額の宝石 【新版】 <ルーンの杖秘録1> (創元推理文庫)

  • 東京創元社
3.41
  • (2)
  • (3)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488652104

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 暗黒帝国とその勢力を憎み
    復讐しようとする一人の青年の物語。
    そんな青年もはじめは
    暗黒帝国の手先だったわけで。

    少しだけSFの要素こそ出ますが
    基本的にはファンタジーです。
    ただし、魔法はほぼ出てきません。
    ほとんどが剣と飛行兵器で占められていますので。

    一人の青年の感情の変化が印象的。
    はじめは暗黒帝国に敗れたトラウマゆえに
    感情をなくしていましたが
    取引に行った国の太守にその腕を認められてからは
    元の彼にふさわしい活躍を見せます。

    これからどうなるのかな。

  • 再読です。

    ムアコックのヒロイック・ファンタジー・シリーズは、永遠のチャンピオンという大きい物語のなかに位置づけられています。
    その中核をなすのが、エルリック、エレコーゼ、コルム、ホークムーンの4人です。
    まあ、この前読んだフォン・ベックも、永遠のチャンピオンの1人みたいですが、あれは、多分、ヒロイック・ファンタジーじゃない……のかな?

    で、わたしがこの4つのヒロイック・ファンタジーの中で、一番最後に読んだのがこのホークムーンのシリーズです。

    実は、昔は、このシリーズ、あんまり好きではなかったのです。

    ホークムーンの話は、「ルーンの杖秘録」と「ブラス城年代記」と前期と後期にわかれていて、後期のお話は、すべての永遠のチャンピオンの大団円になる派手な展開で好きだったのですが、こっちは、ねぇ。

    多分、理由は、ファンタジー色が少ないこと、現実っぽいのにマンガ的(敵が、動物の仮面かぶってたり)なとこ、主人公のキャラに、パッとした特徴がないことなんかがあげられると思います。
    要するに、地味なんです。

    それまでに読んだのムアコックのヒーローは、ものすごく身体的にも特徴があってとんがってた。

    まあ、今思えば、エレコーゼも、大した特徴がない気がしますが、あれは、お話自体がブッ飛んでいました。

    で、今読み返してみると、この話、結構、深い。
    派手な展開が無い分、キャラクターの内面を掘り下げて書こうとしているのが、よくわかって、ちょっと見直しました。

    ムアコックは、段々と哲学的な方にいって、わけがわかんなくなっていくのですが、このシリーズは、もしかすると、エンターテイメントからちょっとそっちの方に移ったときのものなのかもしれません。
    で、そのエンターテイメントと内面的なバランスが、けっこう、いい感じです。

    昔ダメだったものでも、読み返すといろいろ発見があっておもしろいです。

  • 「ルーンの杖秘録」全4巻。
    永遠の戦士ホークムーンの物語。
    エルリックのような壮絶カタストフとは異なり、クエストと活劇中心の安定した筆運び。
    緊密な舞台設定はさすが。

全3件中 1 - 3件を表示

マイケル・ムアコックの作品

ツイートする
×