ウは宇宙船のウ【新版】 (創元SF文庫)

制作 : 大西 尹明 
  • 東京創元社
3.91
  • (55)
  • (38)
  • (61)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 527
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488612054

作品紹介・あらすじ

幻想と叙情の詩人ブラッドベリの魔法の力で、読者はこの世には見えないものを見せられ、触れられないものに触れることができる。読者は、あるときは太古の昔に誘なわれ、またあるときは突如として未来の果てまで運ばれてゆく。「太陽の金色のりんご」「霜と炎」「霧笛」など、ブラッドベリ自身が16編を自選した珠玉の短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『ス』の方は手元になかったのでこちらだけ読む
    ブラッドベリはSFの中でも
    そこに宇宙があるからそこへ行く
    未知なるものを知ろうとせずにはいられないから
    それを知ろうとするという点のみを取り出して
    ファンタジーすなわち空想物語のほうへ開いているので
    SFとは違うんではないかと思わないでもないような気もするが
    広く捉えればやはりSFでもある
    ジャンルSFの中でこそこの形式が光るという意味で

  • 訳:大西尹明、解説:牧眞司、原書名:R IS FOR ROCKET(Bradbury,Ray)
    「ウ」は宇宙船の略号さ◆初期の終わり◆霧笛◆宇宙船◆宇宙船乗組員◆太陽の金色のりんご◆雷のとどろくような声◆長雨◆亡命した人々◆この地には虎数匹おれり◆いちご色の窓◆竜◆おくりもの◆霜と炎◆タイム・マシン◆駆けまわる夏の足音

  • オリジナルは1962年の出版ということで、さすがに古さは否めないものの、発想や設定のブッ飛び方は評判に違わず、後進のSF作家たちに大きな影響を与えたであろうことが容易に理解できる。
    おそらく藤子・F・不二雄氏等も大いに感銘を受けたのでは?
    また、これを自薦したレイ・ブラッドベリ氏が、宇宙への進出というものに対して多大な憧憬を抱いていたことも窺い知ることができて興味深い。

    現代にそぐわない表現や直訳風の拙い文章などが散見されるので、全面新訳等仮に出せば、さらに著者の魅力とスケールが伝わるだろう。
    僭越ながら表題はこれよりも「ロはロケットのロ」の方がよかったんじゃないかとも思うのだが…。

  • どれも宇宙絡みのお話。命の短い人達のお話は読みごたえがあった。

  • パーマネント野ばら
    霧笛
    愛しても、愛しすぎてはいけない

  • 大体どれも面白かった。

  • 萩尾望都から。萩尾望都は原作に忠実に漫画化していたんだという意味で感動。

  • なんとも贅沢な短編集。SF世界を舞台として、ノスタルジィ、叙情、怪奇、幻想、ホラー、冒険、少年の心、家族の想いなどなどが詰まっています。しかもそれがSF世界に実に自然に描かれているので、SFと聞いて難しそうと尻込みする人にこそ勧めたい作品となっています。
    巻頭に収められた「「ウ」は宇宙船の略語さ」で宇宙船乗りになるために旅立つ少年の心を描き、続く「初期の終わり」では旅立つ息子を想う親の心を描く。世界が変わろうとも時代が変わろうとも不変のものとして描かれる心の機微が胸を打ちます。そして心を鷲掴みにされ、ブラッドベリの世界に入り込みます。
    その後も絶望感や焦燥感に胸が締め付けられ、宇宙に挑む物語に胸が踊り、奇妙な世界に胸がざわめきます。ありとあらゆる想いが満ちている、実に贅沢な作品でした。

  • [ 内容 ]
    幻想と叙情の詩人ブラッドベリの魔法の力で、読者はこの世には見えないものを見せられ、触れられないものに触れることができる。
    読者は、あるときは太古の昔に誘なわれ、またあるときは突如として未来の果てまで運ばれてゆく。
    「太陽の金色のりんご」「霜と炎」「霧笛」など、ブラッドベリ自身が16編を自選した珠玉の短編集。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 玉石混合。
    霜と炎がおもしろかった。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1920年、アメリカ、イリノイ州生まれ。少年時代から魔術や芝居、コミックの世界に夢中になる。のちに、SFや幻想的手法をつかった短篇を次々に発表し、世界中の読者を魅了する。米国ナショナルブックアウォード(2000年)ほか多くの栄誉ある文芸賞を受賞。2012年他界。主な作品に『火星年代記』『華氏451度』『たんぽぽのお酒』『何かが道をやってくる』など。

「2015年 『たんぽぽのお酒 戯曲版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウは宇宙船のウ【新版】 (創元SF文庫)のその他の作品

ウは宇宙船のウ (集英社漫画文庫)の詳細を見る 文庫 ウは宇宙船のウ (集英社漫画文庫) レイ・ブラッドベリ

レイ・ブラッドベリの作品

ウは宇宙船のウ【新版】 (創元SF文庫)に関連する談話室の質問

ウは宇宙船のウ【新版】 (創元SF文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする