西田式「心トレ」―コミュニケーションの専門家が考えた心の鍛え方

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.41
  • (4)
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 40
感想 : 11
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492043455

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 筋トレ、脳トレはよく知られていますがこの本は心トレです。

    著者はコミュニケーション学を学校で教えているが、いくら知識が増えても実際には使いこなせていない生徒が多い。

    そこで「わかる」から「できる」ために考えたのが西田式心トレだそうです。

    コミュニケーションは知識より実践ですね。

  • 感情を言語化してそのときの状況と共に記録し、傾向を把握する。自己対話をニュートラルまたはポジティブに変えることにより、自分の心をコントロールしよう、という本。

  • もっと心を強くできないか、と思って読んで見た。本書はとくに理論云々よりも「できる」事に焦点を置いてトレーニング本。確かに言われた通りに作業すれば心は強くなる、少なくても自分の心の状態はよく分かるようになると思う。が、なにぶん面倒くさい。日常生活に使うものにシール貼って、その都度メモなんてとっていられない。
    理屈は確かに勉強になるし、自分の感情や思考に敏感に耳を傾けることは大切だし、出来るようになるべきだと思うが、日常生活に支障なく、また一般的に「図太い」と認識されている人が、さらに図太くなる方法を探すのにはあまり適していなかった。

  • 尊敬する西田先生の著書。
    このトレーニングしてる時が一番しっくりきていたから再開しよ。
    コーチングとか勉強しなおしたいなぁ。

  • 「自分の心に害を及ぼすつまらない心とは、今後一切つき合わない」と決心すること!

  • 自分の感情の原因を理解する自己対話を中庸にし、認知をプラスにしていくための6つの実践ステップ。
    実際にやるにはいたらなかったが、不快な世界に嫌気がさし、それを変えたい人には解決の扉になる本だと思う。
    10-17

  • 認知行動療法を身につける本。ドリルを実践していく動機を高めるには、実際に講義を受けた方がいいと思いました。図書館予約数は4(09/12/31現在)です。

全11件中 1 - 10件を表示

西田弘次の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×