二重洗脳―依存症の謎を解く

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.75
  • (11)
  • (25)
  • (20)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 210
感想 : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492043479

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 題名にそそられてつい買った。

    それが今まで読んだ中で1番の名著になるなんて思わなかった。

    薬物、タバコ、アルコール、ゲーム、セックス、
    と依存症には色々ある訳だけど、全てに当てはまる依存症の根本原理を解き明かしている。
    この、依存症と呼ばれる物には「ドーパミンとα波」と言うホルモンが関係していて、
    例えばアルコールは、飲むことによって、このドーパミンとα波と言うホルモンが強制的に出される。
    それによりアルコールを飲んでる時と言うのは気持ちが良くなってる状態なんだけど、強制的にこのホルモンが出されることによって、
    アルコールが切れた時にはこのホルモンに対しての感受性が弱まる。
    この感受性が弱まることによって普段の生活で得られる筈の「気持ちよさ」(音楽聞いて心地良いとか、運動した後の充足感とか、朝日を浴びて気持ち良いとか)と言うのが得づらくなる。
    そしてそんな時には「焦燥感」と言うのが押し寄せてくるなどすることがあり、楽しいことはないかと又お酒を飲んで、強制的に又ドーパミンとα波を出し高揚感を得る。
    そしてシラフに戻った時には又焦燥感に襲われる。
    そして飲む➡強制的な高揚感➡シラフになり焦燥感➡飲む
    と言う悪いスパイラルにどんどんハマって行く。
    そうするとアルコールが無かった時に得られるであろう高揚感を感じる感受性が欠如し、アルコール依存症になっていく。
    薬物やタバコやセックスもこの原理は同じ。

    で、この依存症になってしまった状態になるには「気づき」が必須になると著者の磯村先生は言う。
    この本はこの「気づき」をさせてくれる。
    読んでる途中から、依存症に対する心構えが変わっていってるのが手に取る様に分かった。

    評価が5までしかないから5にしかしてないけど、10あったら10だった。
    それだけ自分に取っては良い本でした。

    磯村先生に感謝します。

  • タイトルに期待しすぎちゃったかも。分かりやすい部分とわけ分からない部分の差が激しくって…ついていけなかった。もう少し要点整理してほしいような気がする。

    メタ認知と気づき、気づきとポジティブ・シンキングの違いはとてもよかった。

  • 依存症の人にオススメしたい

  • 依存症にまつわる話

  • 禁煙のプロが語る、依存症。どうしてやめたいのにやってしまうのか、知っていれば離れるための大きな手助けになるのは間違いないと思う。

  • 二重洗脳-依存症の謎を解く。磯村毅先生の著書。依存症になる背景がわかりやすく説明されています。依存症というと、アルコール依存やたばこ依存、ギャンブル依存が思い浮かぶかもしれないけれど、スマホ依存やゲーム依存の子供に悩んでいる保護者にも参考になる内容です。

  • 2017/03/13

  • この本はわたしにとって人生のバイブル。人生における様々な問題に対し、解決し続けるためには、日頃から「メタ認知」を鍛え、己を常に客観視する習慣を付ける事が大事。この事を忘れてしまうと、何らかの依存に陥ってしまう。

  • 禁煙、禁酒に勧めたい本。

  • 洗脳という言葉は使っているが、依存症のメカニズムを著者なりの視点で明らかにした本。

    このような悩みを持っている人にとっては、そのメカニズムがわかってよいだろうとは思ったが、個人的にはあまりないもので・・・・。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

リセット禁煙研究会代表

「2014年 『リセット禁煙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

磯村毅の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デールカーネギ...
シーナ・アイエン...
村上 春樹
J・モーティマー...
ロンダ・バーン
小池 龍之介
有効な右矢印 無効な右矢印

二重洗脳―依存症の謎を解くを本棚に登録しているひと

ツイートする
×