拡張幻想 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)

制作 : 大森 望  日下 三蔵 
  • 東京創元社
3.69
  • (6)
  • (27)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 223
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (645ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488734053

作品紹介・あらすじ

そうそうたる顔ぶれによる、2011年の日本SF短編の精華。今年度版には18編を収録した。コミックや同人誌作品も収める。巻末には第3回創元SF短編賞受賞作を掲載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 以前からそうだけど、SFは「すごく面白い!」のと「こりゃ読めん」のと両方ある。だからアンソロジーはありがたい。長編を買ってどうにも読めなかったときのダメージは大きいもの。

    今回は、新井素子さんの作品が印象に残った。あの文体は決して好きな方ではないけれど、この「絵里」という作品ではとても効果的だ。切ない余韻があった。円城塔さんはいつものように、よくわからないところがいい。(←あ、私にとっては、です)

    しかししかし。なんといってもダントツで、これはすごい!と思ったのは、とり・みきさんの「Mighty TOPIO」というマンガであった。東日本大震災チャリティー漫画アンソロジー「僕らの漫画」が初出だそうだ。この、たった8ページのマンガに、私は笑って、そして泣きました。ボランティアや原子力をギャグにして笑えるなんて思ってもみなかった。最後のページで子どもたちが、お地蔵さんのように立つロボットTOPIOに手を合わせるコマは、思い出しても目頭が熱くなる。人間の行いを痛烈に打ちつつ、祈りに満ちた傑作だ。

  • 3.11を題材にしたとり・みき『Mighty TOPIO』、川上弘美『神様2011』と、伊藤計劃モノ(強引!)の神林長平『いま集合的無意識を、』と伴名練『美亜羽へ贈る拳銃』が強すぎて、ほかはあまり印象に残らなかった。まったく別種のものであるが、日本人の"SF"を変えたという点で、この二つはやはり大きかったのだな、と。どちらも最高級に強力でありながら安易に触れれば容易に変質し得る素材であるがゆえに、ここに収められた各編のクオリティには泣き笑いを捧げるしかなかった。

  • 「拡張幻想 年刊日本SF傑作選」大森望、日下三蔵/編
    SFアンソロジー。色々。
    2011年版。第五集。

    序文や解説にもありますが、東日本大震災と小松左京没、という2つの大きなトピックスを反映した2011年のアンソロジーです。
    SFって、当然サイエンスとリアルがあってこそのフィクションだから、突飛なようでいて、世相に大きく影響する。
    全18編。

    『5400万キロメートル彼方のツグミ』庄司卓…無人探査機+少女A.I.のボーイミーツガールもの。それほどユニークなストーリーではないですが、話題性を感じて良。
    『交信』恩田陸…こちらも無人探査機もの。ショートショート。
    『Mighty TOPIO』とり・みき…SFギャグマンガからこその、福島原発の描き方!安直だけれども、科学技術のジレンマを、ナンセンスに取り扱っていて、結構好きです。
    『黒い方程式』石持浅海…佳作。作者のイメージがちょっと上がりました(笑)
    『結婚前夜』三雲岳斗…素晴らしい、beautiful!のひとこと。雰囲気の叙情性、SF設定の丁寧さ、奇抜でない独自の発想、人物描写のリアリティ。生体RFID→異位相空間という2つのSFを、さらっと盛り込んでいる、脱帽。何より作者自身の未来観が反映された一編なんだろうな。大好きです。
    『絵里』新井素子…あー、やっぱりダメだ、この人の小説は…。合わないならレビュー書かなくてもいいんですけど、、なんとなく、ね。
    『〈すべての夢|果てる地で〉』理山貞二…第三回創元SF短編賞受賞作。これは、読み解きたい!理解したい!ガチンコのSFです。難しいけど面白い!

    巻尾の解説(大森さん、日下さん、飛浩隆さん)を読むと、SFの評価はとにかく人それぞれだな、と感じる。
    それだけ多角的な捉え方のあるフィクションなんだと思います。たぶん、原理的に超越したSFだったら、文章とか抜きに名作になるだろう気はする。
    また、2010年前後の社会的なリアリティの延長、という意味で、ここまで伊藤計劃が評価される、というのも分かる。良い意味で時代の流行り物。
    次集も楽しみです!(4)

  •  収録作をひとつひとつ見直せば、けっこう奇矯な話もあるのに(「超動く家」とか)、読み終わってみると落ち着いた作品が多かったような印象が残るのは、故人へのオマージュや鎮魂の作品が多かったせいか。
     年刊傑作選だけあってどれも良作だったが、その分飛びぬけて印象に残る一作というのも…あえて選べば伴名練「美亜羽へ贈る拳銃」。この話、最初に発表されたものと今回収録されたアナザーエンドでは、だいぶ性格の異なるものになったのではないか。
     あとマンガ2作も良。

  • 拡張幻想 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)

  • 2011年はどういう年だったかってもう今は2013年なので
    去年はどういう年だったかというと2012年なのである
    2012年篇が出てから読むよりましだけれど
    もう2012年のことなんて覚えていないぞ
    2011年はいろいろあったからともかく

    小川一水『宇宙でいちばん丈夫な糸 The Ladies who have amazing skills at 2030』
    毎度おなじみ作者
    副題とおり『妙なる技の乙女たち』連作中のひとつ
    これだけきりだしても面白がりがたい
    カーボンナノチューブのSFとの現実味どあいはそうだと思う

    庄司卓『5400万キロメートル彼方のツグミ』
    指示が音声入力なのもすごいが
    なぜツグミなのかわからない 意味ないのか
    ライトノベルに侵されすぎてジュブナイルの純がどんなだったか
    文章はしばしに無駄を感じる

    恩田陸『交信』
    同選集過去最短(たぶん)1ページ
    「はやぶさ」盛り上がっていただけるは
    宇宙開発事業としてまこと結構だが
    なぜ「はやぶさ」だけ
    「かぐや」もがんばったんだよ
    爆発迷走墜落しないとお涙頂戴できませんか
    題名と内容だけあって置いておくと
    そのうちなんだかわからなくなる1ページ

    堀晃『巨星』
    「バビロニア・ウェーブ」というと
    「リフレクト・フォース」と同じにきこえる程度に
    何が書いてあるかわからない
    小松左京作品はあまり読んでいないので
    オマージュというフランス語と同じ
    『明日泥棒』の「直列二気筒」は
    大学生のとき初めて沼袋駅のスーパーのレジが
    そうなっているのを発見して興奮
    さすがはなのみやこだいとーきょーと思い出

    瀬名秀明『新生』
    こちらはパスティーシュでリスペクトらしい
    小松左京作品にはぜんぜんもんくないのだが
    SF選集「2011年傑作編」を買ったのに
    それはおいても良い作品だから載せたのだろうけれど
    はやぶさや小松左京や福島で爆発しなくても
    2011年は2011年

    とり・みき『Mighty TOPIO』
    マンガは絵が使えるのでずるい
    映像作品だとさらに効果よく音をかけ合わせられて
    さらにずるい
    文章でしかのものもあるしたいていなんとかなるけれど
    やはり文章でしかない

    川上弘美『神様 2011』
    この選集初(たぶんたぶん)の「著者のことば」なし
    ジャンル「文芸」文章芸
    うしろに術がつくとなぜかありがたい日本語

    神林長平『いま集合的無意識を、』
    「ついったー」は商標登録 R.P.G
    伊藤計劃作品や
    ネットワークに日々多くのひとがつないで費やしていることに対する
    SF作品についての随筆とか評論
    集合的無意識を生成するということが
    これまでの歴史が想像できる範囲を超えて
    想像できなかったものを想像できえるのか
    とりあえず宇宙飛行士にはならずとも月から地球をみてみたいが
    それほど人間には期待していない
    まったくしていないのではないにせよ

    伴名練『美亜羽へ贈る拳銃』
    面白がれる娯楽作品が読みたい派としては
    これくらいの長さで短編小説という気
    脳マッピングがそこまで再現性あるなら
    ミステリにならないのではだが
    こまけえこたぁいいんだよ
    例によってもちろん『ハーモニー』のことも
    すっかりさっぱりまるきり全然少しもまったく覚えていないのが
    (例えば主人公の性別も答えられないくらいに)
    この作品は娯楽小説として作り物じみて面白い
    ただ上と矛盾しないが短編小説としては長めに感じる

    石持浅海『黒い方程式』
    そういえば今回はこの選集恒例のこれのどこがSFだとの文句がなかった
    『冷たい方程式』はミステリにおける
    説得力ある「意外な結末」ものにおける
    「最初に書いたもの勝ち」で感心させられたが
    ミステリでもSFでも「説得力ある」の部分を
    読者がどれくらい興深く感じてくれるかは技術の外にあって難しそうだ
    この作品に限ったことでもないけれど

    宮内悠介『超動く家にて』
    「ほぼぎりぎりSFといえなくもなくもないかな」なミステリ
    『すべての夢~』が「マニア向け過ぎはしないかと思った」わりには
    これは良いのがよくわからない
    ミステリの限界突破をSF畑からうらやましがってるだけなのでわ

    黒葉雅人『イン・ザ・ジェリーボール』
    これも風変わりな舞台立てのミステリでSFとしてはなんとも
    ミステリとしてはおとなしめ
    参考文献のひとはミステリでなくとも読めて
    ミステリでないと読めないのとは違うと思う

    木々津克久『フランケン・ふらん -OCTOPUS-』
    この作者の作品は
    「ひとあじちがう価値観」心をくすぐるが
    『ブラックジャック』でなく『夢幻紳士』路線で
    ひとつ上の作品と同じく力量に差がありすぎる
    作品として劣っているからといって各人の好みとはまた別だけれど

    三雲岳斗『結婚前夜』
    嫁ぎ先の状況と親元との対比に
    読むこちらの心境が一方偏りすぎで効果薄
    先行作品の黄金則を反転させたのだろうけれど
    あまりうまくいっていない

    大西科学『ふるさとは時遠く』
    「どんどん高い塔を建てていくと先端は光速を超えるんじゃね」
    の麓を眺めた舞台設定発想
    天円の描写は地上のスペースコロニーでとても面白いが
    つじつま合わせるのがすごく大変そうで
    郷愁に浸っているどころでない気がする
    そのずれたのんきさが作者の持ち味と思うが
    あんまり明るい話でなくいまひとつ

    新井素子『絵里』
    「子供が親に感慨を持ってくれないなら親が負担を負うことはない」
    という意見へまともに反対するのはとても困難だが
    「予定外着床」という「事故」の責任は誰にあるかと
    「子供が親をどう思うか」と「親が子供を育てなければならない」関係を
    混ぜてはいけないのでは
    SFかどうかとかでなくお話としてしっくりこない

    円城塔『良い夜を待っている』
    別格過ぎて他の作品が霞む

    理山貞二『〈すべての夢|果てる地で〉』
    いかにも「出し惜しみなく詰め込んだ」作品
    前向きにSFらしいSF活劇
    ロバートの愛称がボブらしいのが不思議
    オーウェル効果はヴェルヌウェルズの昔から
    その反証のほうが多い気がしてしまうので
    もう少し踏み込んで欲しかった
    アイデア盛りだくさんだけれど
    「活劇」なのでもうすこし華麗なまとまりだともっと良かった

    どの短編を取捨選択するかにもよるだろうけれど
    神林円城のお二方ととり・みきのお一人は別格として
    その他は上と比較して残念
    しいてあげると伴名石持大西理山といったかたがた
    各作者様には名もなき一読者の感想などと関係なく頑張っていただきたい(えらそう)

  • 伴名練「美亜羽へ贈る拳銃」★★★★★

  • 小説

  • [2011年SFアンソロジー「拡張幻想」を読んで - heyheytower]( http://maijou2501.hateblo.jp/entry/20120717/1342537347 )

  • めちゃめちゃ脳みそフル回転したうえに、とにかく長かった…
    1編1編はさほどページ数も無いと油断していたら、そういう作品に限って濃密で、理解に時間が必要で。
    つかれました…もうお腹いっぱい。

全18件中 1 - 10件を表示

拡張幻想 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする