聖者の行進 (創元SF文庫)

  • 東京創元社
3.83
  • (15)
  • (29)
  • (23)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 199
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488604073

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アシモフ「 聖者の行進 」ロボット、宇宙植民地、コンピューターの人間化など 近未来の問題を 先取りした感じがする 短編集。

    ロボット工学三原則 と フランケンシュタインコンプレックス(人造人間は 必ず 造り出した人間に 歯向かう)が絡む ロボットシリーズは 面白い。科学の進歩と危うさ、人間の命とロボットの生存権を 考えさせられる


  • ロボットものがイイ。みんなも言っているけれど「バイセンテニアル・マン」が白眉。
    あと、やっぱりスーザンが好き。

  • 原題は、「ザ・バイセンテニアル・マン・アンド・アザー・ストリーズ」です。「アンドリューNDR114」として映画化された短編が収録されています。人間になりたかったロボットの話は、人間とは何か?人間の本質を考えさせる作品でした。

  • アシモフ、すごいなあ。ほんとすごい。
    そしてSF世界の、なんて豊饒なこと。まだSF読み始めて数冊だけど、その広さと深さには驚くばかり。

    「バイセンテニアル・マン」なんか、ラスト泣いたぞ。なんという壮大で切ない話。
    これ、手塚治虫に漫画化してほしかった。読んでて手塚の絵柄がすっごい浮かんできた。

    と、とてもよい本だったのだが、にしてもなんで「聖者の行進」なんかが日本語の表題になってるんだろうね。それが謎。

  • 読みながら思うのは、日本でね、アシモフの全集でないかなぁということなんですよねぇ。
    全500巻ぐらいで、文庫で。
    アガサクリスティー文庫みたいな感じで、アシモフ文庫。
    あったら、絶対買う。

    ロボットもの、マルチバックもの、トランターもの、けっこう短編、長編のいろいろなところに配置されていて、全部読みたいんです。

    今回の「パイセンテニアル・マン」とかは、ロボットものとして、すごい重要な一遍だと思うのです。
    これを読んでないと、ファウンデーションの後半の流れが見えにくくなっちゃうと思うんですよねぇ。

    あと、「パイセンテニアル・マン」は、読みながら「ロビィ」を思い出して、ちょっと涙しました。

    そして、小説だけではなくて、科学エッセイも、自伝も読みたいです。
    せめて、自伝は文庫にならないかと待っているのですが。

    ハヤカワ、出さないかな。

  • 今後、アシモフのベスト短編は?って聞かれたら、まちがいなく『バイセンテニアル・マン』って答える。

  • これとか、「われはロボット」とかから、ロボット三原則が生まれた。
    現実世界にさえ、影響しているとは思いませんか。

  • ロボットものがいうまでもなく秀逸。
    特に「バイセンテニアル・マン」は
    SFだけれどもSFを読んだことのない人でも
    読みやすい名作。

    ちょうど長編を読んでいたので
    懐かしさすら感じました。

    基本アシモフの作品は
    SFが苦手な人でも短編集は
    読みやすいのできっかけに読みたい人には
    間違いなくお勧めです。

  •  とっくに絶版になっていたと思いきや、まだ発行されていた。SF界大御所の名作短篇集。

     <a href="http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20090107/p1" target="_blank">http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20090107/p1</a>

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Isaac Asimov (1920―1992 )。アメリカの作家、生化学者。著書に『われはロボット』『ファウンデーション』『黒後家蜘蛛の会』等のSF,ミステリーのほか、『化学の歴史』『宇宙の測り方』等の科学啓蒙書やエッセイが多数ある。

「2014年 『生物学の歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アイザック・アシモフの作品

聖者の行進 (創元SF文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×