ラヴクラフト全集〈5〉 (創元推理文庫)

  • 東京創元社
3.61
  • (31)
  • (26)
  • (76)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 575
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488523053

作品紹介・あらすじ

Uボートの艦長が深海の底でアトランティスに遭遇する「神殿」、医学生のおぞましい企てを描く「死体蘇生者ハーバート・ウェスト」、セイレムの魔女裁判の史実を巧みに取り込んだ「魔女の家の夢」等、クトゥルー神話の母胎たる全8編を収録。巻末には資料「ネクロノミコンの歴史」が付属。

収録作品
「神殿」 「ナイアルラトホテップ」 「魔犬」 「魔宴」 「死体蘇生者ハーバート・ウェスト」 「レッド・フックの恐怖」 「魔女の家の夢」 「ダニッチの怪」 「『ネクロノミコン』の歴史」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2020.6.29読了。描写や記述を参考にしたくて読み始めた。にしても読み易いものと読み難いものがある。相性の問題だろうか。「神殿」は比較的読みやすかった。主人公はドイツ軍人(プロイセン人)であり自分の人種が優れているという揺るぎない盲目的な自信がある。今でこそ炎上ものだが当時としては当たり前だったのだろう。いっそ清々しい。現実主義者が狂気に呑まれる対比を強調する為のものでもあったようだ。「魔犬」や「魔宴」は読んでる時は長ったらしく思えたが振り返ってページをめくってみると意外と短い内容だったのだと驚いた。その後に続いたものが長かったせいか?1番読み辛かったのは「レッド・フックの恐怖」だ。いまだに内容がよく分かっていない。逆に1番読みやすかったのは「ダニッチの怪」だ。予め内容を知っていたからもあるだろう。気に入った表現や参考になる記述はどんどん自分の創作に取り入れてしまおう。

  •  今巻はTRPGのシナリオの種になりそうな話が多いと思いました。

    ①神殿
     時は1917年、第一次世界大戦の最中。独軍の潜水艦が英国の船を沈める。乗員の一人が船に絡んでいた死体を投棄する際、死体から象牙細工をくすねたのだが―― 
    ●最期まで正気を保っったままの艦長の冷静な言動が、起きている異常を更に際立たせている。展開が似ている『ビロウ』という映画を思い出した。

    ②ナイアルラトホテップ
     それは、数ヶ月前のことだった。突然、人々が謎の不安に襲われるようになる。そんな時にあれがエジプトからやって来た――
    ●ラヴクラフト自身が見た夢を元に書き上げられた、「這い寄る混沌」の二つ名に相応しい悪夢的な内容。この話を絵にしたら、ベクシンスキーに似た構図になりそうだ。

    ③魔犬
     遊びで墓荒らしをするわたし達は、オランダで暴いた墓から奇妙な造形の魔除けを奪ったのだが――
    ●犬の吠え声や唸り声、翼のはためく音、ぼんやりとした黒い雲のようなもの、そして再生する死体――。 全てが判然としないまま終わるのがラヴクラフトらしい。

    ④魔宴
     先祖の取り決めに従い、古都へやってきたわたし。やがて怪しげな老人に導かれて古びた教会に入っていくと――
    ●最後まで老人の指示に従っていたら、どうなっていたのだろうかと想像するとぞくぞくする。

    ⑤死体蘇生者
     死者の復活に心血を注ぐ若き医師ハーバート。わたしが語る、彼が失踪に至るまでの恐怖の物語とは――
    ●『家の中の絵』と同じく、神話生物は出てこないがアーカムが舞台なので、広義にはクトゥルフ神話に入るのか。独学による薬液を用いた死者の復活、フランケンシュタインもので、ストーリーは改変されたが映画化されたことがある。

    ⑥レッド・フックの恐怖
     現場から離れて治療を受ける刑事。彼が狂気に冒されることになった、ニューヨークで起きた悍ましい事件とは――
    ●ラヴクラフトが当時住んでいたニューヨークへの印象を元に書かれた、コズミックというよりマジカルなホラー。

    ⑦魔女の家の夢
     探究心から曰く付きの部屋に住むことにしたウォルター。やがて彼は悪夢を見始め、悪夢に出てくる人物を現実でも見かけるように――
    ●この話も神話作品では王道の、探究心から身を滅ぼす話。本編よりも古のものの登場が一番の謎。この作品の前に『狂気の山脈にて』が著されているが、古のものと魔女とに関係性は、はたしてあったのか。

    ⑧ダニッチの怪
     大学図書館に不法に侵入した男が番犬に噛み殺された事件を契機に、男の生地であるダニッチで住人や家畜が失踪したり殺されたりする事件が続発する。男が遺した、暗号で書かれた日記を読み解くと、そこに書かれていたのは――
    ●『クトゥルフの呼び声』に次いで、クトゥルフ神話初心者向けの作品。その最後に、悍ましくも哀しさを感じるのは私だけだろうか。

    おまけ『ネクロノミコンの歴史』
     ラヴクラフト自身によってまとめられた、古代アラビアで執筆されたネクロノミコンが現代に伝わるまでのの歴史。これを読んだらチェンバースの『黄衣の王』を読みたくなった。こういうの好き。

  •  いあ! しゅぶ=にぐらす!

     シュブ=ニグラスって何だろうって思ってたら、一切説明はないけど神様の名前だったみたいです。「イア」のあとに続いてるからそうなるよな。
     「神殿」「ナイアルラトホテップ」「魔犬」「魔宴」「死体蘇生者ハーバート・ウェスト」「レッド・フックの恐怖」「魔女の家の夢」「ダニッチの怪」の八編。クトゥルフに関係ありそうなのは「ナイアルラトホテップ」「魔宴」「魔女の家の夢」「ダニッチの怪」あたりかな。いまだにナイアルラトホテップを間違えずに言える自信がない。あと今更気づいたけど、一巻で「インスマウス」表記だったのに、この巻だと「インスマス」になってるんだよね。たぶんインスマスのほうが一般的に使われてる表記だと思う。ほかの巻ではどうだったかなぁ。
     ラストに強烈なオチがあって、っていう話はなかったかなぁ。終わり方としては「魔犬」とか好きです。物語としては「神殿」も結構好き。ドイツ人めんどくせーなって思いました。こういうイメージを持たれてたんだろうね。
     「ダニッチの怪」も面白かった。ウェイトリィって見たことある字面だなぁって思ったら、FGOで出てきたやつだね。ラヴィニアちゃん。元ネタを読めて満足。あの化け物、呼び出したとかじゃなくて双子の兄弟だったんかい、っていうのがすごく好きだなぁ。
     抜粋。「レッド・フックの恐怖」より。


    (略)半無定形の存在にいたっては、半分喰ったものをつかんでいたのだが、まだ生きている部分が慈悲を求めて泣き叫んでいたり、狂気の笑いをあげたりしていたのだった。


     生きながら喰われたらそりゃ狂うわ。

  • 神殿★2
     ちょっとインパクトに欠ける。Uボートで海底都市の遺跡を見ただけ…。

    ナイアルラトホテップ★1
     短い。這い寄るニャルちゃん登場。しかし話自体は何があったのかさっぱりわからない。

    魔犬★2
     短い。墓荒らしが、ゾンビに追跡され、殺された話。

    魔宴★3
     ネクロノミコンを用い、地下で謎の儀式を行う死者の群れ。よくある話ですな。

    死体蘇生者ハーバート・ウェスト★1
     死者を蘇生させようと試みたのはわかった。でもまったく怖さや事件はなく、ただただ文章が回りくどい。

    レッド・フックの恐怖★2
     ニューヨークの下町レッドフックを調査する警官マロウンの精神を破たんさせた出来事とは何か。どの話にも思うが、HPLの書いた話自体はあまり面白くない。ただ、この世界観や状況を背景とした別の話の母体を提供しているとすれば、関心が湧いてくる。この話の五芒星を描いて邪神崇拝している情景からは、山本弘著『ラプラスの魔』を想起させられた。
     
    魔女の家の夢★2
     ネズミちゃんに心臓かじられたり。いずれにしても回りくどい。 

    ダニッチの怪★3
     セリフのある話はいいなあ。ちゃんと化け物が登場してくれて何より。

  • どんなのだろう、と手にとったけどこんなの映画でいろいろみてきたなあ、という感覚にとらわれました。それだけ数々の作品に影響を与えているんですね。映像がありありと目に浮かんできます。不思議な世界に浸れました。

  • ホラー短編集。独特の雰囲気に浸り込めますが、ほんっとじわじわとした嫌な雰囲気に満ち溢れています。宇宙とか他次元とかの恐怖、というのは個人的にあまり感じないのだけれど。それでもこの何とも言えない感じはやはり「恐怖」の一種なのかな。
    お気に入りは「ダニッチの怪」。あからさまに異形なあれよりもむしろ、姿の見えないあれの方が恐ろしく。不吉な前兆のように高まるさまざまな怪異も恐怖感を盛り上げます。そしてラストの戦いがかっこよくて印象的。

  • 科学系の話がほとんどだった第4集人は打って変わって、悪魔や呪いの話でまとめた第5集。最後についてくる「ネクロノミコンの歴史」が表すとおり、ネクロノミコン絡みの話で統一されているとも言える。

    「ネクロノミコン」に絡む部分を除き、全体にゴシック・ホラーや霊的カラーの強い1冊なため、「恐怖におののいた」と書かれていても、なんとなく漠然とした印象を受ける短編が多い。

    その中において、何らかの薬剤をフレッシュな死体に注入することでゾンビ化させる「ハーバート・ウエスト」はかなり新鮮に見える。ゾンビ映画を髣髴とさせる幕切れも良いのだが、解説的には「凡作」なのね。うん。

    また、ラブクラフトを読むには避けて通れない「ナイアーラトテップ」が出現するので、ファンにはたまらないのだろうけど、これもぼんやりしてるんだよなあ。

    そこへ来て、山羊顔の怪人ウィルバーという、古典悪魔風の男が出てくる「ダニッチの怪」のオチで、とうとうクトゥルーが再出現してくるのが、この本のクライマックスだと思うのだが、裏表紙を始め、本書の大体の解説において「ダニッチの怪」に触れられていないのは何でじゃ?

  • 第5巻。
    資料として「『ネクロノミコン』の歴史」を収録。
    ラヴクラフトの代表作のひとつである『ダニッチの怪』を始め、この巻が最も秀作揃いだと個人的には思っている。解説によると『クトゥルー神話の母胎とされるにいたった作品を収録した』とか。解説もそれぞれの作品について詳しい。

  • ■ 神殿
    ■ ナイアルラトホテップ
    ■ 魔犬
    ■ 魔宴
    ■ 死体蘇生者ハーバート・ウェスト
    ■ レッド・フックの恐怖
    ■ 魔女の家の夢
    ■ ダニッチの怪
    ■ 資料・『ネクロノミコン』の歴史

全19件中 1 - 10件を表示

H.P.ラヴクラフトの作品

この作品に関連するサイト

ラヴクラフト全集〈5〉 (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする