館島 (創元推理文庫) (創元推理文庫 M ひ 4-1)

著者 :
  • 東京創元社
3.29
  • (64)
  • (181)
  • (289)
  • (76)
  • (24)
本棚登録 : 1932
感想 : 213
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488477011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「横島」に建つ六角形の「館」で起こった、建築家の不審な死! 集められた関係者が嵐に閉じ込められ、起こる殺人! お館もののお約束バッチリ面白さぎっしりの、長編です。
    続編が出たというので、おさらいのため読み返しましたが、やっぱり犯人やトリックをすっかり忘れてて、初読み同様、面白かったなぁ。時代設定が1980年代なので、其処此処が昭和感まみれですねぇ。

  • 半年前の事件の関係者が再び集まり
    そこで起きた殺人事件を追う
    刑事と女探偵のやり取りはおもしろかったです
    そして終盤の謎解き
    現実に可能なのかなとちょっと思っちゃいましたけど
    まぁ楽しめました

  • コミカルな本格ミステリ。キャラクターや本格ミステリが素晴らしい作品でした。

  • コミカルな会話は東川篤哉先生らしさあり。
    でもトリックとか動機はんー…。

    私は他の作品の方が好きでしたね。


  • 『仕掛島』を読む前に、なんとなくの気持ちで読んだ一冊でしたが、こちらのトリック、今までにないワクワク感があり、なかなか面白かったです。

    198×年、すなわち80年代の日本を舞台にした物語なのですが、携帯電話がないくらいで、現代とそれほど違和感を感じない設定で、すぐに内容に入り込むことができました。

    ただ、殺人事件という舞台で、別にあえて重くする必要はないんですが、なんとなく軽さというか、読者を選ぶコミカルタッチな感じはありました。

    ただ、その気がかりな点を乗り越えるようなトリックや伏線の数々は、あぁ、自分はやはり推理小説が好きなんだなぁと、改めて感じるところであります。


    瀬戸内海の島を舞台にしたこの作品を読んで、なんとなく直島を思い浮かべました。あちらも確か有名な建造物があったはず。

    前に一度行った隣の小豆島は、本州とも、四国とも違う独特の空気感が流れておりましたー。
    この本を読んでいて、再び旅行をしているときの気分になることができました。そういう意味でも素晴らしい一冊。

    『仕掛島』も、積読を少しばかり消化してから読み始めようかな。

  • キャラクターも面白く、キャラクター同士のコミカルなやり取りも面白く読みやすく。ノンストレスで読めた。
    読めない漢字や分からない事が無く理解し難いことも無く。読ませるために書いてある。素敵な作品だと思う。
    純文学ばかり読んだ後なので尚更そう感じているのかもしれない。

    六角形の建物のなかで未解決の事件を酒を飲んだりしながら推理してく。そして嵐もくる。人も新たに死ぬ。新たに推理する。

  • 登場人物が複雑で、読みづらい。トリック、犯人もパッとしない感じかなあ。

  • 初めて東川篤哉さんの作品を読んだ。謎解きはディナーの後で」でお名前は知っていましたが…。
    とてもユーモラスで思わずプッと笑ってしまうような場面もあり、楽しく読める作品だ。でも、内容はしっかりしていて、謎解きも楽しめた。

  • 王道のクローズド・サークルものでありながらユーモア多めの台詞回しが多いのであまり重めの雰囲気や緊張感にならないため気軽に読める作品だった

  • キャラクター設定やセリフがチャラけていて、ふざけた感じではありますが、内容は意外とちゃんとしていました。
    惨劇が起こったわりには緊迫感の無い軽い感じで話が進みます。軽い感じなので読みやすいです。瀬戸内海への思い入れを感じました。

全213件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年広島県生まれ。岡山大学法学部卒業後、2002年、光文社カッパノベルスの新人発掘プロジェクト「KAPPA‐ONE」にて『密室の鍵貸します』が有栖川有栖氏に推薦されデビュー。11年『謎解きはディナーのあとで』が第8回本屋大賞第1位に輝き、大ヒットシリーズとなる。「烏賊川市」シリーズ、『館島』、『もう誘拐なんてしない』、「探偵少女アリサの事件簿」シリーズなど著書多数。

「2023年 『谷根千ミステリ散歩 中途半端な逆さま問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東川篤哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
湊 かなえ
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×