レバレッジ・リーディング

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.74
  • (775)
  • (1030)
  • (1258)
  • (117)
  • (44)
本棚登録 : 7025
レビュー : 1148
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492042694

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書術に?ついての本は他に良いものがある。読書について、ショーペンハウエルをお勧めする。

  • "読書を投資活動としてとらえなさい。アウトプットを前提に読書すべし。目的を持って本選びをせよ。1日の生活に読書を組み込め。本の概略をつかみ、自分で決めた時間内に本を読む。
    読んだまま終わらせるな。メモをとれ。
    という本。ビジネス書を多読することを勧めている本。"

  • レバレッジメモは良いかも!

  • ただ読むだけの読書ではだめ。目的を持って読み、重要ポイントをパソコンにまとめ、プリントアウトしたものを携帯し、いつでも見返せるようにしておく。やってみる価値はありそう!

  • <u><b>ビジネス書系読書指南書の原典</b></u>

    <span style="color:#cc9966;">毎月数百冊のペースで新刊が登場するビジネス関連書から、自分に役立つものだけを効率よく選び、しかも短時間でモノにする方法はないか――。年間400冊以上を読破して、確実にキャリアアップに役立てているという著者は、いわゆる「速読」とは全く異なるやり方で、多忙な日常に「多読」の習慣を取り入れる方法を提案する。
    まず、本選びには戦略性が必要だと言い、目的とするテーマや専門性をしっかり設定した後に、新聞や雑誌、オンライン書店などが薦める書籍をチェックして選抜せよと助言する。また、1冊を端から端まで読むのでは効率が悪く、「自分にとって重要な記述は2割程度」だと割り切って考えよと言い、目的とする知識だけを拾い上げていくユニークな読書法を指南する。</span>

    様々な本で紹介されているから、読んでみた。既読感のあるものばっかりだった。皆、この本から引用しまくっているのね…
    「レバレッジ・リーディング」とはレバレッジとはてこの原理のこと本を目的を持って斜め読みして多読することによって
    自己投資し、より多くの結果を残すというもの。
    筆者の読書関係の数字
     筆者の読書量→一日1冊〜4冊
     書籍代→一ヶ月7,8万
     積読本→30冊は用意

  • 「ビジネス読書術の基本」

    読んだ内容をビジネスの成果に活かすことに重点を置いた読者術を紹介している。読書を習慣化させるコツから、読んだ内容を実践に結びつけるまでの仕組み作りなど実用的な内容に富んでいる。
    この本を読む前に読書術に関する書籍を既に複数冊読了していたため、個人的には新しい気づきはそこまで得られなかったが、他の書籍に共通する内容が多いという点ではビジネス読者術における一種の真理を示した内容だとも言える。
    したがって、ビジネスに活かす読書術を模索していて、かつ、まだ関連書籍を読んだことがない人に初めての一冊としてお勧めしたい。

  • 具体的なメモの取り方を知りたくて。

    メモの取り方はシンプルだった。

    1. 線を引く+ページを折る
    2. 線を引いたところをPCでA4にプレーンテキストで打ち込む
    3. 印刷して持ち歩き、自分のものになるまで読む

    筆記用具も線の引き方もこだわらない。


    おもしろかったのは、良書と出会うための工夫。
    海外には有料の書評サービスがあり、サマリーのPDFと音声データが含まれるそう。手は空いていないが耳が空いているときは意外とあるので、音声でのインプットは有益と思う。日本にもTOPPOINTという会員制の書評サービスがあるようだ。
    ビジネス書の書評メールマガジンを利用するのもよさそう。

  • ーーーーー↓R.H2018.9.1↓ーーーーー
    【概要】
     本を1度読んで、それを最大限に生かして実行できる読み方について。読む前から、読んだ後までの行動の仕方。ただ読んで終わることがどれだけ勿体無いことか。

    【共有したい内容】
    ・本は折って書いて汚すべき
    ・インプット、アウトプットによって著者の考え方が自分に染み付く
    【読んだ方がいい人】
    ・本を読むのが苦手、あまり普段読まない人
    ・本が少し好きな人
    ・全ての人
    【悪いところ】
     悪くはないが、本好きな人にとって既に知っていることも多々
    【どういう時に役に立つか】
     1度は読むべき本

  • 自らの能力や存在を成果に結びつける上で必要な習慣的な力を磨く事

  • この本では、例えば1冊平均1500円のビジネス書を多読して、本の購入に費やした金額の100倍稼ぐビジネスマンになろう、という内容。
    「読書をしないビジネスマンは、練習をしないスポーツマンと同じ」「読書をする時間が無い、のでは無く、読書をしないから時間が無い」みたいなフレーズが印象的だった。
    ただ、「沢山買う」のはそもそも初期費用に余裕が無いと難しいかも。

全1148件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役。シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行う。ハワイ、東京に拠点を構え、年の5ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月を日本の地域、2ヶ月をヨーロッパを中心にオセアニア・アジア等の国々を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。アカデミー・デュ・ヴァン講師。明治大学・上智大学非常勤講師。著書に、レバレッジシリーズをはじめ、『何を捨て何を残すかで人生は決まる』(小社刊)、『トップシェフが内緒で通う店150』(KADOKAWA)等があり、著書累計300万部を突破し、韓国・台湾・香港・中国・タイで翻訳版も発売。

「2019年 『50歳からのゼロ・リセット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

レバレッジ・リーディングのその他の作品

本田直之の作品

ツイートする