ラジウム怪盗団現わる!/小惑星要塞を粉砕せよ!<キャプテン・フューチャー全集10> (創元SF文庫)

制作 : 野田 昌宏 
  • 東京創元社
3.78
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488637200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <寂>
    とにかく良く出て来る言い回しは「太陽系随一」「太陽系で右に出るもの無し」。 そして、もう二度とこのような物語たちが書かれることはないだろう。懲りたもの。合掌!

  • 「ラジウム─」はハミルトン最後の長編。様々なガジェット
    や今では存在が否定されているヴァルカンという惑星の
    面白さもさることながら、この話の最大のポイントは今まで
    いそうでいなかった新しいタイプの悪役ルウ・グウルと
    わけありの宇宙海賊ボルク・キングの二人だと思う。
    ところでルウ・グウルはなぜ月には手を出さなかったの
    だろう?(笑)。
    「小惑星─」はマンリー・ウェイド・ウェルマンの手による
    もの。キャプテン最大の敵ウル・クォルンとその愛人ヌララ
    の再登場だったり、キャプテンの「家」とも言える月の消失
    など面白くなる要素はたくさん盛り込まれているのだが、
    物語が一様に平板で盛り上がらず非常に残念な出来。これが
    キャプテン・フューチャー最後の長編というのはさすがに
    淋しいなぁと感じてしまう。ひょっとしたら野田大元帥も
    そう思ったのかもしれない。

  • キャプテン・フューチャーにハミルトン以外は不要   
    表紙   5点水野 良太郎
    展開   5点1946年著作
    文章   5点
    内容 420点
    合計 435点

  • キャプテン・ヒューチャーシリーズ第10弾にして長編のラスト。
    同じ名義で別人が書いているので微妙にテイストが違う感じがあるが、20作目ともなれば、ある程度行き詰るところはあるのだろう。

全5件中 1 - 5件を表示

エドモンド・ハミルトンの作品

ラジウム怪盗団現わる!/小惑星要塞を粉砕せよ!<キャプテン・フューチャー全集10> (創元SF文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする