流浪の月 (創元文芸文庫 LA な 1-1)

著者 :
  • 東京創元社
4.35
  • (3066)
  • (2068)
  • (680)
  • (110)
  • (27)
本棚登録 : 25765
感想 : 2088
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488803018

作品紹介・あらすじ

映画化決定!!
監督:李相日
主演:広瀬すず 松坂桃李
横浜流星 多部未華子ほか出演
2022年公開予定

2020年本屋大賞受賞作

あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 9歳の更紗と19歳の文が2か月にわたり共に過ごすが、誘拐事件として捜査され、やがて文は逮捕される。その後2人は【元被害者】【元加害者】として過ごし、15年という歳月を経て再会する。裁きとは?善意とは?第三者と当事者による事実と真実の在り方が描かれた物語。

    本屋大賞受賞作であること、何より私のブク友さんが多く本棚に並べられていることから、私も続けと手に取った。

    世間を騒がせた事件の報道、第三者が受け止めるそれぞれの事実によって抱く被害者への悲哀と慈悲、加害者への嫌悪、悪意のサマがそこにはあった。私にも身に覚えのある感情だ。

    本作は当事者で被害者とされている更紗の少女期と成人後の視点をメインに滔々と真実が語られていく。私は被害者ではない、文は加害者ではないのだと。

    しかし世間はその真実をすっ飛ばし、憶測や自己都合で形成したそれぞれの事実に基づき、更紗と文をどこまでも傷つける。あるものは故意の悪意をもち、あるものは他意の善意をもって。

    更紗の独白が、私の心のひだにぶら下がる。

    「白い眼というものは、被害者にも向けられるのだと知ったときは愕然とした」

    「いたわりや気配りという善意の形で、『傷物にされたかわいそうな女の子』というスタンプを、わたしの頭から爪先までぺたぺたと押してくる」

    私は己に問うてみる。
    時に、憶測の中で被害者を犯していないだろうか。
    時に、無責任な正義感で被害者を庇護していないだろうか。

    そして彼女は結論づける。
    友達でもない恋人でもない家族でもない人と一緒にいたいという感情は存在すると。

    本作は最後に文視点の独白も綴られている。

    総じて、感慨深くもあり、更紗と文の漫才にも似た掛け合いに愛嬌を感じられたりと、終始物語の世界観に入り込めた作品であった。また文体に柔らさがあり、重いテーマながらも初読者を優しく受け入れてくれる。これぞ著者の魅力だと実感した。この作品に触れて良かった。



    最後に、本作品の余韻でぼやけぬように自身へのメッセージとして記しておく。

    本作品は事件当事者のみが知る真実に基づき、犯罪に対する世間の歪んだ視点、愛情の多様性、デジタルタトゥーの恐ろしさと愚かさが綴られている物語である。

    この物語を額面通りに受け入れ、自分が世間側に纏まらないための言い訳として、目の前で起きている犯罪を擁護し見逃がすようなことがありませんように。 

    • akodamさん
      aoi-soraさん、こんばんは♪
      コメントありがとうございます^ ^
      最近の私、本選びに感受とか直感を大切にしてまして、本作品もまさにそれ...
      aoi-soraさん、こんばんは♪
      コメントありがとうございます^ ^
      最近の私、本選びに感受とか直感を大切にしてまして、本作品もまさにそれです。チャレンジです!

      映画鑑賞されたのですね!読了後映画のキャスト陣をチェックしたのですが、何だかとても良いんじゃないかなぁと思いました。しかし松坂桃李は映画界で引っ張りだこですね。

      原作、とても響きました。映像から原作という楽しみ方もアリですよね!是非是非!!(´∀`*)
      2022/06/25
    • aoi-soraさん
      そう、今までは原作を読んでから映画、と思ってたんですが、それに縛られて観たい映画を見逃す。という悲しい事になりがちだったので(笑)、開放しま...
      そう、今までは原作を読んでから映画、と思ってたんですが、それに縛られて観たい映画を見逃す。という悲しい事になりがちだったので(笑)、開放しました(≧▽≦)

      本当に松坂桃李は、驚くほど多くの映画に出ていますね。
      この映画のキャスティング。
      横浜流星が、結構スゴイです。
      2022/06/25
    • akodamさん
      aoi-soraさん、映画を観るタイミングってホント重要ですよね!とても分かりますσ^_^;


      横浜流星の宣材写真の顔つきがもはや亮くんで...
      aoi-soraさん、映画を観るタイミングってホント重要ですよね!とても分かりますσ^_^;


      横浜流星の宣材写真の顔つきがもはや亮くんですよね。
      とてもとても想像がつきます。

      私はレンタル落ちしてから観ようと思います(*´﹃`*)
      2022/06/26
  • 「‥‥そう考えると、遵守する必要のないルールって多いのね。わたしも子供のころ、どうして夕飯にアイス食べちゃいけないのか、その理由をずっと考えてた」
    「わかった?」
    「ううん。でも、もういいの。今はいつでもアイスクリームを食べていいから」
    「大人になったら、ルールを守らなくてもよくなるの?」
    わくわくと問われ、残念ながら、とわたしは首を横に振った。
    「大人になったら、今よりもっとたくさんのルールに縛られるのよ」
    「でも更紗ちゃん、いつでもアイス食べるんでしょう?」
    「そのために手放したものがたくさんあるの」(249p)

    ホントは昨年5月の映画上映開始前に読み終えるはずだった。間に合わなかった。それは仕方ない。映画は好みではなかった。それも仕方ない。観る作品の半分以上はそうだ。だとしたら、小説は無理に紐解く必要はない。それでも手に取ったのは「流行小説を知る窓」として、本屋大賞1位作品を文庫本になった時に読むことを自らに課しているからである。

    辛いことばかりが起きる。ことは知っている。でも映画も小説も、それぞれ、あらすじだけが価値ではないことも知っている。
    小説は流石に映画の数倍は情報量があった。私は映画では気が付かなかった、幾つもの大切なことに気がついた。更紗に訪れる不幸の連鎖は、必然ではないけどありうる「現代」ではあるという事はわかった。「浮世離れ(マイペースすぎてやばい人)」の両親のもとで育った更紗には、こういう道が確かにあり得るのだ、ということは映画ではわかりきれなかった。それともあの短い描写で、そこまで分かるべきだったのだろうか。でも、更紗は幾つかの経験を重ねて冒頭の会話の心境に至る。

    文に訪れる不幸の連鎖にしても、幾つかの条件があれば決して起こらないことであると、今なら思う。そういう2人が再会する。社会は2人を変えたけど、2人は決して社会に働きかけない。江戸時代の「道行き」からこの方、2人を巡る運命は、大きな構造からかけ離れることはない。

    事実と真実は違う。そのことを、ぼくという当事者以外でわかってくれる人がふたりもいる。(344p)

    彷徨う月は、ずっと新月や半月のままを推移して映画は終わったと思っていたけど、小説版には、思いもかけず、13夜の月が現れた。蒼く澄み切った夜が、2人を照らしている。こんなラストを私は予想していなかった。

    凪良ゆうさんは、苦手の作家ではある。
    けれどもこれが「流行の窓」ならば、
    文庫本が発行されるであろう約3年後もまた、
    私は凪良ゆうさんが選択した事実のその先を、
    真実を探ってゆきたい。

    • kuma0504さん
      土瓶さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます♪

      私、李相日監督との相性悪いんですよね。「悪人」ダメだったし、「怒り」は好きな俳優ば...
      土瓶さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます♪

      私、李相日監督との相性悪いんですよね。「悪人」ダメだったし、「怒り」は好きな俳優ばっかし出ていたのに今ひとつだったし。今回、横浜流星は凄かったですよ。彼にとって転機になる作品だったのでは。
      2023/04/17
    • くりくんさん
      クマさん、感想楽しく読んでます。

      僕は映像オンリー派です。
      最後にようやく「面白い波」が来る感じでした。
      記載の通り流星さんは演技が上手で...
      クマさん、感想楽しく読んでます。

      僕は映像オンリー派です。
      最後にようやく「面白い波」が来る感じでした。
      記載の通り流星さんは演技が上手でした。
      2023/04/17
    • kuma0504さん
      くりくんさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます♪

      くりくんさんは最後に波を感じたんですね。それは幸いでした。映画で満足で...
      くりくんさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます♪

      くりくんさんは最後に波を感じたんですね。それは幸いでした。映画で満足できたならば、それが一番です。

      今回やっと千数百もあるレビューの中から「いいね」が4つ以上ついている人たちの感想をざっと眺めたのですが、皆さん1番感じていたことに「真実と事実は違う」という文のひと言があります。その言葉が一人歩きするのは、なんか嫌な感じがしたので、ここを借りてちょっと補足させてください,

      みなさん、小説という「神の視点」から眺めた全体像を見て、まるで答え合わせのように真実と事実の「違い」についてわかったと言っているのですが、そういう「学習」だと次に出てくる「違い」については気がつくことができないと思うんですよね。私は40年間本多勝一「事実とは何か」を学習会で読んで以降、ずっと考えてきました。世の中の報道は全て、それはSNSでは更に顕著になりますが、誰かの「選択された」事実によって、まるで真実であるがの如く広まっています。でもそれは、誰かの「視点」で選ばれた事実に過ぎない。戦争国のルポを書くときに、延々とその土地の物産を書いても事実だし、殺されていく人間を描いても事実で、どちらも間違ったことを書いていないのにも関わらず、全然違うルポになるのは何故か。ルポを書く目的は事実を書くことではない。出来るだけ真実を書くことです。でもそれはどうやったら書けるのだろう。(長くなるので詳細は省きますが)歴史を見るときに、1番真実に近い世界を見るためには、支配者の視点からその世界を見たら間違う。1番弱い者の視点から世界を見るべきです。なかなか生半可なことでは、そういう観方はできませんが、私はずっとそう努力してきました。

      凪良ゆうさんも、この間の発言を見ていると、出来るだけマイノリティの立場から世界を見ようと努力しているように感じました。そういう観方が評価されているのだとしたら、現代も少しは希望があるのかもしれません。
      2023/04/18
  • "汝、星のごとく"が衝撃的におもしろかったので、本書を購読。

    序盤から強く惹きつけるストーリー。
    言葉にできない複雑な感情の描写。
    『凪良ゆうさん、すごいわ』と一気読みした後に、思わず呟いてしまった。

    "事実と真実は違う"をテーマとした、特別な関係にある男女のストーリー。
    作品に描かれた2人の"関係"と"感情"は、他人に理解できるものではなく、2人しかわからないものだと強く感じた。
    全体的に暗い話だったけど、最後に光が見えたのはよかった。

    凪良ゆうさんの小説はとてもおもしろい。
    次は、著者のどの小説を読もうか考え中です。

    • 傍らに珈琲を。さん
      なべさん、初めまして!
      凪良ゆうさんいいですよね
      人気があるのはなんとなく知っていたのですが、つい最近になって流浪の月で初めて読みました
      最...
      なべさん、初めまして!
      凪良ゆうさんいいですよね
      人気があるのはなんとなく知っていたのですが、つい最近になって流浪の月で初めて読みました
      最後に光が見えたことで、やっと少し救われるくらい苦しい物語でした
      汝、星のごとくは衝撃的な面白さだったのですね
      文庫になるのを待たずに読んでみようかなぁ…

      フォロー有難うございます!
      ご挨拶が遅れましたが私もフォローさせて頂きました
      本棚の一部が似ているな~と感じています
      少しずつですが更新していきますので、これからもよろしくお願いします♪
      2022/10/09
    • なべさん
      傍らに珈琲を。さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      本棚似てますね!太宰治は私も大好きです♪
      凪良ゆうさんは今1番の推しです...
      傍らに珈琲を。さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      本棚似てますね!太宰治は私も大好きです♪
      凪良ゆうさんは今1番の推しです。
      汝、星のこどくオススメですよ。

      これからもよろしくお願いします。
      2022/10/09
  • 凪良ゆうさんの作品は初めて。

    とっても良かった。。。

    事実と真実は違う。
    普通って??

    でも、最後は自分に正直でいることなのかな??
    勇気をもって、自分らしくありたいと思った。

    さて、次は「汝、星のごとく」に行きます。
    とっても楽しみです~。。

    • しずくさん
      いるかさん、たくさんのイイねとフォローをありがとうございました!
      ブクログさん有志の方々と同じ本を読んでレビューを書いていらっしゃるとは素...
      いるかさん、たくさんのイイねとフォローをありがとうございました!
      ブクログさん有志の方々と同じ本を読んでレビューを書いていらっしゃるとは素敵ですね。

      2023/10/09
    • いるかさん
      しずくさん こんにちは。

      コメントありがとうございます。
      こんな楽しみ方もあるのかと、知りました。
      しずくさんも一緒にいかがですか...
      しずくさん こんにちは。

      コメントありがとうございます。
      こんな楽しみ方もあるのかと、知りました。
      しずくさんも一緒にいかがですか。
      これからも是非よろしくお願いいたします。
      2023/10/09
  • 文庫本となり、即購入。
    事実と真実は違う
    解釈は、人によりバラバラである
    自分の普通は他人から見ると普通じゃない時もある
    逆も然り。

    この本読んで、人からよりも自分の想いや考え大切にしたいも感じた。人からどう思われても、真実は自分の中にあるんだなあって感想。

    しばらくミステリー連続読んでたから、なんだか新鮮なる気分として一気読み✨
    ハムエッグにケチャップかけてみよう笑

    • 和風よちゆきさん
      私はウスターソース派ですが、ケチャップ。
      私もかけてみよう。
      私はウスターソース派ですが、ケチャップ。
      私もかけてみよう。
      2022/04/21
    • なんなんさん
      私は醤油派ですが、ウスターソース!も、試してみます〜(^^)
      私は醤油派ですが、ウスターソース!も、試してみます〜(^^)
      2022/04/21
  • ジャンルは恋愛?純文学?
    「真実は事実と異なる」
    真実は2人の中だけに、それを許容できない社会との葛藤の中導き出した答えは?
    本屋大賞で絶賛の嵐なので読了

    題材が少女誘拐のロリ○ン事件なので、
    世論の反応は決して間違ってはいない。
    感受性が乏しいのか、終始2人の心理を汲み取ることが難しかった。

    現在の恋愛は、こういう形態を望んでいるのか?
    惹かれるのか??

    多様な価値観を理解し許容しようという風潮で、
    この本で許容力を高められるとのことだが、
    2人の心理を理解するのははまだまだ難しそうです



  • 凄い面白かった
    二人のやりとり、楽しい時も悲しいときも見てると
    シチュエーションは違うけど
    映画【レオン】のレオンとマチルダと重なる

    自分は憶測で物事を考えたり、決めつけたりするのは嫌いで、個人的に凄い気をつけてるんですが

    この作品はまさにそれを描いてる
    人は【憶測で考え、憶測で動く、事実はほったらかし、違っても見ないふり】自分もふくめ、ほとんどの人がソレだから嫌になる

    結局何が言いたいかっていうと
    【亮くん大嫌い】だけど、あんな亮くん役を引き受けた横浜流星さんに拍手!!って事!!

    • たけさん
      ベルゴさん、おはようございます!

      映画版見ましたよ!
      横浜流星さん、ほんとイヤなヤツでした。あんな役を引き受けるなんてスゴいなー、と...
      ベルゴさん、おはようございます!

      映画版見ましたよ!
      横浜流星さん、ほんとイヤなヤツでした。あんな役を引き受けるなんてスゴいなー、と感心し、今後を心配してしまいました。それだけ白身の演技ですばらしかったです。
      2022/06/11
    • オマモリサマさん
      自分は映画を観てないですが
      予告見て

      鼻血出ても広瀬すずちゃんて超絶可愛いのね…って思いました
      自分は映画を観てないですが
      予告見て

      鼻血出ても広瀬すずちゃんて超絶可愛いのね…って思いました
      2022/06/11
    • workmaさん
      ベルゴさん、そっち!?
      ベルゴさん、そっち!?
      2023/01/04
  • 「汝、星のごとく」を読んでものすごく衝撃だったので、
    こちらの作品も読ませていただきました。
    気づけば、ほぼ一気読みをしており読み終えてしまうことが哀しかったです。
    どう表現していいのか、どう伝えていいのか分からないですが、
    幸せのカタチは人それぞれなのだなと改めて思いました。
    文と更紗、二人を取り巻く周りの人含めて皆不器用ながらも必死に生きていて
    誰かを犠牲にして、自分も殺して、それでもまた誰かを求める…
    抱えているものを吐き出せる存在がいてくれるだけでどれだけ救われるか、
    それを受け止めてくれる人と出会えるのは奇跡であり運命である気がします。
    真実のことを当事者や誰か1人でも知っていれば、
    周りにどう見られても生きていける強さになることを
    文と更紗の二人の生き様を見て感じました。
    すっかり凪良作品の大ファンになりました!!
    映像作品も絶対に見たいと思います!!

  • 映画を見てからの原作読了。映画のシーンを思い出しながら読んだが良くてきてたように思う。また映画を見たくなるくらいいい作品。

  • 本屋大賞受賞作品
    広瀬すずと松坂桃李で映画にもなった話題の物語。

    「事実と真実は違う」ということをテーマとした男女の物語

    ストーリとしては、
    自由な家庭で育てられた更紗。両親がいなくなり、叔母の家で引き取られるも、居場所がない
    そんな更紗は9歳の時に公園で19歳の文と知り合う。
    そして、自分の新しい居場所として、そのまま文のマンションで2か月二人で暮らすことに。
    しかしながら、文は逮捕され、更紗は保護される。
    加害者と被害者の関係
    しかし、真相はそうじゃない

    そして、15年後二人は再会。文は加害者じゃないし、更紗は被害者でもないのに、社会やSNSは二人をそのようにあてはめる。

    二人はどうなるのか..

    そこから浮き上がる
    事実と真実は違う
    ということ。
    自身の真実を理解してもらえないのは辛い。

    しかし、全体的には暗い雰囲気の物語となっていて、どちらかというと嫌いなストーリ(笑)

    文の病名が何かは本書で明らかにされていません。
    ググってしまった

全2088件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1973年生まれ、京都市在住。2007年、BLジャンルの初著書が刊行され、デビュー。17年『神さまのビオトープ』を刊行し、高い支持を得る。19年『流浪の月』と『わたしの美しい庭』を刊行。20年『流浪の月』で「本屋大賞」を受賞する。同作は、22年に実写映画化された。20年『滅びの前のシャングリラ』で、2年連続「本屋大賞」ノミネート。22年『汝、星のごとく』で、第168回「直木賞」候補、「2022王様のブランチBOOK大賞」「キノベス!2023」第1位に選ばれ、話題を呼ぶ。翌年、同作の続編にあたる『星を編む』を刊行した。

凪良ゆうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
雨穴
凪良 ゆう
凪良 ゆう
宇佐見りん
小野寺史宜
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×