訳ないがスルーしてしまった。

    恐らく、思いいれたっぷりのこのシリーズ、
    すでに自作が発行されているが、
    もちろん読んでみるつもり。

    またしても「薀蓄」がはさまれている予感がするが、
    きっとそこは再びスルーだろうな。

    ・・・が、永見に会えるのが、今から楽しみだ。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年大阪市生まれ。「銀河帝国の弘法も筆の誤り」で星雲賞国内短編賞を受賞。09年「渋い夢」で日本推理作家協会短編部門を受賞。「水霊」「忘却の船に流れは光」「落下する緑」「笑酔亭梅寿謎解噺シリーズ」「伝奇学園シリーズ」など著書多数。近著は『アケルダマ』『イルカは笑う』『猫と忍者と太閤さん』など。ジャンルを問わず活躍中。

「2018年 『警視庁陰陽寮オニマル 魔都の貴公子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

落下する緑―永見緋太郎の事件簿 (創元推理文庫)のその他の作品

田中啓文の作品

落下する緑―永見緋太郎の事件簿 (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする