勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒント

  • 東洋経済新報社
3.66
  • (11)
  • (14)
  • (18)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 141
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492043653

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の知らない世界が垣間見えてわくわくする。

  • 将棋の羽生さんと冒険家の白石さんの本。白石さんって全く知らなかったんだけど、ヨットで世界一周をやってる方で、なんというか破天荒な人生を過ごしているな、という印象。この方の冒険譚を読めるという意味でもこの本の価値はあると思う。あと、極限状態で戦っている二人の間に、思わぬ共通項がたくさんあって、その点も非常に興味深く読めた。

  • 羽生さんの自在
    白石さんの明るさ
    平手でお願いできるのも、平手でうけるのもすごいなー。

  • 羽生さんはすごい格闘家のように構えないのが構えなんだな…。白石さんのお話も面白い。2人のマッチぶりも素晴らしい。夫の会社の人が2人をマッチングさせた件にはちょっとほっこり。

  • 4〜5

  • まったくフィールドの異なる二人の
    思考の根底が、非常に似ていたのが
    興味深い。
    羽生さんの、思考における破格の柔軟さには
    他の追随を許さない何かがある気がする。

    時折ある、お二人の写真がとっても楽しそうで、尚良し。
    仲良しなんだろうなー

  • 帯のことば、三手先を読む。三日先を予想しないに惹かれて古本屋で購入。なぜか白石さんのサイン入り。

    ヨットで世界一周する冒険家と羽生との対談。
    将棋に対する羽生はなんでもやる(先方を決めない)あまりこだわりは無いと融通無碍。
    一方のヨットの白石は野生の勘とエンジニアとしての冷静な判断という両立が求められる世界にいる。

    ヨットレースと言うのは1億くらいの金が簡単にかかるのに世界的な大会の優勝賞金が400万円とかとても普通の人には行けない世界。
    白石もようやく世界の入り口に日本人として初めてたったばかりで、乗るのは中古艇で壊さないように完走する所から。
    早く走るのは簡単だが無理をすると艇が壊れてリタイアになると。
    1レースの中で1日くらいは飛ばせる日がありその日は勘を信じて飛ばすとか。

    羽生の方は経験とともに負けにくい手はわかってきているがそればかりでは勢いがつかない部分が有るので普段は意識してアクセルを踏んでいる状態だそうだ。
    序盤からえいっと決めに行くと息切れして続かないと言うのはなんとなくわかる。
    若い頃はリスクがわからずに指してたところもあるがそういうのも必要なのだろうと言っている。

  •  何気なく羽生さんにひかれ、数冊読んでいる中でであった一冊。
     冒険家白石さんとともに、どちらもその道の一流としての様々な経験をしてきているので、この2人の対話はとても奥深かったです。
     窮地に陥った時にこそ発揮される力、そこを裏打ちする背景など、印象深い一冊でした。

  • 将棋の羽生名人と、海洋冒険家の白石康次郎氏の対談です。
    自分は将棋ファンで羽生ファンですし、羽生さんの対談はビジネスのヒントにもなるので、早速読んでみました。
    将棋とヨットという専門がそれぞれにありますので、やや専門的な内容はありますが、詳しくなくても十分読んで楽しめる1冊です。

    どこにも接点がなさそうなふたりですが、冒頭でそのカラクリが明らかになっています。つまり同じ会社の講演会で別々に話をして、主催者がふたりを引き合わせたということでした。

    サブタイトルにありますが、「問題解決」が大きなテーマ。
    羽生名人は40歳になり、盤上ではやや過激な手を指してちょうどバランスがとれていると考えているようです。これは自分のアドバイスとして考えると、若いときよりもリスクを知って腰が引けた状態になってしまっているので、無理だと考えて最初から手を出さないのではなく、実行することが大事だということになるかと思います。
    自分自身、行動力に欠けていた部分がありますので、常に意識しておかなければならない部分だと感じました。

    白石氏は、ヨットで外洋を世界一周するようなレースを戦っている人ですから、レース中の判断ミスは艇を壊したり、最悪命を落としたりすることをよく知っています。調子がよく、がんがん突っ込んでいけるときは1レースに1日くらい。あとはどれだけ抑えていくかの世界です。これを自分のアドバイスとするなら、猪突猛進はよくなく、熟考した上で行動せよということになるでしょうか。
    また、最近のヨットレースでは天候や位置など各種の観測機器のデータが重要となりますが、調子のよいときは自分の判断が機械に勝り、層でないときは逆転するという考え方が印象的でした。機械を利用しても、依存しすぎてはいけないということですね。

    昔と今の時代環境の違いについても述べられています。ふたりが共通の認識として持っていたのは、現代はモノや情報が有り余り、子供たちが情報に振り回されて小さくまとまってしまっているということ。モノや情報が増えるのは豊かさの象徴であり、多くのメリットがあったのですが、子供たちには難しい時代だと思います。

    さいごに、著者ふたりが若い世代にかけたい言葉が非常に心に残りました。
    白石氏「素直にまっすぐ」。生きていく上でいろいろな困難があるが、逃げないで受け入れれば、自分が困難の主導権をとれるようになる。
    羽生名人「裏切らない」。他人だけではなく、自分も裏切らない。周囲の期待や空気を意識しすぎて、自分のやりたいことを隠してしまうのはどうだろうか。
    人生訓やビジネス書として、取り上げたい1冊でした。

全20件中 1 - 10件を表示

勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒントのその他の作品

白石康次郎の作品

勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒントを本棚に登録しているひと

ツイートする