聖なる侵入 (創元推理文庫 696-7)

  • 東京創元社
3.38
  • (1)
  • (13)
  • (16)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 133
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488696078

作品紹介・あらすじ

マニーは外宇宙で処女受胎によって生をうけた。母とその夫は、邪悪なゾーンに覆われた地球に彼を送り込むべく外宇宙から帰還する。だがその時事故が起こった。母は死亡、夫は長い冷凍睡眠につき、ただ一人マニーだけが仲間の手で救出された。そして6年が過ぎ、彼は一人の少女に出会う。彼女に導かれ、自分の正体を知ってゆくマニー。前作『ヴァリス』を展開させた、新たな物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 作品本文が終わって訳者が書いてる神学談義みたいな文章が長過ぎてふつうに飛ばしてしまった

  • SFを読むとき、いつも序盤は世界観を掴めるまで手探り状態で、投げ出したくもなるのだが。
    これは、そうなりながらも何とか読み進めていくと、中盤すごく面白くなってきた。
    そして、最後はなんだか広げた風呂敷をうまくたためていない感じ。

  • ディックの神秘体験を反映した、神秘主義哲学の小説。
    難解で、神秘主義に関する知識がなければ何が何だかわからないが、それでも面白い人には面白いという、個性派小説。

  • はじめ読んだ時に疑問点が消えず結局2回読んだ。ディック流のグノーシス思想書かと思ったらそうではなかった。関連はあるけども性質は全く異なる思想、多分カバラ思想だろう。ヘルメス思想にも少し影響を受けているかも知れない。
    読後はディックにしては穏やかで、終末的ではなかった。

    新約聖書、マタイ福音書を読んでいて思ったこと。これは失敗しなかったイエス、つまり受難しなかったイエスの世界の再構築の物語でないかと感じた。それであれば、穏やかな世界が醸成されたのも頷ける。

全5件中 1 - 5件を表示

フィリップ・K・ディックの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×