イヴのいないアダム (ベスター傑作選) (創元SF文庫)

制作 : 中村 融 
  • 東京創元社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488623050

作品紹介・あらすじ

第一回ヒューゴー賞受賞作『分解された男』やオールタイム・ベストSFとして名高い『虎よ、虎よ!』など、実験的かつ先鋭的なスタイルで知られるアメリカSFの鬼才は、短篇に於いてもその実力を存分に発揮している。アンドロイドと人間を繋ぐ狂気の絆を渇いた筆致で描くロードノヴェル「ごきげん目盛り」。最終戦争後の世界で生き残りの男女ふたりが送る奇妙な都市生活「昔を今になすよしもがな」。享楽の限りを尽くす六人の男女が体験する壮絶な悪夢世界の遍歴「地獄は永遠に」ほか、単行本『願い星、叶い星』に収録の8編に新訳2編を増補し、改題文庫化にて贈る、日本オリジナル傑作選。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オールタイム・ベスト級の名作「虎よ、虎よ!」を始めとして、いわゆるワイドスクリーン・バロックの代名詞にもなっているベスターですが、実はその作風は意外と幅広いです。そんなベスターの特徴がよく出ている短編集。

    ワイドスクリーン・バロックと言えば、ストーリー展開の整合性には目をつぶって勢いだけで読ませる作品、というイメージが強いですが、この短編集に納められている作品は基本的に(ギリギリのラインではありますが)ストーリーの破綻はなく、オーソドックスなSFとして、またはファンタジーとして楽しめる作品ばかりです。だからといってベスターらしさが削がれているかと言うと全くそんなことはなく、あの独特のドライブ感溢れる文体、眼前に映画のスクリーンを現出させるがごときヴィジュアルの喚起力はいつも通り健在。さすがの「ベスター節」炸裂!
    ただ、似たようなテーマの作品が多く、読み進めるうちに少々ダレてくる感があり、鴨的にはもう一息な感じ。面白くないわけではないので、そこは誤解のなきよう!どちらかというとSF中級者向けの作品ですかねー。

  • 読後の後味の悪さが好きだ。w

  • 日本オリジナル編集の短編集。単行本は河出書房新社の『奇想コレクション』の1冊だった。文庫化にあたり2篇追加。
    元々が『奇想コレクション』だったと言われると納得の短編が揃っている。特に『地獄は永遠に』と『くたばりぞこない』は秀逸。

全4件中 1 - 4件を表示

アルフレッド・ベスターの作品

イヴのいないアダム (ベスター傑作選) (創元SF文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする