レバレッジ・リーディング

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.74
  • (775)
  • (1030)
  • (1258)
  • (117)
  • (44)
本棚登録 : 7025
レビュー : 1148
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492042694

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビジネスマン用の読書法の解説本。要は、リーディングメモをとり、本の内容を自分なりに実践することが大事、ということ。最近、これがようやくわかってきたところなので、腑におちるところも多かった。ほかの著書からの引用が多く、ポイントは最後の2章を読めばいいかなー。期待していたことよりも情報が少なくて残念。

  • めちゃいい本です。
    読む量より質ですね~

  • 対象読者は月に1冊かそれ以下の頻度でしか本を読まない人のようです。
    ある程度読書をしてる人は、自分なりに読み方や活かし方を身につけてると思うので、こういう読み方をしている人がいるんだなという体験談を知る感じですね。
    ---
    年間に本代で100万円は使ってるぜ!と何回か出てくるんですけど、まあ仕事の資料も多いだろうし、それって凄いのかなと。
    そういや年間400冊読んでると書いてあったから1冊あたり2,500円程度というのは、ソフトカバーや新書の相場と比べてなんか高い気が。
    あと、はじめに→目次→あとがきの順で読もうとしたらあとがきがなかったのも残念だった。
    1冊で100倍のリターンをみたいな表現も裏付けが不明。そういう細やかな表現がいちいち気になってしまったので、自分には合ってなかったのかもしれません。

    ただ、この本に何度も何度も出てくる「重要でない部分を飛ばしながら読む」というのをそのまま実践できるいい本でしたし、ビジネス書だけに的を絞っているのも好印象でした。また、06年代のベストセラーの書かれ方も知ることができますね。

  • レバレッジ(てこの原理)でちょっとの力で何かを動かす。 レバレッジリーディング(多読術)にて必要な部分のみを重点的に読み、大半の不用な部分は飛ばす。 俗に言う「飛ばし読み!」

  • 「レバレッジ・リーディング」実は3度目の読了だが、なかなか難しい。どうしてもじっくり読んでしまうし、雑誌も必要なところだけ、というのは難しい。

  • 私が本をたくさん読むようになったきっかけをくれた本。確か2007年か2008年ごろに初めて読んで、「こういう読み方でいいんだ」と気づかせてくれた。

    ・多読を重視
    ・なぜ読むのかを問いかける
    ・重要な部分は全体の2割
    ・レバレッジ・メモ
    ・テーマ別集中読書
    ・付箋・書き込み・折り目

  • 本を読むのは好きだけど、読んだ内容はほとんど忘れてしまう。だからと言って同じ本を何度も読み返すのは時間も無駄のような気がするし、真剣に読んだからと言って頭に残るわけでもない。

    そんな悩みがある僕にこの本は向いてるかもしれない。
    本の中身は重要な16%をつかめばOK。かなりの部分は捨てると割り切る、という考え方です。
    本はついつい最初から最後まで一字一句読みたくなりますが、経験から言って読み終わった時にはほとんどの部分は忘れています。それよりも16%でも、5%でも頭にしっかり残った方がいいでしょう。

    そのためには本を読む目的を決めて、目的に沿わない部分は思い切って捨てることです。

    「完璧主義を捨てること。それが第一歩です。」というのが印象的でした。

    ちなみにこの本も簡単な言葉で無駄をそぎ落とし、少ないページ数でエッセンスだけ詰め込まれた本です。
    僕はダラダラした本より主張が分かりやすくて好きですね。

  • 【良かったところ】具体的な方法、なぜそれをするといいのか?まできちんと理由づけされているので、腑に落ちやすい。
    ただし、ビジネス書を読むとき限定。

    【どんな人に読んでほしいか】
    最近ビジネス書を読み始めた人。
    ただ文字を追うだけになって、読み終わって頭に何も残っていないことが多い人。

    【なぜこの本を読もうと思ったか?】
    ・もっと効果的に本を読みたい
    ・本のポイントをきちんと吸収できているか疑問に感じたから

    【何を得た?】
    ●ビジネス書の基本的な読み方

    1、読む目的を考える(なぜ読みたいと思ったか、どこに魅かれて買ったか)

    2、目標時間の設定(1冊あたり1~2時間が理想)

    3、読む場所を決める(自分がリラックスできる、落ち着けるところで読む)

    4、まえがき、あとがき、目次、著者のPR、本の帯に目を通す

    5、読みながら「自分だったらどう行動していくか」シュミレーションする

    6、メモを取る

    7、まとめて常に見る

  • 本を読んで、そこに書かれているノウハウを自分流に応用し、実践で活用すること。
    みんなが本を読まないということは、逆に本を読むだけでその他大勢から突出できるということ。
    意識して自分に刺激を与え続けないと、自分のやり方に固執したり、視野が狭くなる。
    読書を投資活動と捉える
    1500円の本1冊から得た知識は、将来100倍になって返ってくる。
    本には他人の数十年の経験や知識が詰まっている。
    同じジャンルの本を徹底的に読む(カテゴリ集中法)
    ・・重複して書いてある内容は誰もがみとめる重要なポイント。
    本を読む目的を明確にしておくと、重要なところと、そうでないところの見極めがつくようになる。
    投資としての読書のコツは、自分の身に置き換えて読むこと。
     「自分だったらどうするか」をシュミレーションしつつ読んでいくと、アイデアが出てくる。
    一日の生活リズムに読書を組み込む。
    読みながら考えたことは、書き込む。
    読書が終わった後、メモすることで記録に残し、実践で使う。
    メモの内容を自分の中に刷り込ませることで正しいやり方を身に付ける。
    「引用文」は、とても感銘を受けた言葉と出会ったときに、誰の言葉なのかを明記して入力。
    本から得たノウハウをメモにまとめ、繰り返し読んで条件反射的に行動できるようにし、
    どんどん実践で活用していくこと。
    読んだだけで実行しなければそれで終わる。

  • レバレッジメモに共感。大切な部分をメモし、持ち歩き、身につくまで読み返すというのは、自分も習慣にしたいと思った。
    メモにして、持ち歩いてもいるのに、新しい本読みたさに、メモを読み返していなかった私。
    これからはもっと読み返します。

全1148件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役。シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行う。ハワイ、東京に拠点を構え、年の5ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月を日本の地域、2ヶ月をヨーロッパを中心にオセアニア・アジア等の国々を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。アカデミー・デュ・ヴァン講師。明治大学・上智大学非常勤講師。著書に、レバレッジシリーズをはじめ、『何を捨て何を残すかで人生は決まる』(小社刊)、『トップシェフが内緒で通う店150』(KADOKAWA)等があり、著書累計300万部を突破し、韓国・台湾・香港・中国・タイで翻訳版も発売。

「2019年 『50歳からのゼロ・リセット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

レバレッジ・リーディングのその他の作品

本田直之の作品

ツイートする