抜擢される人の人脈力 早回しで成長する人のセオリー

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.77
  • (50)
  • (91)
  • (81)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 773
レビュー : 109
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492043288

作品紹介・あらすじ

ダボス会議Young Global Leadersに選ばれたカリスマヘッドハンターが教える、「若くして活躍する人」に共通する「戦略的人脈作り」のノウハウ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人脈はただ単に横に広げていくのではなく、上方向にスパイラルさせるという視点。つまりは何も考えずに繋がるのではなく、人脈作りにも目的感と戦略を持つ。
    上昇気流の見分け方は、今まで出来そうもなかった仕事が回ってきたとき、今まで話すことがないような人と会う機会が与えられたとき。この時には気流を掴む一層の努力を。

  • とても読みやすい。あっという間に読めた。
    バランスが取れた内容で非常に納得感がある。
    人脈力がタイトルだが自己研鑽の本だなと感じた。
    タグ付けと名づけたセルフブランディングの意識や
    人脈レイヤーのところが特に印象的。

    自分に照らしてみると足りないところが多くてちょっと凹んだ。

    凄いなと思える人に囲まれている環境にはいるので、
    出来るだけアウトプットを心がけて貢献しないといけないな。

  • 人脈構築するために何が必要かが学べる。
    ・自分のタグを作る
    ・社外のコミュニティに参加する
    単なる名刺交換の場ではなく、自分の人脈を広げる、もしくは自分自身を広げられる場として活用できるか。
    また、人脈のレイヤーを上げるというのも参考になった。
    実践できる内容が多い良書。

  • 1. 自分にタグをつける
    2. タグを証明するようなコンテンツを作る
    3. 発信する

  • 自分にタグをつけるという発想が参考に
    なりました。人脈スパイラル・モデル
    に沿って人脈造りと能力向上に図りたい。

  • ここまで人脈を作るということに特化して、ご自身の経験をもとに体系化された書籍はあまり無いのではないかと思います。

  • 今まさに考えていた、求めていた
    「プロジェクト単位で動く世の中になっていく中で、いかに自分を尖らせていくのか」が具体的なステップとして書かれていた
    これに基づいて、2年間挑戦してみたい

  • 芝山ゆかさんのnoteから

  • ビジネス

  • タグに関する部分は参考になる。
    ①どんな仕事をしたいか(will)…方向性
    ②自分にできることは何か(skill)…職能
    ③相手にどんなメリットをもたらすか(value)…購買支援

    タグの裏付けとしてのコンテンツ。

    自分はこういう自己啓発本を定期的に読むべきかもしれない。

全109件中 1 - 10件を表示

岡島悦子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フィリップ・マグ...
小山 龍介
デールカーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

抜擢される人の人脈力 早回しで成長する人のセオリーを本棚に登録しているひと

ツイートする
×