エコープラクシア 反響動作〈下〉 (創元SF文庫)

制作 : 加藤 直之  渡邊 利道  嶋田 洋一 
  • 東京創元社 (2017年1月28日発売)
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488746049

作品紹介・あらすじ

太陽近傍のイカロス衛星網に向かった宇宙船を待ち受ける「小惑星帯の天使」。そして集合精神教団、吸血鬼、ベースラインと呼ばれる現生人類の三つ巴の抗争に、さらなる謎の勢力の影が――超越知性たちの熾烈な生存戦略チェス・ゲームの攻防は、壮絶なる終幕に至る。盤上に生き残るのは何者か? 星雲賞など全世界7冠制覇『ブラインドサイト』の語られざる事実がついに明らかに。本編の序章となる短編「大佐」も特別収録。

エコープラクシア 反響動作〈下〉 (創元SF文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 意識については、もういい加減当たり前だから次の実のある話をしようという点で賛成。
    また、全作に続き「参考文献」が素晴らしい。
    アイディアありきのSFで、その拠出元を明らかにするという点が科学的です。

  • 筆者の宗教観が混在したSF小説、宗教的な話も出てくる。なかなか、難しい本であるが、最終的に人類は、吸血鬼の獲物となり、落ちてしまって、前作とつながる作品、悲しい話である。

  • ポストヒューマンたちのチェスゲーム。自由意志という幻想、ウィルス性の神といった虚無的な世界観の割に結末は妙に爽やかな感触。何かを受け入れることで終わるものもあれば始まるものもある。

  • ブラインドサイトで慣れてみれば、なぜ途中で躓いたのだろう?って感じで読み進めることができたが、自分が思うところのハードSFは別物なんだな。

全4件中 1 - 4件を表示

エコープラクシア 反響動作〈下〉 (創元SF文庫)のその他の作品

ピーター・ワッツの作品

エコープラクシア 反響動作〈下〉 (創元SF文庫)はこんな本です

ツイートする