消滅の光輪 下 (創元SF文庫 ま 1-3)

著者 :
  • 東京創元社
4.45
  • (18)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 94
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (503ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488729035

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 緊急指揮権を確立させた、司政官マセ・PPKA4・ユキオ 
    しかし避難計画が進むにつれ住民たちとの軋轢は最高潮に達しついに大規模な暴動へと発展する。 
    巡察官の告発による司政官職務凍結。 先住民が語る知的生命体の未来。 
    司政官マセ・PPKA4・ユキオは、あらためて『司政官の意義』を見つめ直す。 
    初版1979年4月 まったく色あせない名作です。 
    機会をみて『司政官 全短編』『引き潮のとき』も読み直したい。 

  •  これは行政官の物語である。司政官マセの内面の動きに焦点を当て、その施策と社会の動きを克明に追っていく。どこでどのような施策をとるか、ある種シミュレーション・ゲーム的な理知的な面白さに満ちている小説である。連邦事業団や連邦軍など司政官の権限が及びがたい伏兵の存在、そして物語の冒頭「いい人たち」と描写される先住民の予測不能な動向。

     眉村卓は「インサイダー文学論」ということを謳っていた。組織の内部にいる人間の物語ということだが、内部の人間が必然的に持たざるを得ない矛盾も含めてある肯定的な立場で描いていこうという感じだろうか。「司政官」シリーズもまさにそれである。とはいえ、現実の私たちの世界の行政官たちがマセのように真面目に叡智の限りを尽くして仕事しているんだろうかなどと考えてしまう。そういう意味では自治体の首長たちに読んでいただきたい小説かも。

     さて、東京創元社さん、どうして『引き潮のとき』も文庫化してくれないのでしょうか。これは1983年からおよそ13年間連載された。凋落した司政制度のもと、連邦政府の利益のために担当世界を混乱に陥れる使命を帯びて赴任した司政官の物語である。早川書房で5分冊の単行本として出たあと、文庫にもならず、2006年に、黒田藩プレスというところが2巻まで再刊して滞っているのだ。何たるスキャンダル!

  • やばい、面白い!!!!!ってなって後半部分を睡眠時間削って読んでしまった。マセ…。大変だったねぇ(T_T)東創の司政官シリーズは年代順にしてくれてるから親切だなぁ。あと解説で司政官のランクとか説明してくれてたんで楽しく読めた。

  • 市政官シリーズの長編です。シリーズの最高作とありますが、確かに面白いです。単行本は1979年に出版されています、今回再々の文庫本です。30年前に書かれたお話ですが全然古さを感じさせません。文庫化してくれた東京創元社に感謝です

  • -

  • 太陽の超新星化に対応して、緊急指揮権を発動して退避計画を推し進める司政官マセ。多くの抵抗勢力の登場、先住民は誰一人退避計画へ参加しない。超新星化とともに滅亡への道をたどるのか。住民の大規模な暴動。非常にテンポ良くストーリーが進んでいく。

  • 上巻から一転怒涛の展開。
    畳み掛けるように事が起きるので目が離せない。
    頑張ったけどそりゃ〜ないよの巻。

    マセの微妙な感情の揺らめきが恥ずかしく悶えますねぇ
    気になる女性に対して俺偉くなったのになんでそんなに普通なの!とか

    中学生かあんたは。

  • 2008/07

    1979年に著された司政官シリーズの復刊
    最初に読んだのは中学生の頃か?

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1934 - 2019。SF作家。1979年に『消滅の光輪』で泉鏡花文学賞および星雲賞を受賞。また1987年に『夕焼けの回転木馬』で日本文芸大賞を受賞。代表作にジュブナイルSFの名作といわれる『なぞの転校生』『ねらわれた学園』などがある。

「2023年 『不思議の国の猫たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

眉村卓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
グレッグ イーガ...
グレッグ イーガ...
ロバート・チャー...
アイザック・アシ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×