太陽の石 (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社
3.96
  • (25)
  • (24)
  • (19)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 242
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488525040

作品紹介・あらすじ

拾われっ子ながら両親と姉に慈しまれて育った少年デイス。ある日彼が拾った肩留めが、眠れる魔道師を目ざめさせることに……。読書界に旋風を巻き起こしたシリーズ第三弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新しく読んだものが毎回一番好きだ。
    世界観は相変わらず緻密で壮大なのだけど、どんどん人間味が増してきているような気がする。
    身勝手な魔導士を人間にし、優しさと痛みを教え、その上で力を使わせるという残酷さに胸が熱くなる。
    冬の砦での生活がずっと続けられたらよかったのになぁ。
    デイサンダーが二度目の瀕死状態から目覚めて、ザナザやビュリアンの話を聞きながら、込み上げてくるものを抑え切れなくなるシーン。自然も人間も同じ。どんなに傷つけられたとしても生きようとする力を持っている。ぐっときた。

    • komoroさん
      王道のファンタジーですね。(^^)
      幸せな生活は長く続かないのかな
      ぁ。
      どんなに傷つけられても生きようとする力ってかっこいいね。
      王道のファンタジーですね。(^^)
      幸せな生活は長く続かないのかな
      ぁ。
      どんなに傷つけられても生きようとする力ってかっこいいね。
      2016/11/01
  • あらすじとすればよくある話かもしれないけど、世界観がしっかりしていて、魔法が魅力的で、
    ラストはやっぱり圧倒的なイメージの奔流に圧倒される。
    良くも悪くもアニメ的な展開かなと思う。

  • 半分くらい読んで一年くらい放置してたのをやっと読了。最後に至る部分が少々悲しかったです。そして結構あっけなく決着が着いたような気も。

  • シリーズ第3弾は壮大な兄弟喧嘩だった

  • 仲間がいると明るい。

  • 結局兄弟喧嘩で始終してしまっているので、もうちょっとストーリーに幅があると良かったかなと思います。
    文章全体も真面目な感じで纏まっているので、ゆとりやユーモアが入ると良いかなと思います。

  • 2015.11/4 一気読みして登録忘れっとにかく好き過ぎてヤバイ世界

  • 光とともにまた闇も生命に予め与えられたものである、という著者の観点がより鮮明になった1冊。
    かつて己のうちに闇を封じ込めた魔道師の子孫イザーカト兄弟。闇に飲まれた長姉ナハティと、残された兄弟姉妹の争いを描くいわば復讐譚であり、これまでのシリーズ中いちばん血腥い展開をする。特にカサンドラの死に様があまりに酷く涙。
    兄弟姉妹の争いについては、よくある緩いファンタジー的な兄弟喧嘩の風味はほぼ無く、闇に身を浸してまでの痛々しい生命のとりあいとなるので、序盤の温かな気配に騙されるなかれ。
    とはいえ生命の力をもつ魔道師である主役のデイスと兄弟のイリアが、最後まで物語に灯りをともしてくれるので、読み口はよい。
    前作に続き、兄弟たちと旅をしながら、だんだん舞台となる世界の土地にも慣れて親しみが湧いてきた。シリーズ物を読む楽しみ。さっそく次の巻を買いました。

  • 兄弟は、いつまでも子供のままではいられない。成長に伴って闇も心の中で育つ。魔導師ならば尚更。親もなく、若くして魔導師としての絶大な力を発揮してしまったが故の悲劇、だろうか。しかし「闇」というのは完全に消滅させることはできないんだよなあ。

  • 魔道師が前世の記憶を追体験しつつ物語が進むシリーズ。展開自体は面白いが、切り替わりがわかりにくいのは毎度のこと。そして毎回クライマックスで筆が遊び過ぎてポエミー炸裂、ページの殆どを埋める余計な詩に描写が埋もれて結局何が起きたのか理解不能。総評、惜しい。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山形県生まれ、在住。山形大学卒業。1999年教育総研ファンタジー大賞受賞。2011年刊行の『夜の写本師』が話題になる。著作に『魔道師の月』『太陽の石』『ディアスと月の誓約』など。優れたハイファンタジーの書き手として知られている。

「2015年 『双頭の蜥蜴』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太陽の石 (創元推理文庫)のその他の作品

乾石智子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
乾石 智子
上橋 菜穂子
乾石 智子
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

太陽の石 (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする