ブラインドサイト〈上〉 (創元SF文庫)

制作 : テッド チャン  嶋田 洋一 
  • 東京創元社
3.14
  • (4)
  • (9)
  • (21)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 203
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488746018

作品紹介・あらすじ

【ヒューゴー賞候補作】突如現われた異星からの探査機群。人類は存亡を賭け、特異な能力者達を宇宙に送り出す。テッド・チャン推薦、「意識」の価値を問う本格ハードSF!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブラインドサイト〈上〉 (創元SF文庫)

  • (譛ャ縺ョ髮題ェ?01401)

  • 四重人格、機械化生物学者、平和主義者の軍人、脳の半分を失った男、そして吸血鬼!という登場人物の組み合わせに興味をそそられて読み始めましたがなかなか読み進められませんでした。ようやく上巻読了。下巻は面白くなることを期待。

  • 「エコープランシア」の紹介にこれの続刊であることや現代版「ソラリス」とか、ハードSFとかあったので手に入れて読み始めたのだが、、100ぺーじほど読んで中断中。
    もっとすらすら読めて楽しめるエンターテイメントな別な作品を読みたくなったのでしばらく積んどく。

  • あらすじがすごく面白そうで、前々から読みたかったSF小説。やっと手に入れて読了。
    ところどころにカタカナ(英語)が出てきて、単語の意味がわからないこともあって、想像力が半減(笑)。
    上巻の最後の方にやっと表題の盲視(ブラインドサイト)が出てくる。
    意識と現実は本当にイコールなのか、そのあたりを考えさせる話っぽい。多分。
    結構難しい内容で理解できない部分が多い。
    下巻に期待!

  • レビューは下巻にて。

  •  ブラインドサイト、盲視とは意識として認知できないにもかかわらず、脳は知覚刺激を受容している状態。見えたという意識がないのに見えているという、脳の障害で起こる現象。これがタイトル。

     2082年、異星人の放ったと思われる65536個のプローブが地球をくまなく走査する。異星人の意図は不明なまま、プローブとの交信先、遙か太陽系の辺縁まで宇宙船〈テーセウス〉が派遣される。乗員は、古代に絶滅したが、遺伝子工学により復活した吸血鬼、多くのマシン・インターフェースを接続した生物学者、四重人格の言語学者、軍人、そして「おれ」。

     「おれ」は何か病気で脳を半分切除する手術を受けている。「おれ」は他人を理解できず、他人との関係全般を嫌悪している、それゆえに理解できない人たちと一般の人たちを仲介する能力を持った「統合者」である。

     他方、生身を捨ててヴァーチャル環境に行ってしまう「おれ」の母親、「おれ」と付き合うけど別れてしまう恋人とのエピソードなど、「おれ」の人生がフラッシュバックされつつ、深宇宙の話が進む。

     〈テーセウス〉の向かった先には木星の10倍の質量を持つ暗い天体ビッグ・ベンがあり、その周回軌道にある構造物が発見される。その構造物は人間の言葉で交信してきて、しかも自分をロールシャッハと名乗った。しかしロールシャッハの語りは要領を得ず、人間の言葉を解析して使用してはいるが、意味を理解していないのではないかという疑念が持たれる。
     ロールシャッハに送り込んだロボット兵士はことごとく通信不能に陥り、人間自らが防護と帰還後の医学的治療こみで、磁気と放射線の嵐の中、ロールシャッハに踏み込むことになる。そしてロールシャッハに侵入した乗員たちは、ブラインドサイトに類する神経心理学的障害を呈して活動不能となってしまう。
     まさにロールシャッハ。探査する者がそこに何かを見ようとするが、何だかわからないし、もしかするとまったく意味はないのかも知れない。この不可解さは『ソラリス』を思い出す。ファースト・コンタクトものだが、当面、異星人と出会い損ねるストーリーである。

     テーマは「意識」らしいのだが、人間の認識を越える能力を持った吸血鬼、ヴァーチャル存在、機械による意識の拡張、脳の機能の階層性など、この時代の人間のあり方がパラフレーズされつつ、ロールシャッハの謎と恐らく絡んでくるのであろう。

  • 吸血鬼、様々な登場人物で、期待して読んでしまった。異星の物を探索するときはわくわくしました。

  • 地球に観測器を送り込んだ異星人とのコンタクトのために吸血鬼をリーダーとするメンバーが宇宙の果てに飛ぶ

     導入が長くて飽きてくる。上下巻だが、上巻でギブアップしそうだ。

  • 吸血鬼のリーダー、サヴァンな主人公(語り手)、多重人格な同僚

    設定だけで虚空船団みたいな狂気の匂いがしてテンション上がります。

全18件中 1 - 10件を表示

ピーター・ワッツの作品

ブラインドサイト〈上〉 (創元SF文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする