内なる宇宙〈下〉 (創元SF文庫)

制作 : James P. Hogan  池 央耿 
  • 東京創元社
3.54
  • (34)
  • (57)
  • (91)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 604
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488663186

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内なる宇宙〈下〉 (創元SF文庫)

  • ホーガンすごい。タイトルから想像していた話を大幅に越えていた。前3部作を読んでいるなら必読です。

  • 古書購入

  • 満足!
    すごい濃い映画を見た気分。

  • 「星を継ぐもの」(巨人たちの星)シリーズついに読了。これまでもいくつかSF読んできたけどこのシリーズが断トツ。「あぁやっとSFと向き合った」という感じがする。謎解きのドキドキ感は第1作が圧倒的だけど、伏線諸々を回収したすっきり感は当初の完結編の第3作までは読んだ方が楽しい。

  • 途中で読まなくなってしまった。これ1つのシリーズとして読めば又違ったのかもしれないが、星を継ぐものシリーズではどうしても前3部作との繋がりを求めてしまう。その繋がりが今回は薄いように感じられ、気が乗らないまま読み終えてしまった。又、「巨人たちの星」でもそうだが、JPホーガンの描く世界観は好きだし、たんたんとした物語の運びもそれそれで没入感があるのだが、争い場面になるとそれ故、緊張感がない。残念だった

  • ディックだったら間違いなくアイデンティティの問題をメインテーマにするところ、ホーガンはあくまで客観的に描く。
    まるでこの本自体が彼にとってのエントヴァースみたいに。

  • 前三作で伏線が回収されてしまった後の続編なので、のめり込み度は前三作と比べるとイマイチ。
    と言ってもガニメニアン・テューリアンに続く次の世界が惑星規模の高性能コンピュータに生まれるというのは、AIが次の人類ということを示唆しているように感じられて、面白かった。

  • 着想は面白いな・・・と思わないでもないが、巨人たちの星とは別シリーズでやってほしかった。ハントやダンチェッカーに道化を演じさせることはなかったのに。ジーナという人物も魅力がない。

  • 話自体に無理はないのだけれど…
    何かがたりない。なんだかはわからない。
    でも読んでよかった!

全36件中 1 - 10件を表示

内なる宇宙〈下〉 (創元SF文庫)のその他の作品

内なる宇宙〈下〉 単行本 内なる宇宙〈下〉 ジェイムズ・P.ホーガン
内なる宇宙 下 (創元SF文庫) Kindle版 内なる宇宙 下 (創元SF文庫) ジェイムズ・P.ホーガン

ジェイムズ・P.ホーガンの作品

内なる宇宙〈下〉 (創元SF文庫)に関連するまとめ

内なる宇宙〈下〉 (創元SF文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする