新注 不思議の国のアリス

制作 : マーティン・ガードナー  ピーター・ニューエル  Lewis Carroll  高山 宏 
  • 東京図書
3.71
  • (4)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784489004469

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アリス翻訳読み比べその4。翻訳は高山宏、イラストはピーター・ニューエル、そして序文・脚注は米国論理パズルの大家、マーティン・ガードナー。本作は膨大な脚注の内容がとにかく魅力的。言葉遊びに留まらず時代背景も網羅され、アリス好きの機関紙「ジャバウォッキー」に投書された数々の説はこの作品がいかに大量のフリークスを生み出してきたかがよく分かる。また、イラストもモノクロなのが勿体ないほどの美麗さがあり、訳文は「言葉遊びはひとつ残らず」日本語に置き換えたぶっ壊れ具合が大変なことになっている。個人的にはこれが1番。

  • アリス繋がりで、随分前に古本で購入して読んでなかった1冊を、読むなら今しかない!ってことで読みました。
    立て続けにアリス読んだのに訳や注釈の付け方でまた全然違って面白い。イラストも見たこと無いやつで素敵でした。出来ればカラーで見たかったなあ!
    新注と言うだけあって前作に当たる祥注アリスなるものがあるらしいけどそっちも読めていたらもっと楽しめただろうと思います。
    そしてアリスの翻訳はやっぱり凄く難しかろうなあ、と。
    とりあえず次は鏡の国を読もうかな。

  • 『不思議の国のアリス』に関する気の狂ったやうな研究と、他。
     マーチ・ヘイアやマッドハッターに関するものとか、アリスは何でネズミにああいったかのネタ元 とかけっこうおもしろい。
     翻訳不可能な英語の本を訳す翻訳家の人は偉大である。これ見ると、原典がa内輪ネタ b英語によるダジャレ をこれでもかっとやって、それによる「ここがどう面白いかというとー」といふ解説が来るといふすごいものなので、日本語訳はものすごく大変なんだなぁと言ふのがひしひしと伝はってくる。

  • 地元図書館933キ(二階)

  • ルイス・キャロルの「言葉遊び」とナンセンスが歪曲されることなく、高山宏氏のこだわりにこだわった翻訳によってそのままに伝わってくる。

    ディズニー味に加工されていない【純正】アリスの世界は、こんなに楽しく知的興奮を誘うものなのかと嬉しかった。

    「まるでスティームエンジンみたいに、荒い息を噴き、体を曲げたり、つっぱったり」する赤ん坊(132p)や、
    ”Mad Hatter”からhを取れば”Mad Atter”「気ちがい計算屋器]なので、イカレ帽子屋は計算機械の研究に熱中する余り少しおかしくなっていると広く噂されていたチャールズ・バベッジかもしれない(141p)となれば、つい、ウィリアム・ギブスン &ブルース・スターリングの『ディファレンス・エンジン』や、円城塔の『屍者の帝国』とつなげて考えてしまう。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1832年、イギリスのチェシャ州に生まれる。オックスフォード大学を卒業、同大学の数学および論理学の教授に。独特のユーモア感覚と幻想的イメージに溢れた童話『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』は、イギリスはもちろん、世界中で支持されている。

「2017年 『わがままアリスとおくびょうな白ウサギ 不思議の国のアリス 鏡の国のアリス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルイス・キャロルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ルイス キャロル
リチャード・ドー...
ハラルト シュテ...
内澤 旬子
ルイス キャロル
アンディ ライリ...
ルイス・キャロル
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする