ラヴクラフト全集 (2) (創元推理文庫 (523‐2))

制作 : 宇野 利泰 
  • 東京創元社
3.64
  • (53)
  • (56)
  • (136)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 888
レビュー : 53
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488523022

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 総じて1巻より読みやすくインパクトも強い。
    長さ的にもタイトル的にも、重要な巻なのだろう。

  • TRPGで有名らしい「クトゥルーの呼び声」を筆頭に収録。

    他の巻に比べ、怪異に直接対峙している(というか、対峙している描写が比較的正気のまま書かれている?)作品が多いのが特徴。幻想的な雰囲気を楽しめる「エーリッヒ・ツアンの音楽」がこの間の中ではお勧めか。

  • HUMICでの請求記号「創元推理文庫/F/ラ-1-2」

  • 「クトゥルフの呼び声」「エーリッヒ・ツァンの音楽」「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」の三篇収録。
    どれも不気味でどんよりとした雰囲気の恐怖が味わえます。お気に入りは「エーリッヒ・ツァンの音楽」。とても幻想的に思えたけれど、不気味でもあるし。はっきりと恐怖の正体が明かされずにもやっとした感じなのがまた印象的。恐ろしい出来事がいったいなんだったのか、知りたいような知りたくないような……。

  • クトゥルフ神話の著者、ラヴクラフトの全集2巻。「クトゥルフの呼び声」も「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」もクトゥルフらしくてぞわぞわしました。先祖の歴史を調べてはいけない(笑)

  • 『肉体器官の作用が極度に均衡を失って…』『見る者をして、部屋の隅々から妖気の立ち昇る思いを感じさせるのだった』だの持ってまわった小難しい言い回しが多いのが著者(翻訳?)の特徴。おかげで「古風」で「変に不気味」で「妙なシズル感」がある文章。
    その上長編でサラッと読むめない、序盤で何となくオチの予想が付く。けれど何回も読み返してしまう「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」。
    特に後半のドロンドロンな展開が同じく後半の主人公であるウォレット医師の勇気と行動によって思わず読み進めてしまう展開にしているのがなんかいい。

  • 全集2巻目は3作品が収録。世界は安定したものではなく、辛うじて危ういバランスの上に存在している。ふとしたきっかけからそれを認識してしまう恐怖と絶望。この世界観は好きだけど、文章が華美でくどいのよね。あと7冊?読めるかな。

  • クトゥルフの呼び声の壮大な宇宙観に、悪夢でたまに感じる、あの全身が総毛立つようなゾッとする根源的な恐怖心が蘇ってきた。

    ラヴクラフトの一人称で淡々と語り続ける作風が好きだ。神秘学や黒魔術に彩られた重厚な宇宙的ゴシック小説。

  • 幻想的な小説。普通(しいていえばちょっと知的)な主人公が古代の神々の秘密に近づいて…という流れは一定なのだが、毎回落としどころ(て言ったら悪いかな)が違うのでなるほどな、と思いながら読めます。チャールズ・ウォードの物語は長編でラヴクラフトの世界観にどっぷり浸かれます。エーリッヒ・ツァンの音楽は短編ですが音楽がテーマに出てきて気にいっています。

全53件中 11 - 20件を表示

ラヴクラフト全集 (2) (創元推理文庫 (523‐2))のその他の作品

ラヴクラフト全集 2 (創元推理文庫) Kindle版 ラヴクラフト全集 2 (創元推理文庫) H・P・ラヴクラフト

H・P・ラヴクラフトの作品

ツイートする