ぬばたまおろち、しらたまおろち (創元推理文庫)

著者 :
  • 東京創元社
4.26
  • (11)
  • (9)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :81
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (478ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488588021

作品紹介・あらすじ

妖怪の存在が今も信じられている村に住む綾乃には、大蛇のアロウという秘密の親友がいた。15歳になった綾乃は最近アロウにプロポーズされ、困惑気味。村祭りの夜、サーカスから逃げ出した大蛇に襲われ淵に落ちた綾乃は、箒に乗った魔女に助けられる。魔女の正体は、妖怪の調査のために村に滞在していた民俗学者由希恵。綾乃はそのまま彼女の母校ディアーヌ学園で学ぶことになるが……。第二回創元ファンタジイ新人賞優秀賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 妖怪との普通の恋愛ものかと思って読んでいたら、どんどん物語が展開していくので夢中で読みました。
    魔法学校とか要素の一つ一つはありがちともいえるのですが、勢いがあって楽しい。
    とにかくみっしりとしていてボリュームたっぷりです。

  • 久しぶりに、どきどきわくわくの楽しい読書になりました。ときめいたり追っつかなかったり、一緒になってぐるぐるしたりと、ゆっくり落ち着きはしなかったけれど面白い世界。

  • 現代を舞台にした和風ファンタジーかと思いきや洋風でもあったり、青春小説でもあったりする。途中でがらりと話が変わるようにも思うけれど、最後まで読むとひとつのお話になっていて面白かった。
    2018/4/13

  • 妖怪の棲む山里から魔女学園、そして大正時代へのタイムスリップと、鮮やかに変転する舞台が楽しい、和洋折衷なファンタジー小説。モチーフは過剰なほどだけれど、テンポが軽快でとても読みやすい。恋愛、青春ものであり、さらに最後はミステリ的などんでん返しまで用意されているから、読後には充実感がある。

  • 両親を亡くし親戚の家に暮らす女子中学生の主人公。
    河童や大蛇など怪異の目撃談の多く残る岡山の山奥の村。
    幼い頃から寄り添ってくれる白蛇。
    気味の悪い妖怪に襲われ伝奇ファンタジーかと思えばいきなり箒に乗った魔女が登場し、世界観は一転して寄宿舎学園物。

    選評でRDGとかハリポタとか言われていて、読んでみると確かにそんな雰囲気。あと個人的にはあしながおじさんとかおちゃめなふたごを思い出した。
    その舞台の転換と最後の辻褄合わせがちょっと甘くて強引な気がするけれど、キャラクターの魅力で一気に読んでしまった。
    純粋にワクワクしながら楽しく読めるジュブナイル風味なファンタジー。
    ただバランスの問題として、途中一度岡山に帰ってアロウに会ってまた学園に戻る展開がある方が良かったんじゃないかなあと思う。

  • 岡山の田舎.主人公は中二の女の子.大きな近くの沼に住む白い大蛇が秘密の友達.日本の昔話のテイストかなと思ってたら,一転,筑波の魔女学園に転入しハリーポッターの世界に.学園の友達やら登場人物が多いがキャラクターがしっかりしてて好感が持てる.会話も軽妙でスピード感がある.中学生の淡い恋心もよく描かれている.大正時代にタイムスリップしたりちょっと無理はあるものの最後はめでたしめでたし.ラノベ的なところもあるけど割と感動できました.

  • 荻原規子さんリスペクトを感じる

  • 作者が好きなものを詰め込んだ感じで、楽しい。宮崎アニメのテイストがする。

  • 面白かったー!!和洋折衷ごちゃ混ぜファンタジー!!主人公の綾乃は岡山の山奥に住んでいて、大蛇のアロウが婚約者。(最初は大蛇が気持ち悪かったけど、それも最初だけ。)村祭り当日にネッシーに襲われ、そこを氷女の魔女に助けられ、魔女の学校に入学する。ここまでで100ページくらい。ほんと詰め込まれてる!魔女の学校ではもちろん、寮生活!!ルームメイトはのっぺらぼうで、クラスメイトは小豆洗いや人狼。もちろんイケメンの男の子(氷女と大蛇のハーフ)も登場し、親しくなっていく。最後はタイムトラベルまで!ラストは大大大満足!!

  • おもしろかった‼

全16件中 1 - 10件を表示

ぬばたまおろち、しらたまおろち (創元推理文庫)のその他の作品

白鷺あおいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村山 早紀
ピエール ルメー...
宮下 奈都
米澤 穂信
今村 昌弘
米澤 穂信
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

ぬばたまおろち、しらたまおろち (創元推理文庫)はこんな本です

ぬばたまおろち、しらたまおろち (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする