ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4))

制作 : 大滝 啓裕 
  • 東京創元社
3.63
  • (31)
  • (35)
  • (82)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 591
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488523046

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 巻頭「宇宙からの色」がよかった。
    怪異が続発し、原因は多分アレだ!
    と察しがつくんだけど、
    気づいたときには手遅れ……ってヤツで。
    あらゆるものが少しずつ汚染され、
    なす術のない人の心も蝕まれてゆく、と。
    「狂気の山脈にて」は、
    E.A.ポオ「アーサー・ゴードン・ピム」へのオマージュ的作品。

  • 「宇宙からの色」
     ある農場の隕石落下がもたらした不運、始まる破滅。日常に宇宙的な恐怖が広がっていく様がお見事でした。
    「眠りの壁の彼方」
     狂人の見る夢をのぞき見ることで知る真実…あまりホラーな内容でもなく、ちょい肩透かし。
    「故アーサー・ジャーミンとその家系に関する事実」
     ラヴクラフトお得意の家系ネタ。先祖の秘密を暴こうとして自分が不幸になるパターンですね。
    「冷気」
     永遠の命がテーマ…なのかな?生きながらに朽ちていく身体を保持する様は狂気じみてます。
    「彼方より」
     トンデモ機械により、普通の人が見れないものを観測したために起こる悲劇。好奇心猫をも殺す…ですな。
    「ビックマンのモデル」
     実物をみてきたかのようなリアルな屍食鬼の絵を描くビックマン。それもそのはず実際に見ながら描いた物だから。
     主人公の語り口がその恐怖をあおり、先が見えててもなにかゾッとするものがあります。
    「狂気の山脈にて」
     珍しく人類が「宇宙からきたもの」を観察する側。
     南極という未開の冒険譚にクトゥルフ的な恐怖が加わってかなり面白く読めました。

  • 1ページに文字がびっしり…だったので読み始めは苦戦しましたが、気がついたらハマっていました。特に『狂気の山脈にて』は続きが気になって仕方なかったです。

  •  隕石が落ちた農場でじわじわと広がっていく恐ろしい変化を描いた「宇宙からの色」や,いつも部屋を閉め切って強力な冷房をかけている風変わりな医師の正体を描いた「冷気」,そしてラヴクラフト最大の長編作「狂気の山脈にて」などが収められています。ラヴクラフトの怪奇小説は,幽霊や妖怪が出てくるような類のものではなくて,むしろ科学的なアプローチから描かれたSFっぽい感じの作品が多いなと感じていましたが,この『全集4』はまさにSFそのもの。と思ったら訳者あとがきに「科学に比重の置かれた作品を中心に構成した」と書かれていたので,あえて全集の中でも特にSFっぽい巻にしたようです。
     翻訳は相変わらず重厚で,私のように軽く本を読みたいと思う者には大きな壁にぶちあたったように感じられます。しかし苦闘した甲斐はあったように思いました。特に「狂気の山脈にて」は,南極探検の話から数千万年前の文明の話になり,しかもそれを築いた種族が宇宙からやってきたということで時間的にも空間的にもものすごい広がりを持った物語になります。怖いというよりSFとして面白いと思いました。
     今回の全集にもラヴクラフトの書簡が収められていて,これがまた興味深いです。ラヴクラフトは,怪奇小説を書く時は「最大の力点は微妙な暗示に置かれるべきです」と書いていて,なるほどなと思わせます。彼の作品はどれも,恐怖の実体がなかなか姿を現さず,結局最後まで何だったのかわからないこともしばしばで,作品の語り手となる登場人物も「言葉に言い表せない」とか「口にする気も起きない」とか言ってはっきりとは語ってくれないことが多いです。それまでに明らかにされた様々なヒントから,想像力をたくましくしないと何が怖いのかわからないという仕組みで,彼の怪奇小説を読むには彼の説明していることを十分に理解する言語能力と,それを組み立てて空白を補う理性的な想像力が不可欠になります。
     「SFとして面白い」とか言ってる私は,想像力が足りないのかもしれません。

  • 「狂気の山脈にて」の映画化が楽しみ。

  • 全集4の読みどころ
    ラヴクラフト本人が最高とした『宇宙からの色』


    『ラヴクラフト全集』の読みどころ
    1930年代のパルプフィクション・ホラーの中から生まれ、みじかい活動期間でありながら、多数のフォロワーを今なお生み出しつづけている。
    ラヴクラフトの面白さを、ぜひ知ってもらいたく選びました。
    今すぐにでも彼の小説のガジェットを使って彼のフォロワーとなることができるのも、ハマリこめる理由の一つ。

    初心者には特に、短編かつラヴクラフトらしい『ダゴン』がオススメ。

  • 「狂気の山脈にて」が長かった。あまり面白いのがなかったなあ。

  • ラヴクラフト全集の中でもクトゥルフ入門者必読の作品が多い。特に「狂気の山脈にて」は旧支配者、ショゴスなどの基本的な設定が示されているので他の作品の理解にも役立つでしょう。
    個人的には「宇宙からの色」が臨場感のある語り口でもっとも恐怖を覚えました。今まで読んだ中ではラヴクラフト作品の中でもかなり上位に位置される作品です。

  • 18年前に購入したもの。自分自身ひさびさにこの世界にはまっているので、読み返してみる予定。

    肝心の「狂気の山脈にて」が、くどくてなかなか読み進まないなぁ…

  • やっぱり間違えて2回同じ巻買った。。。何やってんの;
    「旧支配者」の化石……いいよねぇ。

全20件中 11 - 20件を表示

ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4))のその他の作品

ラヴクラフト全集 4 Kindle版 ラヴクラフト全集 4 H・P・ラヴクラフト

H・P・ラヴクラフトの作品

ツイートする