宇宙(そら)に旅立つ時 (創元SF文庫)

  • 東京創元社
3.59
  • (2)
  • (6)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488618063

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジュブナイル

  • とても古典的な筋書きの宇宙冒険もの
    だがやっぱりハインラインは最高だぜ
    JUSTICEがある
    これがアメリカである
    結末なぞハインラインでなければ許されないがハインラインだから許される
    そういう大正義な思想のお話でありながら
    娯楽小説として隅々まで神経通っていて多くの後続に範たる出来ばえ
    偉い

  • 筋もさることながら、訳がいい

     宇宙の戦士とはまったく違う。オチがタイムパラドックスという意味で夏への扉風の冒険小説だ。

     双子の一方が光速船に、他方が地球に残り、テレパシーで双方向の通信を行いながら遙か銀河の植民星を探す。

     光速船に乗った方は年をとらない。地球に残った方はどんどん年をとる。浦島効果だ。

     エンディングはあっけない。瞬間移動が開発されたことにより、光速船による植民星探査が終了し、メンバーが地球に瞬間的に帰還するというもの。

     そこで対面する、年が大きく違った双子の兄弟の会話が、冒険を終えた少年の成長を端的に表現しておりスッキリした読後感を与える。
    (ラストでひ孫と結婚するというのは夏の扉風だがイマイチ?)

     また、個人的には本作の良さはその訳にあると思う。酒匂真理子さんの日本語訳はリズミカルでファンキーな雰囲気にあふれている。

     邦題は「宇宙(そら)に旅立つ時」となっている。原題は TIME FOR THE STARS だ。なかなかの意訳だね。

     原題のイメージからすると「星の時間から見れば人の一生なんて・・・」ってな感じかなぁ。私が訳者なら「星の時間、人の時間」なんて邦題をつけそうだ。

     すばらしい訳文をメモしておこう。もちろん原文がすばらしいから訳もすばらしいのだと思う。

    どちらになるかは、パンがバターをぬった側を下にして落ちるのと同じように目に見えていた
    女の子は結婚したいと思ったらこんなので手を打つのかという見本
    連中はどこに死体を埋めたんだ? こいつは口止め料か?
    自分が正しくて将軍が間違っているとき、相手に考えを変えさせる方法はひとつしかない。口をつぐんで、議論しないことだ。
    渡り終えたあとに自分で焼いた橋は、どれもみな渡るまいと決心した。


     未確認飛行物体UFOを「ウーフォー」と読ませるあたりは時代を感じるが、それでも1956年発表作品なんだから許せる範囲だ。いい作品にいい訳だった。

  • 2009/11/7購入

全5件中 1 - 5件を表示

ロバート・A.ハインラインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
R.A.ハインラ...
R・A・ハインラ...
アイザック・アシ...
アイザック アシ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×