怪奇小説傑作集 3 (創元推理文庫 501-3)

  • 東京創元社
3.50
  • (5)
  • (4)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (403ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488501037

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 無論ラブクラフト御大の「ダンウィッチの怪」目当てで読んだのだが、ホーソーンにディケンズ、キップリング、ウィルキー・コリンズにビアース……大御所がずらりと並んでいる。とはいえ、自分的に掘り出し物だったのはワートン「あとになって」とデ・ラ・メア「シートンのおばさん」。真の恐怖は、常に後からやって来るのだ。

  • 読み応えのある作品ばかりで楽しめた。
    中でも白眉はデ・ラ・メアの「シートンのおばさん」。直接的な描写が無いにもかかわらず、あの薄気味悪さ。静謐なホラーでした。

  • 全5巻「怪奇小説」アンソロジーシリーズの第3巻。
    本書は英米編の掉尾を飾るということもあってか、時代を限定せずにディケンズ、デ・ラ・メア、ホーソーン等著名な作家の代表短編を収録している。が、中でもラヴクラフト「ダンウィッチの怪」がその白眉だろう(個人的にラヴクラフトのクトゥルー作品はこれが初読だったりする)。

    1、2巻と共に英米の「怪奇小説」を読みたい読者にはうってつけのシリーズと言える。モダンホラーとは異なる、「雰囲気を持った怖さ」。

  • 2009/3/20購入

全5件中 1 - 5件を表示

H.P.ラヴクラフトの作品

ツイートする