銀河パトロール隊―レンズマン・シリーズ〈1〉 (創元SF文庫)

著者 :
制作 : E.E. “Doc"Smith  小隅 黎 
  • 東京創元社
3.67
  • (16)
  • (15)
  • (29)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 188
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488603168

作品紹介・あらすじ

銀河系に跳梁する正体不明の宇宙海賊ボスコーン。超兵器を操り襲撃を繰り返す彼らに立ち向かうは、銀河文明を守るパトロール隊とその精鋭、レンズマンである。新人レンズマン、キムボール・キニスンは決戦に赴くべく、新兵器"Q砲"を搭載した最新鋭艦"ブリタニア"号で出撃する!横溢する超科学アイデアと銀河系さえ瞬時に越える壮大なスケール。スペース・オペラの金字塔。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ずいぶん古いスペースオペラで、というよりもスペースオペラの創生期の作品と言うことになるのだろうけれど、既に現在使われているアイデアが、これでもかとばかり盛りこまれていることにびっくりした。銀河英雄伝説もスターウォーズもアイアンマンも、全部このあたりから始まっているんだと言うことが実感できる。すごいなって思った。

    ストーリィそのものは、わりあい単純でその分すっきりと楽しめる。今の感覚で言えば、敵味方がすっぱりと分けられていて、まるでボードゲームを見ているようだ。さらにヒーローの特出の仕方が読んでいて照れてしまいそうなほどなので、とっても楽に最後まで読んでいける。これは短所と言うよりも長所だろう。

    古典であり、シリーズ第1作であるわけだけど、この後に続く物語に飛びつくかといえば微妙。自分の本棚に並べてあれば暇つぶし的に読むだろうし、読めばきっとその間楽しいと思うんだけど、現代となっては、お金を出すなら他に読みたいものがたくさんあるかな、という気分である。おもしろいのは確かなんだけど、文庫本1冊分のお金を出すにはコクが足りない、というのが本音である。

  • スペースオペラ史上燦然と輝く古典、レンズマンシリーズの第1巻。その中で、シリーズでは中心的なヒーロー、キムボール・キニスンが候補生を卒業し、晴れてレンズマンとなった瞬間から、グレー・レンズマンにんるまでの部分を描く。
    アメリカのスペオペ黄金期に登場した作品で、すなわち大変古いものになるのだが、今でも古さを感じさせない。そして、ドク・スミスの本領はその壮大さにある。
    別シリーズのスカイラーク・シリーズにも登場するが、惑星サイズの宇宙船など、ざら。時間的にも、超古代から未来にまで及ぶ。それを背景に、レンズマンと呼ばれる一種のスーパー・ポリス(というか、日本にはないが軍警察)が活躍する物語だ。
    シリーズ第二の人気者、竜にそっくりのヴェランシア人レンズマンウォーゼルもこの巻で登場する。
    ヒーローが公共の場で喫煙するなど、さすがに今では古さを感じさせるシーンもあるものの、壮大なストーリーは何度再読しても全く飽きる事がない。

  •  斎藤環の『母は娘の人生を支配する』の冒頭を拾い読みしたら、娘が父と和解する感動的なお話「鏡の法則」に言及し、これに感動した人はもはやケータイ小説の単純さを笑えない、と述べられていた。私は思わず「鏡の法則」の代わりに『レンズマン』を入れて了解してしまった。『レンズマン』に感動してたらもはやケータイ小説の単純さを笑えない。

     確か中学生時分に夢中になって読んだものである。こんな面白いものがあるかというくらい面白かった。それが新訳で読んでみると、登場人物の薄っぺらいこと。いや、平行してジーン・ウルフなんかを読んでいたのも悪い。かたや、ある人物が「もっとも複雑な人間」であるのは「単純になろうと努力している複雑な人だったから」などという小説である。だいたい、1950年代の黄金時代のSFと1980年代のSFを比べてはいけないのであるが。

     『銀河パトロール隊』はスケール壮大で話はどんどん進み、最強の相手を一気にたたきのめしてしまう痛快なストーリーである。そうするとさらに最強の敵が登場し、主人公もレベルを上げていくというのがレンズマン・シリーズなのだが、少年ジャンプのマンガの元型はここにあったのか。
     キニスンほか正義の味方たちは「複雑になろうとも思わない単純な人たち」であり、敵ボスコーンの首領がもしかすると「複雑になろうと努力している単純な人」なのかも知れない。そうすると敵方の方が魅力的になってくるのがヒーローものの常だなあと思い、単純になろうと努力しながら、次、『グレー・レンズマン』を読むのである。

  • 泣く子も黙るスペース・オペラの伝説的金字塔、御大"Doc"スミスの代表作「レンズマン・シリーズ」第1作の開幕、開幕!飛び交う宇宙戦艦、必殺武器「Q砲」で宇宙海賊を粉砕だ!立ち向かうは我らがヒーロー、キムボール・キニスンと無敵の仲間達だ!悪い奴らをばったばったと打ちのめし、あらゆる危機をくぐり抜ける、キニスンの大活躍や如何に!

    ・・・スミマセン、鴨はこれダメですわ・・・(^_^;
    ヒーローはとことん強く、悪役はとことん悪く、仲間達はとことん従順で、ヒロインはとことんチャーミング・・・ハマれる人はハマりまくれる世界なんでしょうけどね~。子供向けのアニメの筋書きのような「わかりやすさ」の塊で、鴨はまったく魅力を感じませんでした。古いSFが必ずしも子供っぽいというわけではないんだけどなぁ。うーむ。

  • [ 内容 ]
    銀河系に跳梁する正体不明の宇宙海賊ボスコーン。
    超兵器を操り襲撃を繰り返す彼らに立ち向かうは、銀河文明を守るパトロール隊とその精鋭、レンズマンである。
    新人レンズマン、キムボール・キニスンは決戦に赴くべく、新兵器“Q砲”を搭載した最新鋭艦“ブリタニア”号で出撃する!横溢する超科学アイデアと銀河系さえ瞬時に越える壮大なスケール。
    スペース・オペラの金字塔。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 読んだのは、中学生の頃で装丁も違ったな〜。アニメ映画(つまらなかった記憶あり)の影響でシリーズを買い集めたが、積ん読。しばらくたってから読みました。詳細は忘れたが面白かったと思います。ハリウッドで映画化したらいかが

  • はぁー

    キャプテン・フューチャーは一匹狼的な、閉じた仲間うちでどんちゃんやっているが、レンズマンは組織ありき。さらに成長あり、上の存在もいる。

    飛躍がある、っていうのがスペオペなんだな。技術的にも、移動範囲も。
    テンポ重視。

  • ・・・・書きかけ・・・・・


    エドワード・エルマー・スミスは、120年前の1890年5月2日に生まれたアメリカのSF作家。

  • グレー・レンズマンのキニスン!
    彼のことは本当に、なるほど。
    シリーズ全部読めるかな。

  • 日本でアニメ映画化されましたね。
    兄の本棚にあったので手に取ってみました。
    SF部分をすっとばし、ヒロインとのラブロマンス部分だけを真剣に読んでいた学生時代。

全17件中 1 - 10件を表示

銀河パトロール隊―レンズマン・シリーズ〈1〉 (創元SF文庫)のその他の作品

E.E.スミスの作品

銀河パトロール隊―レンズマン・シリーズ〈1〉 (創元SF文庫)に関連する談話室の質問

銀河パトロール隊―レンズマン・シリーズ〈1〉 (創元SF文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする