ニューヨークの魔法使い <(株)魔法製作所> (創元推理文庫)

  • 東京創元社
4.15
  • (181)
  • (153)
  • (93)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 1486
感想 : 160
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488503024

作品紹介・あらすじ

ニューヨークって本当におかしな街。宙に浮いてる妖精はいるし、教会の屋根にはガーゴイルが出没する。テキサスから出てきて一年、毎日が驚きの連続だ。わたしって、そんなに田舎者?ところがある日、思いもかけないチャンスが舞いこんできた。でもちょっと待って、うまい話には絶対に裏がある…。おしゃれでキュートなファンタジー、魔法版『ブリジット・ジョーンズの日記』。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Webミステリーズ! : 大人気シリーズ〈(株)魔法製作所〉ついにグランドフィナーレ! シャンナ・スウェンドソン『魔法使いのウエディング・ベル』
    http://www.webmysteries.jp/archives/21586351.html

    シリーズ:㈱魔法製作所での検索結果|東京創元社
    http://www.tsogen.co.jp/np/searchresult.html?ser_id=23

    Home - Shanna Swendson
    http://shannaswendson.com/

    松本圭以子 | イラストレーションファイルWeb | illustration File Web
    https://i.fileweb.jp/matsumotokeiko/

    ニューヨークの魔法使い - シャンナ・スウェンドソン/今泉敦子 訳|東京創元社
    http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488503024

  • 読後はニンマリ笑顔になりました。

    ニューヨークが舞台の大人のファンタジーとでも言いましょうか。
    現実とファンタジーの世界が混在している設定は新鮮で面白かったし、思っていた以上に読み応えもありました。

    最初は横暴な上司に振り回される現代社会中心の展開だったのが、だんだん魔法世界へと変化していく。
    新たな職場で活躍を見せるケイティも、クスッとしたりハラハラする展開もおもしろかった。

  • 5巻を読んだんで、ついでに昔の巻もレビューします。
    いやー、これ読んだ時は
    『なんじゃこのめちゃおもろい本は、キタこれーーー!+。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。+゚ 』
    と思って、嬉しかったわー。
    何度読み返したかわからん。しっかり文庫にしては高めなお値段の元値取り返しとるよ。
    なんなの、このファンタジースキーさんが食いつきそうな美味しい設定!?
    現代のNYが舞台で、実は魔法の株式会社が存在してて、しかも社長は目覚めたばかりのマーリンで、主人公ケイティは魔法が全く効かない体質?!
    ケイティの驚きを通して、現代魔法界を知ることになる私たちは、ほんとに、追体験してるかのように、のめりこめますよ。
    そして、オーウェン!!!なんなの、キミ反則でしょ?めちゃキュートだっつの。ケイティじゃなくてもほっとかないって、私だって(以下略)!
    とにかく面白いシリーズ!すっごくオススメ!

  • 図書館で借りたもの。
    ニューヨークって本当におかしな街。宙に浮いてる妖精はいるし、教会の屋根にはガーゴイルが出没する。テキサスから出てきて一年、毎日が驚きの連続だ。ところがある日、思いもかけないチャンスが舞いこんできた。でもちょっと待って、うまい話には絶対に裏がある…。

    現代と魔法がいい具合にマッチしてて、本当にあるのでは?と思ってしまった!
    面白かったー!!

    ケイティは魔力をみじんも持ち合わせていない稀少な人間で、免疫者(イミューン)と呼ばれる。
    ほとんどの人は魔法の影響を受けるのに必要なだけの魔力を持っている。
    イミューンは魔法の影響を受けないので、魔法使いが見破れない目くらましを見破ることができる。

    現代に呼び戻されたマーリンがDVDを見たり、ピザに興味津々だったり面白い。
    「今後の危機に備えて営業部ができることは?」なんて聞いたり。

    ニューヨークでの暮らしも描かれていて、読んでて楽しい。
    アクティブ!

    魔法だけで解決しないのが面白い。
    弁護士雇ったり。

    続きが気になるんだけど図書館になくて…。
    買うか悩む!

  • 魔法版「ブリジットジョーンズの日記」に納得。
    テンポ良く進むストーリー。読みやすかったです。
    シリーズ全部読んでみようかな・・・

  • 大都会ニューヨークに魔法が隠れている……もうこれだけで本を手に取ってしまいます。
    あるインスタグラマーさんが紹介されていて、私も手に取ってみました!とっても面白い!
    ひとつ残念なこと……公式ホームページに誰とくっつくのかが書かれていた…それは知りたくなかったな〜

  • ハリポタを意識したような大人の現代風なファンタジーでした。なかなかワクワク楽しく読むことができました。

    実際魔法の企業あったら働いてみたい!

  • 友人から、「ハリポタとブリジットジョーンズをプラス、というキャッチコピーに惹かれて読んだら面白かった」と聞き、いやそれは惹かれるわ!と私も読んでみた。
    ほんとだー!(笑)
    思っていたよりケイティがしっかりお仕事するのがとても良かった。
    魔法界をマーケティングで変革する!ワクワクするわー!
    登場人物(半分くらい人じゃないけど)もみんな魅力的。
    続きも読みたいなー。

  • 舞台はニューヨーク。
    「ニューヨーク」「魔法」というワードだけで、心踊る。

    田舎から出てきた女の子が、ニューヨークという大都会で自分の居場所を見付けていく、そんな様子がイキイキと描かれたキュートで楽しいお話。

    自他共に普通の女の子と認めるケイティ。
    が、自分では気づかなかった才能を他人から見いだされ、必要とされ、成長していく。
    必要とされるって、嬉しいよね。

    魔法というと、トリッキーな性質の主人公にハチャメチャな感じで活躍させたりするとんでもなお話しかも、と少々疑うところもあったのだか、良い意味で裏切られた。
    地に足つけてお仕事をがんばる主人公の活躍に、ワクワク楽しくなる。

    2作目も購入済みなので、期待したい。

  • 大好きな本のひとつ。ずっと昔に読んだけど登録してなかった・・・

    (株)魔法製作所、という株式会社と魔法のちぐはぐな言葉の響きがまさにこのシリーズを語っています。
    このシリーズには真っ黒なローブやとんがり帽子、杖などいかにも伝統的な魔法!というグッズは登場しません。なんていったって舞台は現代のニューヨーク。魔法も魔法使いも現代的で、私たちの考えるいかにもなファンタジーの伝統を裏切ってくれるのが心地よい。
    大人のためのファンタジーって感じですかね。

    それから主人公ケイティと、はにかみ天才魔法使いオーウェンのなんともこそばゆい関係にも注目です!
    なんというか、アメリカ小説の女主人公が好きになる男性のタイプって「仕事(あるいは運動・勉強)ができて、最高にホットでクールでセクシー」みたいなイメージがあるんですが、オーウェンは全然あてはまらなくて、むしろ日本的な印象をうけるほどでした。だから親しみやすい

    アクション・ロマンス・ユーモア・ファンタジーと4拍子揃って最高です。

全160件中 1 - 10件を表示

シャンナ・スウェンドソンの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×